アニキの帰還

さて、そんなこんなで、私が子犬様につきっきりだった頃。タイへ旅立ったお義兄様が、約1ヶ月ぶりに帰って来ることになりました。出かける際に「当分は戻って来ない。」と言っていたのに・・・まさか、引っ越しのお手伝い??(いや、それなら大歓迎!)ー・・とか、色々思ってたんですけど、それより何より、ここで「家庭内戦争」が勃発することになってしまいました。

なぜなら、お義兄様は「タイで暮らす=家を出て行った」ことになっている為、この時、お義兄様のお部屋を使っていたのは、私とデイジー。お部屋の荷物も大方片付けて、家賃も私達が代りに払うことで合意してたんです。なので、この「アニキの帰還」を聞きつけたチャリ夫くんから

「絶対、部屋を譲るな!帰って来るんだったら、今度はアニキが居間で寝る番なんだ!!」

・・と、しつこいくらい念を押され。
まあ、私もこの「家庭内戦争」に首を突っ込むのはメンドーだから、誰がどこで寝るか確認もしないまま、ついに「アニキの帰還日」を迎えたワケなんです。ところが、いざ仕事から帰って来て見ると、なんとお義母様から、いきなり

「息子を自分のベッドで寝かせてあげたいから、アナタのベッドで一緒に寝てもいい?」

・・・と言われたんですよーーーーッ!いや、これにはさすがにー・・

a0310405_12594826.jpg
一瞬で、凍り付くデイジー
(え?なぜ雪が?ここは確か、砂漠の町。そう、雪ソムリエと呼ばれたのも遠い過去・・)

確かにね、長旅で、さらに病気を抱えたお義兄様を居間に寝かすのは、申し訳ないですよ。でもねー、それなら「お義母さんが、居間に寝ればいいじゃあないですか?」でも、自分は居間に寝られないから、私のベッドで一緒に寝る・・・って、なんなんですかーっ?しかし、ここで「それじゃあ、私が居間で寝ます」・・と言ったら、それはそれで相手の思うツボ。しかも、私は翌日も仕事。居間で寝る気はさらさらありません。しかも、この提案を出された時間が、そろそろお義母様が就寝される時間をとっくに過ぎた、夕方7時頃。私も仕事から帰ったばかりで、疲れてましたし、これ以上揉める力もなくー・・

「はい、どうぞ。寝てください。」・・と、言いましたね。

ベッドはキングサイズなので大きいっちゃ大きいんですけど、まあ、その分、お義母様も大きいワケで・・苦笑)夜遅くなって、そろそろ寝ようかと静かに扉を開けてみると、暗闇の中に大きな巨体がグーグーいびきをかいて寝てる姿を見て、怯えて部屋に入ろうとしないデイジー 笑)

a0310405_04370399.jpg
「知ってましゅ。アレは、名前を言っちゃいけないあのヒトなんでしゅ・・。」
(なので、絶対ここから入りましぇん。)


で、今回、アニキが帰って来た理由は、なんと前の奥さんとの間で揉めている「離婚調停」について、裁判所から呼び出しがあったからなんだそうです。そんなこと知らないもんだから、いつお手伝いしてくれるのかな・・と期待しつつ迎えた「離婚調停」の翌日。なんと

「調停終わったから、明日の早朝の飛行機で、タイに戻るよ。」と言われ、これまた

はあ?

・・と、凍り付いてしまいました。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

# by hulahula2 | 2017-07-09 04:57 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

Ma Ha Tauk Trail

さて、みなさまー・・再び、長い間ご無沙汰いたしておりました。7月を目前に、ようやく無事に引っ越しが終了いたしました!その為、しばらくの間、インターネットも繋がらず、忙しい日々がただただ過ぎて行きー・・まあ、この辺りのお話はまた徐々にさせていただくこととしてー・・。

お話は、デイジーが「避妊手術」をした日まで、遡ります。(遡り過ぎ?)

朝7時に受付が始まったものの、手続きに時間が掛かり、結局デイジーを診察室へ見送った時には、朝8時を過ぎてました。で、午後2時30分には迎えに来る予定になってましたので、わざわざ1時間かけて再び家に帰るんなら、そのまま待ってようと、久しぶりに

ソロ・ハイキングを楽しむことにしましたー・・!!

・・まあ、子犬様が苦しんでいる間にナンですが、せっかく朝早くやって来たのですから、ここは楽しく時間を稼ぎたいもの・・と、思っていたのですが、この時期、朝8時でもう30℃近く行ってましたからね~。ハイキングを始めるには、少し遅すぎるくらいです。でも、負けずに行った・・

a0310405_14381014.jpg
(今回歩いたのは、緑色の全長約6kmのループです。)


動物病院から車で5分と近かったので、場所だけで選んだトレイルだったのですが・・

a0310405_14390830.jpg
ノッケから、この石ころだらけ坂道が続きます!

a0310405_14382490.jpg
振り返ると遠くに見える「砂漠の町」の全貌

a0310405_14394936.jpg
町のシンボル「Camel Back(ラクダの背山)」も、こうなると単なる山のひとつ・・。

a0310405_14391513.jpg
暑いッ!でも、景色はサイコー!


しかし、遮るもののない乾いた大地を独りで歩いていると、ハイキングと言うより気分は・・

149.png・・「砂漠の遭難者」・・149.png

a0310405_14392267.jpg

途中にある「Ramada(休憩所)」に辿り着いたものの、まだまだ歩くのかー・・
と思うと、ちょっとウンザリ。

a0310405_14392899.jpg
ほ~ら、リス(ground squirrel)だって、ヘタってますよ。


・・と思ったら、なんと向こうから・・

a0310405_14393764.jpg
子連れのメキシコ人女性が、フツーに歩いて来るではないですか・・!


そろそろ朝10時も近いのに、傘をさして子供を抱っこしてフツーの格好で、楽しそうにおしゃべりしながらこの砂漠を歩いているんです!しかも、私より先に駐車場に着いてたー・・。


恐るべしー・・メキシコのパワー。
これですよ。こーゆー人達が、暑さもモノとせず、低賃金で1日中日働いているんです。
この国では・・!

不法滞在とか不法就労とか、色々問題はあるとは思いますが、このパワーは現在のアメリカにはないパワーだと思いますよ。いや、ワタシにもないわ~・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

# by hulahula2 | 2017-07-07 08:08 | ハイキング日記(アリゾナ) | Comments(4)