Flagstaff デ 洗濯

こうして、朝6時30分にチャリ夫くんを見送って、あっと言う間にメインイベントは終了~。

これ以上もう「Flagstaff」にいる意味も理由もないんですがー・・。
ご存知の通り、家に帰っても「例のあのヒトと寝る生活」+「気温40度」の砂漠の町。
それに比べると、標高2,100mのFlaggstaggは、気温25℃と超快適~!折しも、この日からお仕事はお休みですしー・・。なので、1人と1匹は

鬼の居ぬ間に、Flagstaff デ 洗濯!!

・・を、決行することにしました!まずは、情報を得るために「ビジターセンター」へ・・。

a0310405_07113492.jpg
1926年建設の駅を利用しています。
a0310405_07161718.jpg
建物の中は、旅情溢れる駅のデザインがそのまま。右上の時計は、日本時間を指しています。

a0310405_07165999.jpg
旅心をそそられます。

a0310405_07181654.jpg
ペット不可なので、子犬様は外から見るだけ~・・笑)(ずるいでしゅ!)

a0310405_07191192.jpg
子犬様にとっては、初めての「ルート66」
得意満面で記念撮影中。(ふふっ、みんなに自慢できましゅ。)

駅の住所は「1 E Route66」。
Flagstaffのイの一番??まさに、道はここより始まるって感じですね。


せっかくFlagstaffに来たので、ハイキングでもしたかったのですが、術後1週間の子犬様を連れてましたので、ムリはせず町中の小さなトレイルを歩くこと。ここ、Flagstaffには、

a0310405_13483862.jpg


・・と呼ばれる、公園から公園を結び、町中を網羅しているトレイル・システムがあるのですが、その中でもビジターセンターの方のお勧め

a0310405_13502464.jpg
「Baffalo Park」へ、やって来ました!
(入り口にある、バッファローを前にご満悦な子犬様)


全長3.2kmのループなんですがー・・。期待していたような、森の中を歩くトレイルではなく、まっすぐでだだっ広い土の道です!日陰もないし、歩いても意味がなさそうなので、途中から勝手に森に入って、Disk Golfのコースとか、ウロウロ歩いてました 笑)

a0310405_14263490.jpg
勝手にウロウロ・・。
こんな道がずっと続いているんだったら、よかったんだけどね~。


この後、別の公園から他のトレイルも歩いてみたのですがー・・まあ、似たり寄ったりでしたね。ハイキング気分を満喫したいのなら、森林公園まで行かないとー・・と思った1人と1匹でした。でも、子犬様も術後1週間の割には、元気に歩いてくれましたし・・

a0310405_14320293.jpg
「満足でしゅ。」


こうして、鬼の居ぬ間に心の洗濯をして、1泊2日で帰路に着いた1人と1匹なのでした・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

# by hulahula2 | 2017-07-20 14:54 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

再会のFlagstaff

こんな風に、名前を言っちゃいけないあのヒト(お義母さんだから!)・・と一緒のベッドで寝ることになった1人と1匹でしたが、なんとその翌日、路上訓練中のチャリ夫くんから、こんな連絡があったんです。それが・・

「西海岸へ荷物を運ぶ途中、Flagstaff に泊まれそうだよ~。」・・でした!


・・・は、あの有名なルート66が通っている、アリゾナ州の北の町。過去に何度か訪れたことがあるんですが、1人で車を運転して行ったことはありません。でも、あのアニキとお義母さんの間に挟まれて、肩身の狭い思いをするくらいなら・・

a0310405_12530465.png
・・いや、迷うことはないでしょう?もちろん、走りましたともっ!!!!


仕事が思いの他忙しかったのですが、ムリを言って2時間だけ早めに上がらせてもらい、家に寄ってデイジーを乗せた後は、ただひたすら北へ北へと走りました。標高2,100mのFlagstaffへの道のりは、アイダホに似た懐かしい針葉樹と山々の景色。

a0310405_13315426.jpg
「むぅ~・・。この景色、、匂い、、なんだか懐かしいでしゅ。」


こうして、高速を飛ばしに飛ばし・・暗くなる前に、ようやくFlagstaffの町へ辿り着くことができました。「避妊手術」があったり、知らない巨体がベッドで寝ていたり(苦笑)子犬様にとっても、この時期は大変だったんだと思います。なので、旅先でチャリ夫くんが出迎えてくれたことは、本当に嬉しかったんでしょうねえ~・・。なんたって、

a0310405_01415062.jpg
じーーーっ・・・162.png

・・と、チャリ夫くんから、目を離しません 笑)


でも、この時はまだ術後約1週間くらいでしたから、嬉しくって車から飛び降りようとしたり、チャリ夫くんに飛び上がろうとしたりするたびに、お腹の傷跡がプチッとはじけないかと思って、ヒヤヒヤしましたよ~。

そうして、翌朝6時過ぎには、チャリ夫くんは再び路上の人となりー・・。

a0310405_01585235.jpg
長距離トラック専用の駐車場。ほとんどの運転手は、こうやって寝泊まりしているようです。

a0310405_01590554.jpg
フォーン・フォーン・・と、警笛を鳴らして、去って行くトラック。

a0310405_01591189.jpg
・・・それを、見送るデイジー


夜7時前に到着し、翌朝6時30分には出発。短い時間でしたけど、やっぱり、会えてよかった!
次は、いつ会えるのかなあ~。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

# by hulahula2 | 2017-07-15 02:15 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(6)