<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏のサソリ

さて、こうしておさらばできた「ROOMLESS-ガレージ生活」。
ちょうど、今年初めての「100℉(約37℃)」越えが、そろそろ来るだろうと言われていた週末。やっと、お兄様が出て行かれたので、私達としても「助かったぁ~・・。」と言う気持ちで、いっぱいでした。ついでに言うと「大の動物キライ」のお兄様、最後の最後までデイジーのことを

Hello Doggy(ハロー、ワンちゃん)」・・って呼んでて。
とうとう、名前を憶えて行かれませんでした 苦笑)

いつも会うお散歩仲間や、お隣さんでさえ「デイジー」って呼んでくれるのにねー・・。
「ハローキティ(子猫ちゃん)」の犬版かよ!・・って心の中で、ちょっと思ってました。実は、チャリ夫くんのお母様は以前、猫を2匹飼っていたのですが、お兄様と同居し始めてその猫達が

蒸発するー・・と言う、七不思議にあったんですね。チャリ夫くん曰くー・・

「ヤツが、殺ったんだ。」(いや、まさかーーっ!)

と言っていたんですが、私達がいない間に、デイジーが蒸発してしまったらどうするー??
・・って、かなり真剣に心配していたので、今回のお兄様の決断は双方にとって、よかった・・と胸をなでおろしています。

まあ、そんな暑さの中でも「砂漠の町」の人達は

「まだまだ、夏じゃないー・・!」と言い張っている、ある夜のこと。たまたま、トイレに行った時、ふと気配を感じて足元を見るとー・・

a0310405_06375941.jpg
どわわあーーっ!サソリがっっ!


・・いや、この瞬間、思わず腰を浮かしそうにありましたね 笑)取り敢えずチャリ夫くんを呼びに行くと、なんとお箸を持って来てサソリを掴もうとするではないですか?でも、サソリってものすごく速いんですよ。で、なかなか掴めずにいたら

「キミは、お箸の国の人だろう?キミが掴んだ方が早いんじゃないのかっ?」

いや、ワタシ、サソリがどれくらいの速さで走るか知らないしー・・。このサソリがどれくらい獰猛なのかもわからないしー・・。

a0310405_06504355.jpg
お箸で捕獲された「Bark Scorpion」


後で調べたら、この「Bark Scorpion」って、北アメリカでで一番毒性が強いサソリだそうです。それでも、ご家族みんな「サソリは、人生で2度しか見たことがない。」って言われてましたから、家の中にはフツーいない生き物なんでしょうね??しかし、興味本位で近づいたデイジーが、刺されなくてホントーに、よかったー・・。

このサソリの対処法なんですが、お兄様は「叩いて、潰したらいいんじゃないのか?」
(さすが、動物キライ)と言われたのですが、この後2人してちゃ~んとアパートの外の砂漠に放しに行きました。しかし、チャリ夫くん曰く

「キミは、ゴキブリの時はものすごく叫ぶのに、サソリの時は、静かだったなあ~。」

いや、ヘタにサソリを刺激したくないし・・。そもそもゴキブリとサソリは、全然違うでしょう?

「違うかな?害虫だろう?」

いやっ!夏の星座に「サソリ座」あっても「ゴキブリ座」はないしっ!
「ミッキーマウス」はいても「ミッキーゴキブリ」はいないでしょう??

それだけ、愛されてない生き物だと私は断言できますよ!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-04-27 07:29 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

さらば、ガレージの日々!

お久しぶりです~。
巷に、ショーゲキ(?)与えた「ガレージ生活」&「同居計画」から、あっと言う間の3週間。

先日、やっとチャリ夫くんのお兄様が家を出て行かれたので(←こらーッ)・・「ガレージ生活」から解放され、人並みな生活に戻ることができました~!いや~、長かったなあ~・・117.png

心配されていた「ガレージ生活」なんですけどね、快適・・と言えば、大ウソになりますが、思ったより順調で、日中32℃を越える日でも、日が暮れた後にガレージを開け放し冷たい空気を入れ替えれば、意外にも朝まで涼しいことに気付きました。さらに、真っ暗で静かなガレージは、街灯の灯りも差し込まず、けっこう眠れることにも気づいたんです。これまでは、月の明かりが唯一の光だった田舎暮らしでしたからねえ~。ここに移った頃は、外の灯りが気になってなかなか寝付けず、子犬様も真っ暗闇を求めて、暑いのに毛布の中に潜り込んだり、ベッドの下に入り込もうとして、タイヘンでした。

そんなお兄様なんですが、当初はアイダホ州の妹さんを訪ねたり、カリフォルニア州のお友達を訪ねたりー・・と旅に出た後、再び戻って来る予定だったのですが、なんとこの度ー・・

アメリカを出ることになりましたー・・!

約5年前、KAOとチャリ夫くんが香港に住んでいた頃、初めてお会いしたんですが、食事の際に手が震えてご飯をいっぱいこぼしていたので、ビックリしたのを覚えてます。ところが2人とも「昔からこうなんだよ~。」って、当たり前のように笑うだけで、それで終わったんですね。ところがその1年半後、職場の椅子から転げ落ちて病院に運ばれ

ALS(筋萎縮性側索硬化症)だと診断されたんです。

当時、自転車で世界を回っていたチャリ夫くん、慌ててアメリカに戻って、家族の側で暮らすことを決めたんですが、お察しのようにALSは発病して約2年くらいであっと言う間に車イス生活になります。それが「昔から手が震えていた」+「診断から約3年以上」経とうとしているのに進行が遅いことから、現在はALSによく似た症状を持つ「ケネディ病」ではないか・・?と言う診断結果に至っています。そんなワケで、障害者手帳はあるものの、見た目はフツーに暮らしてるお兄様。チャリ夫くんも、たまに「まだ、生きてんのかーっ?!」と、ジョーダンを言ったりしているくらいです。(まあ、兄弟だから言えるんでしょうけどね~。)

・・とは言え、進行性の病気であることには変わらず、昨年から色々とお仕事を探しているようなんですが、なかなか思うようなものが見つからず、結局、前の前の奥さんと8歳になる娘さんが住むタイで暮らすことを決心されました。お2人はとっくに離婚されてるんですけどね、アメリカは養育権が双方にありますから、これまでも何度となく行き来してたのですが、生きている間にできるだけそばにいて、娘さんに自分のことを覚えておいて欲しいー・・との思いがあったようです。

そんなワケで、着々とお部屋を片付け、身の回りを整理し始めたお兄様。
荷物を軽くしているのかと思っていたら、ある日こんなモノが届いたんですー・・!

a0310405_08025205.jpg
車イスと四輪!
a0310405_08034039.jpg
シャワーの時に座るイス


なぜっ?!アナタ様、今フツーに暮らしてますよねっ??
しかも、狭いアパートに、こんな三種の神器が届いた日には、家族総出で

「いらんだろ~~ッ!」

・・と猛反対したのですが、恐らくお兄様の性格からして「単に欲しかった」のではないかー・・との見解に至ってます。なんたって、これ・・

a0310405_08055230.jpg
馬の雄叫びが眩しい「フェラーリ様の車イス」ですからー・・


確かに、乗り心地はサイコー!
例えて言うなら「觔斗雲」で、空を飛んでる感じ?それくらい、動きが軽くてスムーズです。
(しかし、世の中にはもっとこれが必要な人がいるでしょうにーっ?!)

a0310405_08060258.jpg
カンタンで軽い操縦に、子犬様も興味津々

a0310405_08054604.jpg
見たこともないタイヤに、襲い掛かっていいものかどうか、思案中


まあ、そんな感じでですね、最後の最後まで物議を醸しだして、旅立って行かれました 苦笑)
こうしてやっと終わりを告げた、2人と1匹のガレージ生活。まだまだ、引っ越し&同居問題は残ってますが、取り敢えずはフツーの生活に戻れて、ホッと一安心・・・。

これ以上の「ROOMLESS-ガレージ生活」は、ないことを祈りつつー・・。
今、万感の思いを込めて汽車(飛行機)が行くー・・。

さらば、アニキ!さらば、ユナイテッド航空!
さらば、ガレージの日々よー・・。

(そして、子犬様は大人になる・・)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-04-26 09:34 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(0)

・・VS 姑

ノッケから、朝の連ドラか、ひと昔前の韓国ドラマ・・と言ったタイトルで、スイマセン 苦笑)

こうして再び始まった「ROOMLESS-ガレージ生活」。なぜ、お兄様のいない1か月間で家を探して出て行かなかったのかー?・・と疑問を持った方もいらっしゃるかと思います。実は、私達が住む場所を探している話をしていると、最近離婚されて職も失ったお兄様が、突然、

「それじゃあ、みんなで一緒に住んだらいいんじゃないか?」

・・と言い始め、あれよあれよという間に「同居話」が、まとまってしまったワケなんです。
ところが、現在住んでいるアパートの契約が5月末なので、それ以前に出て行くと違約金を払わなければならないんですね。それで私達、その契約が満期になるまで出るに出られないー・・と言うワケなんですよー。(あ~、この生活が後2か月も続くのかと思うと、ウンザリ~・・120.png

・・で、始めた家探し・・なんですが、ことはそうカンタンには運ばないー・・!
「見栄っ張りなお兄様」と「アウトドアな私達」と「ご隠居のお母様」とでは、生活のタイプが全く違うー・・!!俗に「衣食住」と言うではないですかー・・その、どれを取っても私達とは、共通点がありません!特に、夕方6時過ぎには寝てしまわれるお母様なんて、仕事から戻って来たチャリ夫くんと顔すら合わせることがないんですよ。すると、家に帰って来てもチャリ夫くんは、居間で音量を下げたテレビを静かに見るだけ。会話もなんだか、ヒソヒソ声になって来てー・・。

さらに、ご隠居のお母様はノンビリと郊外で過ごしたい・・。
でも、仕事がある私達は高速道路に近く、30分以内で職場に着く場所に住みたい・・。特に、私達は、ハイキングコースが近くにある場所を希望しているのですが、外を歩きもしないお2人には、それは全くカンケーないようです・・。

a0310405_04173488.jpg
「一緒に座りましぇんか?お外は、気持ちいいでしゅよ。」
「デイジーは、すぐ近くに遊びに行けるドック・パークがある所がいいでしゅね。」


さらに、一番頭を痛めているのが「食」・・です!!
実は、あろうことか、お2人とも料理をなされないんです!!!!
お兄様は「ガッツリ外食派」で、お母様は「毎日同じモノ派」。
・・いずれも、料理なんてしやしないのに、家の間取りを見ては「このキッチンいいわね~。」と話している2人を見ると、

「つーか、どっちも料理しねーーじゃんっ!!」・・と突っ込みを入れたくなります。

特に、お母様の方は奥歯のほとんどがないので(まだ、65歳ですよ!)柔らかいモノしか、食べられません。恐怖の繊維までグダグダになったアスパラガスとか、ゆで卵とか、そーゆーものが主食です。六大栄養素なんて、全く無縁の生活です・・。心配したチャリ夫くんが、一緒に料理を作って食べよう試みたのですがー・・(えー、作ったのは私ですが)

「トマトは、胸ヤケがする。」
「辛い物は、ダメ。」
「きゅうりは、吐き気がする。」
「サラダは、キライ。」

などと、言われるとー・・

「勝手に、好きなモノ食えーーーッ!!」

・・と、さすがの私もキレてしまい、チャリ夫くんに「同居は、ムリ違うのッ?」と言ったら、やっぱり「うーーーん・・」と考え込んでました。

a0310405_13220145.jpg
「毎日同じモノでも構いましぇんが・・。」
「たまにはこの上に、お肉の塊をちょこっと乗せてくれてもいいと思うんでしゅ。」


でも「大の動物キライ」のお兄様とは違い、デイジーのことは可愛がってくれるんですね。
なので、私達が家にいない間でも、デイジーが独りぼっちで、寂しい思いをしなくていいかもしれない・・と思ったのですが、お昼を過ぎると、とっとと寝室に入って、お昼寝をされてしまうんですよ。なので結局、デイジーは居間で独りぼっち・・。

デイジーのことは、可愛いと思ってくれてるようなんですが、だからと言って、お散歩に連れてってくれるわけでもなくー・・おもちゃで遊んでくれるわけでもなくー・・犬のおやつをくれるわけでもなくー・・。それって、つまり

a0310405_13225759.jpg
「ふはぁ~ぁ、カテゴリー的には、問題外でしゅね~。」
(意味もなく花をしょってみました。)


・・う~ん、だよねー。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-04-05 14:21 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(10)

ROOMLESS Again..

そんな感じで、ここ「砂漠の町」に移って早約1ヶ月。徐々に自分達のペースで生活も見つけつつ、やっと毎日が楽しめるようになって来た日々・・だったんですがー。そろそろ、旅に出ていたチャリ夫くんのお兄様が戻って来る日も、刻々と近づいて来てー・・。

いや、間借りをしているのは、私達。居候は、私達・・・と、重々承知の上なんですがー・・

また「ROOMLESS」ですかあーー・・⤵ (※参照 続・ふらふら日記「ROOMLESS」

しかも、この1ヶ月の間に「The First 90° day(今年最初の気温32℃越え)」な日々もやって来て、ガレージの中は、ご覧の通り・・

a0310405_12233586.jpg
100℉(摂氏約38℃)を、かる~く越え・・。


・・かと言って、居間での寝泊まりは、チャリ夫くんのお母さんと夜中に入れ替え生活になるので、双方疲れるのが目に見えてるしー・・と思っていたのですが、幸いにもここ最近のお天気は、夜間は平均15℃と比較的涼しく、日中でさえ25℃くらいの快適な日々。なので、再び「ガレージ生活」に戻りました~ 苦笑)

実は、このお兄様「大の動物嫌い」で、出発前にも

ー犬は、リビングで寝かすこと
ー部屋に入れないこと

・・などと、散々覚書を出された為、キレたチャリ夫くんが

「デイジーは、家族の一員だ!それを受け入れないのなら、お前なんか家族じゃない!」

と兄弟ゲンカを始めー・・

a0310405_13011758.jpg
「つまらない兄弟ゲンカは、犬も食わなくてよ。」
(子犬様は、ちゃっかりいつもの監督席で、高見の見物)


結局、クローゼットには犬を絶対近寄らせない(と言われてもねえ~?)・・と言うことで、合意した上の間借りだったわけなんですが、帰って来る直前も

ー部屋をきれいに掃除しておくように。
ー青いシーツに変えておくように。

と、お兄さんパワー全開なメールをよこしたもんだから、再びキレたチャリ夫くんが

「自分は掃除して行かなかったくせに、きれいにしとけとか、ふざけるな~っ!」
(しかも、お土産もないなんてーッ!←そこ?)

でも、まあ、それも後10日間の辛抱です。そうすれば、またお兄さん旅に出かけますからー。(ある意味、私達が追い出しているのか?)

しかし、来週は再び、最高気温90℉(32℃)の日々がやって来るんですよね~。
あ~、どうしよう??

a0310405_13111486.jpg
美しい「砂漠の町」の夕暮れ

こんな風に、ゆったりとした気分で夕焼けを眺めることが出来る日は、いつになるのやらー・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-04-03 13:33 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(0)