Yellowstone National Park -PartⅡ-

さて「Yellowstone National Park」と言えば、野生動物も・・なんですが、なんたってアメリカでもその数を誇る

間欠泉(温泉)

が、有名ですねー。しかし、その温泉も・・・


a0310405_08460068.jpg

雪ん中・・・


a0310405_08462840.jpg

お湯加減がちょうどよければ飛び込みたい気分です。


その中でも、特に知られているのが


この間欠泉を有名にしているのは、約27m-56mと非常に高さがありながらも、吹き上げる時間帯が常に一定していて、頻繁であること(毎35-120分)。そして何より、、、

自然ですよ!!誤差はわずか5分ー10分!待っていたら、自然に温泉が湧き上がって来るのです!!そう!ニュージーランドのアトラクションだった「アレ」とは、格が違うんですよ!!格が・・!!

・・・とは言え、まあ、「間欠泉」は「間欠泉」です。そこまで興奮するこっちゃないです。
マシュマロを放り込むか、放り込まないかだけで、湧き上がるモノも高さもそんなには変わらないです。なので、

「別に見なくていいよ。」

と、言ったものなら

「ええーーっ??!!ここまで来て??イエローストーンで最も有名な??!!」

・・・と、ものすごいブーイングを浴びてしまったので、しぶしぶ1時間待つことに・・015.gif


a0310405_08592109.jpg


寒いので、ビジターセンターの中から見守ります。
そして、1時間たった頃を見計らって、外に出てみると・・。


a0310405_09003432.jpg

おおっ!来た来た来たあああぁぁぁーーーっ017.gif


きっちり1時間と10分後に、見事に温泉が湧き上がってきましたよーー!

「よっしゃアーー!見たぞーーッ!!」
・・・・・帰ろ、帰ろーーー。(キーンコーン・カーンコーン・・)

湧き上がって来た瞬間に、振り向きもせず足早に去るKAO達・・・。
(いや、ホンットに寒かったんだから。)


そうして、公園最後に現れる



を足早に見て・・・


a0310405_10202702.jpg


トルコのパムッカレにもにた、石灰華段丘の間欠泉です。


a0310405_10291608.jpg


LIBERTY CAPと名づけられた高さ約14mの石灰華です。育ってます。



そうして、モンタナ州へと抜ける校門をくぐって・・・(違うッ017.gif!!)


a0310405_11130552.jpg


Roosevelt Arch」と呼ばれる、公園の北門です。モンタナ州側にあたります。
1903年設立。



さよ~~なら~~(ごきげんよう~、また会う日まで~~029.gif





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

# by hulahula2 | 2014-08-01 11:24 | 2014年-引越し(北上編) | Comments(0)

Yellowstone National Park

本来だったら、ここ「Grand Teton National Park」を突っ切って走る道路が、アメリカで最初にできた国立公園、あの



へと続いているはずだったのですが、冬です・・雪です・・吹雪いてます・・・当然、道路も閉鎖されています・・。なので、やむなく「Grand Teton National Park」をグル~~リと迂回し、少し遠回りをしてから「Yellowstone National Park」に入ることにしました。そんなKAO達に、のっけから、、

バイソンの群れのお出迎え・・!

a0310405_07394144.jpg

L.L以来、久しぶりの動物渋滞です 笑)


今回ですねー、KAOが一番楽しみにしていたのは、このバイソンに出会うこと。しかも、群れで・・!正直カナダで、野生のエルクもムースも見切っていたし、それ以上にクマには出会って来ていたので、初めて出会うバイソンの群れには本当にドキドキしていました。


a0310405_07503414.jpg

しかも、こんなに間近で・・!
(再び、車の中からカメラを向けるKAO達、人間・・011.gif


a0310405_07513938.jpg

この堂々とした風格。吹雪なんてものともしません。ついでに、人間も・・・。


実は「Grand Teton National Park」側には、その入り口に当たるJackson Holeと言う町に「National Elk Refuge」と呼ばれる野生のエルクの避難所があります。(避難所と言っても、25,000エーカーありますよ~。)なので、冬場には約一万頭のエルクをまるで牧場の牛や馬のようにたくさん見ることができます。それとは打って変わって、こちら「Yellowstone National Park」側では、たくさんのバイソンを見ることができます。

さらにKAO達、今回なんと!狼を見る機会にも恵まれました!それが・・!!

a0310405_08211313.jpg

この、白骨。


いえ、狼の死骸ではありませんよーー。狼が食べ残した後の死骸です!

公園のゲートを抜ける時に、監視人の方が言われていたので、真っ先にやって来たのですが、時遅し・・・すでにこんな状態になってました・・。で、狼は・・?と言いますとー。
・・・・写真、1枚も取れませんでした・・。
この死骸自体、川の対岸にあって離れていたのと、お食事後、さっさと山の中に入ってしまった狼なんて、まったく裸眼で見ることができません。かろじて、望遠鏡でその姿を見ることができたのですが、ズームに入りきるほどの距離には、まったくおらず、KAOのこの目だけにしっかりとレンズを通して焼き付けられたのみでして・・・040.gif

印象としては、巨大なハスキー犬のような雰囲気ですね。くるくると回った後に、雪の上に横たわって寝てました。そのしぐさ、完全に犬です 笑)

こんなに野生動物が見れて、あ~、しあわせ!!・・・とウキウキしていたKAO達だったけど、それも最初うちだけ。公園を約半分くらい回る頃には・・・。

・・・そう・・うん。バイソンは・・もういいよ。
(ちょっと、あまりにもいすぎて・・最初のカンドーが・・・009.gif



\うおおおおぉぉ~~~!/
a0310405_08474838.jpg

それでも、野生は野生・・!気をつけよう!!
・・・こうならないように・・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

# by hulahula2 | 2014-07-30 08:55 | 2014年-引越し(北上編) | Comments(0)