House Rock

「Navajo Bridge」を渡り、コロラド川を越えてしばらくすると、高速沿いに突如現れるのが、この「House Rock(岩の家)」。一般的に、木の上に建てられた家は「Tree House」、石(岩)を使って家を建てた場合「Stone house(Rock house)」になるワケで、でなんでこれが「House rock」と呼ばれるのか・・・。それは、もう見てもらうのが、1番っ!・・って感じでしょうか??

a0310405_09562012.jpg
なんと、岩と家のコラボレーション!!


岩と家が合体!岩を「利用して」家が建てられているんですねー。Half&Half・・って感じでしょうか??・・それで、「House rock」ですかー。なっとくの家1件です 笑)
なんですが、取り立ててたいした観光地でもないこの場所には、さきほどとは打って変わり、ナバホ族の女性が2人露店を出しているだけ。駐車場も結構いい加減・・・。サインもなければ、標識もない・・・。知らなければ、見過ごしちゃうような場所です。

a0310405_11312001.jpg
何にもな~い、何にもな~い、まったく何にもな~~い060.gif


そんなに昔でもないお話。ここに家を構えた人もこれまた自由人で、ここからの眺めが好きで家を作り始めたらしいんだけど、結局何年か済んだ後に、大きな嵐に見舞われ、家が破壊され、直すことができず、んでもって撤退したらしい・・。(放置?・・で、どこへ?)しかし、壊れているとは言え、ここからの景色は本当に家を建てたくなるほどの絶景で・・・。

a0310405_11330850.jpg

窓から、裏山(?)を臨む。

a0310405_11335289.jpg
高速を挟んで見えるキャニオン


しかもここ、あちらこちらに似たような大きな岩がごろごろしてるのですが、またその1個1個に家を建ててるんですよー。(離れ・とか、トイレ・とか、保存倉庫・とか。。。)
わりとこだわりがあった人のようですねー。機能的、且つ、文明的って感じです 笑)

a0310405_11403533.jpg
天然の展望台?岩が崩れるかもってことは、想定してないようです・・。


しかし、一歩岩の家に入るとひんやり~涼しく、これだけ快適ならーー

・・・・住んでも、、いいかなあ~~?
(郵便は、「House Rock, Highway89」だけで着くのかなあ??)

[PR]

# by hulahula2 | 2014-06-20 11:53 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Navajo Bridge

さて、そんなこんなで高速89号線をさらに北へ北へと走って行くと、河にぶつかる。かの有名なグランドキャニオンを横切って、カリフォルニアまで流れる全長2,334 km、アメリカ国内5位の長さを誇る「コロラド川」だ。そして、その川を越えて掛かるのが

Navajo Bridge(ナバホ橋)--全長254m・277m--

「あ、そろそろ橋だから、寄って行こうよ♪」って、かる~く言われて到着してみたら

これっ!

a0310405_3493625.jpg


しかも、歩道専用と車専用の2橋からできてる。
(なんか、シャア専用赤い橋・・みたいな 笑)そこからの眺めるこれまた

a0310405_3521226.jpg

絶~~~景っっ!


もともとコロラド川の名前の由来は、赤い川の流れからだったらしいんだけど、近年巨大なダムがあちこちにできて、川の色が緑に変色したらしい。それでも、Marble canyonの赤い崖とコロラド川の緑色のコントラストが美しい。

橋のたもとには、この地域で一番大きなネイティブアメリカン「ナバホ族」の女性達が自分達で作ったアクセサリーの露店を出していた。その中でも、KAOの目を引いたのは、80歳以上であろうおばあさんが広げているアクセサリー。細かい作業とデザイン、明らかにお土産物以上の作りをしている。そこで、

「これ、おばあさんが作ったんですか?」

と、聞いてみたら、隣の露店のオバちゃんがすかさず、

「このおばあちゃんねえー、英語話せんのよーー。」(←広島弁?)

これには、KAOがびっくりしてしまった。英語を話さずに暮らしている人達が、このアメリカ大陸にまだいるのかと。他のにぎやかな露店のオバちゃん達に比べ、おばあさんは自分の作品を並べて、じっと黙って座っているだけ・・。


「ナバホの誇り、なのかもな。」

---

さて、このナバホ族の人達が、身に着けているもので有名なのが、

Ghost Beads(ゴーストビーズ)

と、呼ばれるアクセサリーだ。
これは、ジュニパーの実が乾わいた後に取れる種から作るのだが、この木は砂漠の中でも年中青く、またその強い香りから魔よけの木とされている。(もちろん、アロマセラピーでも良く知られているよね。)砂漠を旅する、そして輪廻転生を信じるナバホ族の間で、長くお守りとされてきた。

今回KAO、実は密かに旅の間に幾つかのジュニパーの種を集めてみたのだが・・。

種、カッタイねえーーーーーーーっっ!!当たり前のこととは言え、穴ひとつ空けることさえできず、未だにそのまま持ったまま・・・。(放置とも言う?)身にはつけてないけど、まーー、それはそれで、お守りにはなるのかなあ~??

a0310405_4341657.jpg

おばあさんが作った美しい細工の貝とターコイズのピアス。そして、ジュニパーベリーの種

[PR]

# by hulahula2 | 2014-06-19 04:22 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(2)