Zion National Park

次にKAO達が向かったのは、車で約40分程度走ったところにある国立公園。その名も


その名前を聞いて、「おぉ~~、ジオン公国、ついに国立公園かぁ~?」・・・と、思ったのは、きっとKAOだけではないはず。(そこのアナタ・・!?)

しかし残念ながら(?)かのジオン公国とはなぁ~んの関係もなく(当たり前?)、その名前を「ザイオン」と読みます。ザイオンとは、エルサレムにある聖峰「Mt. Zion(シオン山)」に由来しているようで、宗教的にとても意味を持った場所なのですが、ユタ州にとっても1番最初に認定された国立公園・・とあって、さらにとても意味を持った場所のようです。そのせいなのか、名前のせいなのか、はたまたユタ州のイースターホリデーが重なっていたからなのか、とにもかくも、ものすご~~~い人・人・人・・でした・・・005.gif 005.gif!!

これほどまでに人口が密集した国立公園を見たのは初めてで、公園に入るゲートを抜ける車の列もそりゃあ、ハンパじゃあなかったです。恐らく約30分は、ゲート前で確実に待つ覚悟と、さらには中に入っても駐車場を探す為に、グルグルと車で回らなければならないのには、必須の覚悟が必要ですねーーー。

その中で今回、KAO達が目指したのは、ここ、

Angels Landing Trail -約8km-

その名の通り、天使の辿り着く場所を意味しているこのハイキングコースは、ザイオン国立公園の中でも最も人気の高いコースと言えます。なので出発はお早めに・・・できれば朝一番の公園内を走るシャトルバスに乗るくらいの気持ちで出かけることをおススメします。

なぜなら、陽が昇るとともに・・・・

a0310405_06255321.jpg

この、人・人・人・・・・!!

その姿はまるで、さながら巡礼者のようではないですか・・・!?


この人波が上がって来るまでに、てっぺんまで登って降りてこなければ・・・・!

a0310405_06271791.jpg


・・で、まだ、朝日も当たっていない「Angels Landing

このトレイルの登り始めのほとんどは、渓谷を上がって行くジグザグ道なのですが、途中からその行程がガラッとサマ変わりします。それがこのトレイルを最も有名、且つ人気にしている象徴ではあるのですが、、、それが、この、、


a0310405_06351412.jpg


クサリ!!


この鎖の道ですねーーー、、年間、必ずと言って犠牲者が出ているようなんですが・・・。
もちろん、高所恐怖症、並びに小さいお子様達が登ることは、あらかじめおススメはしてないのですが、だからと言って、鎖の入り口に公園監視人いるわけでもなく・・・。
まー、自己申告・自己責任・・ってことでしょうか??なもんで、本当に、子供も大人も無差別に登って来る訳ですよ。そして、ここで一挙にスピードが落ちて、さらに人が多ければ、当然のことながら人間渋滞に・・・。

しかし、頑張って早起きして、その人ごみより一歩先に上がれば、広がるこの景色・・・!!


a0310405_06382364.jpg


てっぺんから・・・


a0310405_06480669.jpg

渓谷を見下ろし・・・


a0310405_06454713.jpg

そして、見上げる空・・・!


a0310405_06391400.jpg


Angels Landing」・・・それは、まさにザイオン国立公園を象徴するトレイルのひとつ。
(そして、天使は舞い降りたのか・・??)



[PR]

# by hulahula2 | 2014-06-25 07:09 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Practice Trail & Windmill Trail

今回KAOが歩いたトレイルは、

「Practice Trail -約2km-」 そして、「Windmill Trail -約2.5 km-」

のふたつ。

アメリカのトレイルの多くは「マルチトレイル」と呼ばれ、「ハイキング・マウンテンバイク・乗馬・モーターバイク・4WD」など、全てのレジャーが一緒に楽しめるものが多い。このため、KAOがこれまで訪れたほとんどのトレイル、特にハイキングの場合、必ずと言っていいほどマウンテンバイクと同じ道を歩かなければならなかった。そうすると、まあ当たり前のように、

弱者は、ハイカー・・・002.gif

ものすごい勢いで走ってくるマウンテンバイクを、時に背中でその気配を察しながら、道を譲るのは、

結構、「敗北感」・・・

ハイカーの数が圧倒的に多いニュージーランドでは、道を歩いていてこんな危機感(敗北感?)を抱くことはなかったんだけど、圧倒的にマウンテンバイカーの数が多いアメリカでは、常にその危機感を背負いながら歩いている感じが、初めはちょっとなじめなかった・・。さらに、「Practice Trail」なんか、その名の通り「練習用トレイル」なもんだから、ちっこい子供達まで岩の上をチャリ~チャリ~・・060.gif ・・って走ってやって来る。・・・ので、

さらに、「敗北感」~~~・・

そんな「敗北感」を忘れるかのように(?)オトナのKAOは、別のトレイル「Windmill Trail 」を楽しむことにした。

a0310405_02291086.jpg

いざ、しゅっぱぁ~~~つ!!

a0310405_02304659.jpg

トレイルの入り口には、その名のシンボル「風車」が立っている。



このトレイルは、その名の通り、風通りが良い場所に作られている・・・と言うことはーーー。
つまり「Mesa(岩石丘)のてっぺん、さらに端っこ」を歩くのだ。
そこから見下ろす景色は、ほんとうに素晴らしくて・・。

a0310405_02325470.jpg


a0310405_02370068.jpg


a0310405_02530842.jpg
遠くに彼方に風車が見える


あ~、ここに住んでもいいなあーーー。(・・岩の家、建てますか??)


a0310405_02382078.jpg
再び・・・何にもない、何にもな~い、まぁったく何にもな~~い060.gif
白いマーカーを見失わないように歩いて行くだけ・・。

[PR]

# by hulahula2 | 2014-06-23 02:42 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)