Cathedral Rock

さて、再び地元に帰って近所の「Brown's Ranch Trailhead」から、今度は・・・

a0310405_13103024.png
「Cathedral Rock(全長約7.9㎞)・・・を、目指すことにしました!


また、アメリカ人のネーミング力の話なんですがー・・(もういいって??)
この「Cathedral Rock(大聖堂のような岩)」も「あるあるあるあるーっ・・!」って声があちこちから聞こえて来そうな、そんな名前の岩です 笑)岩の形まで見えて来そうな感じ?

ま、それはさておき、出発はいつもの駐車場から、途中まではいつもとおんなじ道のり。「Brown's Mountain」を過ぎたところから、今度はいつもと反対側のトレイルへ入ります。

a0310405_03171735.jpg
サボテンのゲート?? 
ここから先は「Cholla Mountain(標高1,038m)」を目指します。


「Cholla Mountain」には、やはり登山道がありませんので、その代わりにグルッと回るトレイルがあります。そして、目的地の「Cathedral Rock」は、そのトレイルの途中にあります。

a0310405_03195436.jpg
「緑がいっぱいでしゅね~。」


そうなんですよ~!山の西側に位置しているこのトレイルは、朝日を遮って緑が多い上に涼しくて歩きやす~い!砂漠の中にいるような気がしません!

こうして、辿り着いた「Cathedral Rock」はー・・

a0310405_03271042.jpg
こんな感じ~。

a0310405_03293224.jpg
自然のステンドグラス??岩の間から、砂漠の景色が広がります。

a0310405_03313685.jpg
「なかなかいい景色でしゅ。」


少し高台に位置しているので、遠く「Brown's Mountain」(横から見るとこんな感じ)と砂漠の景色がが、視界いっぱいに広がります。

a0310405_03333792.jpg
赤い「Chuparosa」の花とサボテン


そうして帰り道の途中、同じように自転車でちょうど戻って来た、チャリ夫くんと遭遇しー・・

a0310405_03401143.jpg
バビューーーーーンッ!!(加速装置でしゅ~っ!)


・・と、あっと言う間に、子犬様は連れ去られー・・(いや、自ら自転車をひっぱって)
見えなくなってしまいました 笑)ま、走るの大好き子犬様ですからねー。

たまには「ノンビリ・ハイキング」ではなく「砂漠 de サイクリング」も、楽しまないとー・・!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-31 04:00 | ハイキング日記(アリゾナ) | Comments(0)

セドナへ・・!

砂漠の町に移って、そろそろ1か月。なんとな~く田舎が恋しくなって来た2人と1匹は、久しぶりに都会の喧騒を避けて

セドナ・・・へ、行ってみることにしましたー・・!

片道、車で約2時間のドライブ。この日のセドナの最高気温は約17℃と、早起きしなくても1日中ハイキングが楽しめる天気です!そんな中で、今回1人と1匹が選んだコースは、町に入って真っ先に目に入って来る巨大な赤い岩ー・・

a0310405_12104888.jpg
Bell Rock(標高1,466m)」と「Courthouse Butte(標高1,662m)」
の2つをグル~ッと回る、全長約7kmのループを歩くことにしました。

a0310405_12531910.jpg
まずは、正面に見える「Bell Rock」に向けて、ひたすら歩いて行きます。

ほとんどの観光客が「Bell Rock」だけを目指して歩く中、私達はお隣の・・

a0310405_12562471.jpg
Courthouse Butte」目指して、別の進路を取ります。


前回、アメリカ人のネーミング力についてちょっと触れたかと思うのですが、見た目そのままの「Bell Rock(ベル型の岩)」に加え「Courthouse(裁判所または、アメリカの群庁舎)」と名付けられた岩も、これまたたくさんあります 笑)
(※参照 続・ふらふら日記「Courthouse Wash Rock Art」

まあ、だいたいにおいて、直立している大きな平面岩は、間違なく「Courthouse」ですね~。
もう、見なくてもわかる感じ 笑)そんな「Courthouse Butte」に差し掛かると、そこから先は自然保護の為、マウンテンバイクの乗り入れは禁止されています。そうつまり、人と犬だけが楽しめる、ハイカー天国なトレイルです060.gif

a0310405_13112947.jpg
マウンテンバイクの乗り入れには、罰金300ドル!

a0310405_13132651.jpg
「セドナの自然は、ワタシが守るー・・!」

a0310405_12313393.jpg
こちらは「Courthouse Butte」のちょうど裏側。
(まあ、どっちが裏の顔なのか、わかりませんが。)

こうして、ぐるりと回り切った先で、道は2つに分かれ、そのうちの1つは

a0310405_11473434.jpg
Bell Rock Climb(ベル型の岩登山)」

・・とありましたので、1人と1匹はもちろんこちらを選びます!


・・のはず、だったんですけどねー。
これ、頂上まで行けるのかと期待してたんですが、いわゆる「Slick Rock(滑りやすい岩)」があるところまで登るー・・と言う意味だったみたいです。そこから岩山に勝手に登っている人達もいましたが、そもそもトレイルがないところを登っていいものかどうかよくわからないし(登るな、トレイルをはずれるな・・と言うサインもありませんでしたが)子犬様もいることですし、まあ、取り敢えず今日の所は止めておくことにしました。

a0310405_12192652.jpg
はい~、ここまで~!岩肌の1歩手前で記念撮影。

後は、元来た駐車場を目指して、ひたすら帰るのみ。

a0310405_12300332.jpg
途中で休憩を挟みつつー・・

「むぅ~・・次は、あの岩肌を上がってみたいものでしゅ。」


この日は、涼しかったとは言え、いつもよりちょっと長いハイキング。

なので、駐車場に付くなり、この方はー・・

a0310405_11580129.jpg
「きゅう~~・・。」


・・と、間に挟まって、ずーーっと寝てました 笑)
でも、犬も疲れたけど、人も相当疲れました!これまでセドナへ行く時は必ず泊まっていたので、片道2時間ドライブ+3時間ハイキング(マウンテンバイク)は、ちょっとキツかったわ~・・。私達も、家に帰り着くなり「きゅ~~・・。」って感じで、ノビてました 笑)

でも、都会の人達って、みんなこうやってドライブをして、田舎を堪能して帰って来るワケです。まあ、これがいわゆる「都会の暮らし」なんでしょうねー。

や~っと実感がわいて来た、セドナの日帰りハイキングでした。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-29 13:26 | ハイキング日記(アリゾナ) | Comments(2)

Cone Mountain Loop

続いて訪れたのは「Brown's Mountain(ブラウンさんちの山)」のお隣にそびえている(?)

a0310405_07394007.jpg
Cone Mountain(標高約933m)」・・・でしゅ~!

a0310405_07395222.png
・・なんですがー・・009.gif

「Cone Mountain」には登山道がないので、往復約5.2㎞でグルッと回るループを歩くことに。


この「Cone Mountain」と「Brown's Mountain」は、隣り合わせに立っており、荒々しい外観の「Brown's Mountain」が男山だとしたら、緩やかな傾斜の「Cone Mountain」は女山のようで、どことなく「夫婦山」のような佇まいです。そうして、春先ともなればー・・

a0310405_08021395.jpg
このように、一面の黄色・・!

a0310405_08001542.jpg
黄色い花影の中のデイジー


この黄色い花は「Brittlebush」と呼ばれ、春先ともなれば、砂漠を一面の黄色に変えます。
その景色は、まるで春先のニュージーランド南島を思い起こさせます。

a0310405_08185602.jpg
そして、ピンクのふわふわ「Fairy Duster」・・妖精のハタキだそうです 笑)


まあねー・・。
「Cone Mountain」の「Cone」だって、円錐形のことを指しますので、見た目そのまま!!(工事現場にあるオレンジと白の三角も、Coneですし)このようにですねー・・

アメリカ人に、情緒やボキャブラリーは期待できないー・・034.gif

・・と思うことが、たまにありますねー・・。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-27 09:17 | ハイキング日記(アリゾナ) | Comments(2)

Brown's Mountain

そんな感じで再び、ゆるゆると1人と1匹が始めた「砂漠 de ハイキング」。
次なる目標は「Brown's Ranch Trails」の中で、1番人気の・・

a0310405_13353059.jpg
Brown's Mountain(ブラウンさんちの山)-標高991m-」

a0310405_13204188.png
往復5.2kmの道のりです。出発は、いつもとおんなじ「Brown's Ranch Trailhead」から。

a0310405_13460258.jpg
約2.3km・・トレイルのほとんどの道のりは、こんな風にゆるゆると登って行きます。

a0310405_13532520.jpg
回りに高い山がないので、登るにつれて目の前に広がる視界360℃の砂漠の景色

a0310405_13545333.jpg
「まさにデイジーの後ろに道があるー・・。」(前にもありますけどね~)


そうして頂上まで、あと残り約322m・・!!

・・になったところで、一挙に上りが急な坂道になります。

a0310405_14073774.jpg
登り切った先の頂上で~す!

・・・と、ここでふと足元を見ると、花より団子な子犬様ー・・

a0310405_14105220.jpg
ムシャムシャムシャ・・


久しぶりに見る瑞々しい草に、食欲が止まらない様子・・・牛のように食べてます 笑)

しかし、あんまり食べ過ぎると、戻してしまいますからね。テキトーにしといてくださいよ。

a0310405_14145681.jpg
「砂漠の町も、ワタシが守る!」


標高たった991m登っただけで、こんな風にで天下を取った気分になれる(笑)
・・砂漠の町のハイキングは、子犬様心をしっかり掴んでいるようです・・037.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-25 04:12 | ハイキング日記(アリゾナ) | Comments(2)

Brown's Ranch Trails

さて「The First 90° day(今年最初の32℃越えの日)」がやって来た後の、ここ「砂漠の町」は、毎日が32℃以上。90℃(摂氏32℃)を超える日が、年に1~2回あるだけで、町の話題になっていたアイダホ州「湖のある温泉地」とは大違い!それでも例年、今の時期は25℃位が平均らしいので、今年はやっぱり早くに「The First 90° day(今年最初の32℃越え日)」がやって来たようです。それでも、町の人達は

・・と言い張りますけどネー 笑)

そんな、ここ「砂漠の町」の朝は早い。なんたって、太陽が昇ると同時に気温がグッと上がるので、涼しい朝にうちに人々は活動します。私達もほぼ毎朝のように、早起きして訪れているのが


カリフォルニア・アリゾナ、そしてメキシコにまたがる「Sonoran Desert(ソノラン砂漠)」の中の、ほ~んの一部にある公園です。一部とは言え、30,160エーカーの中に、総計約293kmのトレイルが散らばっている、巨大な公園です。そのため「North Area(北エリア)」「Central Area(中央エリア)」「South Area(南エリア)」の3地域に分かれて管理されており、全部で計10か所のTrailhead(ハイキングの入り口)があります。

そうして「砂漠の町」に落ち着いて、1人と1匹の最初のハイキングは「北エリア」にある


を拠点に、ゆるゆると出発することにしました。

a0310405_06364587.png
「Jane Rau Trail(約805m)」
「Hackamore Trail(約2.4km)」
「Rustler Trail(約1.2km)」
「Upper Ranch Trail(約1.2km)」


合計約5.6kmのループです。向かうトレイルには、早速こんなサインが・・

a0310405_04192679.jpg
「ガラガラヘビとサソリの習性を理解して下さい。トレイルから外れないように!」


・・ってことは、やっぱりいるんだね~。
なので、草むらにむやみに鼻を突っ込まないようデイジーの手綱(?)をしっかり締めて歩きます!デイジーは、ちっちゃい頃ガラガラヘビに遭遇しているので、匂いも音も覚えているとは思うのですがー・・(※参照 続・ふらふら日記「Gander Trail」)・・まあ、油断は禁物です。

ところで町の郊外にある、この「Brown's Ranch Trails」は、元々この土地に昔からあった「ブラウンさんちの牧場」を町が買い上げて一般市民に公園として開放したものですから、とにかく

a0310405_04335739.jpg
サボテンがでっかい!!(※対象比較 子犬様)


特にこの「Saguaro Cactus」は、法律で守られている貴重な品種のサボテンなので、生えたところから動かしてはいけないんですね。そのため、土地が古ければ古いほど、すくすくと育っていると言うこと。本当に、大きい~!(でしゅ~!)

トレイルそのものは、緩やかで平坦な道が多いです。(まあ、砂漠なので元々平坦・・と言ってしまえば、それまでですが。)なので、定年後にマウンテンバイクを始めたばかりのような年配の方を多く見かけますし、毎朝のお散歩にもピッタリです。

a0310405_06242858.jpg
入り口には、犬専用の水飲み場もありますしー・・。(隣のボタンを踏むと水が出て来ます。)


色んなトレイルが蜘蛛の巣のように交差してますので「暑い042.gif!」・・・と言うことを除けば、どこまでもドンドンと歩いて行けそうです!

a0310405_06281249.jpg
久しぶりのハイキングに子犬様も大満足!


こうやって、朝9時頃までに歩き終えれば、1日はまだまだ長いし、涼しい朝も楽しめそうですね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-23 07:13 | ハイキング日記(アリゾナ) | Comments(4)

Tempe Beach Park

さて「Arizona Aloha Festival」が開催されたこの会場は


と呼ばれるのですが、なぜ砂漠の町でビーチなのか・・と言いますと「Tempe Town Lake(テンペ町湖)」のほとりにあるからです。イベント会場なんかもすべて「Lake Side(湖畔)」と呼ばれてましたしー・・でも、どこに湖が・・??

と思ったらー・・

a0310405_08230470.jpg

なんと、川のように見えたこれが「Tempe Town Lake(テンペ町湖)」だったんです!


このようにちゃんと歩行者専用の橋まで掛かって、公園になっているんですねー。
でも大量に藻が発生して、湖一面が濃い緑色に濁っています。それもそのはず、この湖は川の一部を約3.2kmに渡って堰き止めた「堰止湖」だったんですね。なのでー・・

a0310405_08323921.jpg
橋の向こうは、湖の果て・・


でも、川にだって十分に水があるわけではありませんので、全てが川の水・・と言う訳ではないようです。それでも、この小さな人口の湖の上でボートを漕いだり、スタンディングサーフィンをしたり、魚釣りをしていたり・・と、みんな全力で湖畔のアクティビティを楽しんでいるようです。

a0310405_08370653.jpg
自転車やサグウェイのグループなんかも、走ってました。


そうして、そんな橋の欄干にふと、こんなものが付けられてるのを見つけました。

a0310405_08424050.jpg
Love Lock053.gif

カギを掛けた恋人たちのイニシャルとー・・
a0310405_08425121.jpg
裏には「Always(いつも)」と書いてありました。


これだけではなく、橋の欄干のあちらこちらに掛かっています。なんだかね、こういうのを見ると、うわあ~、都会だなあ~・・って感じがしますよ 笑)だって、田舎では見ないですもん!(若者がいないからか?)

フェスティバルを見た後の「濁った湖」と「Love Lock」。
あ~、都会に来たんだなあ~・・と、ふと実感した週末でした。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-21 11:30 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(0)

Arizona Aloha Festival 2017

さて、そんな「The First 90° day-今年初めての32℃越えの日」が、やって来た週末。
実は、兼ねてから楽しみにしていた




・・へ、行って来ました~!
今年で23回目を迎えるこのイベント、これまではアリゾナへ下りるタイミングが合わず、気にはなっていたのですが「いいなあ~・・」と思うだけで、1回も行ったことがなかったんです。
それが今年初めて、やっと行けることにー・・!

「Arizona Aloha Festival 2017」は、主にハワイを含むポリネシアからアリゾナ州へ移住して来た人達が、年に1回集うお祭りなんですが、どれくらい大きいイベントなのか、どれくらい人がいるのかもわからないまま、お昼を目指して行ったのですが、着いてみるとー・・

a0310405_11535104.jpg
開場はすでに、人・人・人・・・で、埋め尽くされてました!


川を挟んでちょうど反対側にある駐車場に車を止めたのですが、対岸からでも人がウジャウジャと集まっているのが、遠めに見え「うわあ~、これは出遅れたかーッ・・?」と思う気持ちと、はやる心が抑えきれず、もう会場を目指して一心不乱に速足で橋を渡るKAOを見て・・

「キミがそんなに早く歩くの初めて見たよー。」(←チャリ夫くん)

こうして、辿り着いたイベント会場はー・・

a0310405_12451440.jpg
ご覧の通り、かき氷ひとつ注文するにもこのありさま・・!


気温は32℃を越えてますし、いやここだけ、それ以上になっていそうな気もします。日陰もないし、水を買うにも列に並ばなくてはならないしー・・。いやーーー・・完全にナメきってました!

・・と言うワケで、KAO達この日はこれにて、退散することに~・・。幸いにもイベントは、2日間あるので、計画を練り直して、翌日、出直すことにしました。

ーーーーー

翌朝は、朝10時の開場と共に到着し、お目当てのフリフリチキンを真っ先に食べ・・

a0310405_12094740.jpg
まあ、見た目はアレですが、味は抜群・・!

a0310405_12103050.jpg
かき氷を注文しー・・

そして、もちろんー・・

a0310405_12111756.jpg
HULAーーー!!!


・・だったんですがー。
ハワイのイベントに比べると、やっぱり層の薄さは隠せないと言うか・・。ちゃんとハワイの方々なんですけどねー?でもハワイを離れて長いからか、こちらで生まれた世代が多いせいか、なんとなく「輸入フラ」みたいに見えるのは、なんでなんだろうー・・??

a0310405_12514539.jpg
人数が多いと華がある・・と言うワケでもなく・・。この違いは何??


・・と言うワケで、2つ目のハラウが出たところで、帰りました 苦笑)
まあ~、日陰のない灼熱の中で、見てましたからね。ずっと見てられないのもあったんですが。

それでもっ!
アリゾナのハラウもわかったし、来年はできれば、ステージ側に立っていたいなあ~・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-18 12:50 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(6)

The First 90° day

着いたばかりの頃のここ「砂漠の町」は、意外にもまだまだ寒くて、雨やヒョウばかり降っていました。最高気温も20℃位で、本当涼しかったですね~。ところが、先週末から気温がグッと上がり、なんとついに

The First 90° day(今年最初の32℃越えの日)」・・がやって来ました~!

そんな暑さの中、アイダホから冬の毛皮コートを着たまま、引越して来たこの方は、もうあれよあれよという間に毛が抜け始めー・・。これまでは季節が変わっても、そんなに気温差が変わることがなかったので、毛の生え変わりもあんまりなく、ブラッシングも思いついた時にするくらいで、結構ほったらかしにしてました。それがここに来て、急激に暑くなったからでしょうねえ。
とにかくもう毛が、抜ける抜けるー・・そして、あちらこちらに飛んで、大迷惑です!
ところが、この子犬様、ブラッシングが

大っ嫌いー・・で!!

せっかく、犬専用のブラシを買ったのに・・

a0310405_11560013.jpg
「恐怖の大魔王が、また降りて来たでしゅ~っ!!」

a0310405_11570704.jpg
「むひ~っ!い~や~で~しゅ~!(ぷしーっと血が出るんしゅ~!)」

a0310405_13254026.jpg
「助けてくだしゃ~い~・・。」


・・と、何ともなさけない感じだし、逃げ回るのでまともにブラッシングができません!
そこで、ふと手元にあった「竹製のクシ」で、試しにブラッシングをしてみたらー・・
(それ、ボクのだよね~?←チャリ夫くん)

ほ~ら、ご覧の通りー・・

a0310405_11582555.jpg
すや~・・。

人も犬もお気に入りの物は、おんなじようでー・・037.gif

そうして、あっと言う間にー・・
a0310405_06012517.jpg
「はいっ、デイジー玉の出来上がり~!」(デイジー玉でしゅか~・・)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-16 12:17 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(4)

Camelback Mountain

こうして5日後の早朝、やっとお兄さんがフェニックス空港から旅立って行ったので、その日の夜からは私達、お兄さんのお部屋で眠れることになりました。(は~、助かったぁ・・)出発の朝、4時30分起きで空港まで送って行ったKAO達。せっかくなので、その足でフェニックスのシンボル


・・に、登ることにしました!(※参照 続・ふらふら日記「影の嵐を呼ぶ者」
この「Camelback Mountain(ラクダの背山)」は、言わずと知れたフェニックスのシンボルなんですがー・・実は、標高たったの825mしか、ありません!驚きの低さなんですが、回りにな~んにもないので、富士山並みにそびえたった山のようにも見えます。(いや、それは言い過ぎか。)とにかく、地元の人や観光客に、とても人気のコースでもあります。3年前に、1度登山を試みたんですが、朝6時に行ったのに駐車場がいっぱいで、路上にまであふれており、止めるところがなく諦めて帰った過去があります。なので、今回はちょうどいい時間帯で、リベンジができるのではないか・・と出かけることにしたわけなんです。目指すは、朝日がよく見えるー・・

(片道約2km)

日が昇る前に到着して見たら、なんと以前は登山口にあった駐車場がなくなって、登山者はすべて路上の専用駐車場所に車を止めるようになってました。でも、意外にもガラガラ。そこから、登山口まで約10分歩き、出発は朝6時。

a0310405_12131786.jpg
真っ暗闇の中を、ひたすら頂上へ向かって歩きます。

遠く上の方では、すでに歩き始めている人達の懐中電灯が、チラチラと灯ってます。

a0310405_12135331.jpg
白々と夜が明けて来るとともに、見えて来るフェニックスの街並み。
(朝だ、あ~さ~だ~060.gif

a0310405_12153737.jpg
そうして、ついに地平線に太陽が顔を出しました!


標高たった825mの「Camelback Mountain」なんですが、ものすご~く急です。なので、犬なんかは絶対に連れて来れないですね。なんたって、トレイルはこんな所を抜けて歩くんですよ!

a0310405_12255194.jpg
 見えますかー?2つの青い丸印が・・。これがトレイルのサインです。

a0310405_03243665.jpg
こちらは、真っ暗闇の中で歩くための反射板


片道2kmで高低差約380mのこのトレイルは、西側の「Echo Canyon Trail」に比べると、比較的緩やかだとは言われているのですが、頂上手前の最後のひと登りは、なかなかなもんです。

a0310405_03262197.jpg
そして、この急勾配!


この日の朝もそうだったんですが、さらに急な「Eco Canyon Trail」では、だいたい週に1回くらいは、誰かが遭難救助されてますね。救助費30万円位自腹なのに、アメリカ人の「大丈夫だろう」感覚って、ちょっとよくわかりません・・苦笑)

a0310405_03270977.jpg
「SUMMIT(頂上)」のサイン


こうして、ようやく頂上までたどり着いた頃に、辺りはすっかり明るくなっていました。アリゾナへ戻っての最初のハイキングには、ピッタリの「Camelback Mountain」。

この次は「Echo Canyon Trail」にも、是非チャレンジしてみたいものです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-14 04:21 | ハイキング日記(アリゾナ) | Comments(0)

ROOMLESS

2泊3日の長距離運転の末、夕方の5時30分過ぎに、やっと辿り着いた「砂漠の町」。
そこで、ハッと我に返ったのですが、そう言えば私達ー・・

部屋がないー・・009.gif

HOMELESS(ホームレス)ならぬ、ROOMLESS(ルームレス)だったんです。と言うのも、フェニックスで家を借りようとしたら、まず

ー定職があること
ー銀行の残高証明
ーバックグラウンドのチェック(犯罪・ドラッグ歴などを調べます。)
ークレジットチェック(滞納金などを調べます。)
ー敷金・水道代・電気代・ゴミ代・管理費

・・などなどが必要で、さらに犬がいる場合、

ー体重15kgまで
ー追加料金
ー犬の管理費

・・など、色々と大変なんですねー。
仕事は見つかったけど、まだ働き始めていないチャリ夫くんでは、すぐに家を借りれないので、しばらくお母さんとお兄さんのアパートに転がり込むことにしたんです。そこから、徐々に家探しして行こうかと。なので、私達には、部屋がないー・・。

いやあ~・・わかってたんですけどね。毎回、訪れるたびに居間で寝てましたから。
でも今回は、お兄さんが1か月ほど旅に出る・・と言っていたので、まあ、なんとかなるか・・と思いつつ辿り着いたんですが、お兄さんが旅立つのは、5日先とのことー・・!
たった5日間とは言え、長時間ドライブの後で、これは本当につらかった・・。だって、みんなが居間からいなくなってくれないと、私達、眠れないんですよ?昼間に疲れたから、ちょっとお昼寝したいー・・と思っても、部屋がないんですよ?!さらに、チャリ夫くんのお母さんは、夜7時前には就寝して、朝3時頃に(!!)起き出してくるんです。そうして居間に出て来られるので、入れ替わりに2人と1匹がお母さんの寝室に移って寝る・・と言う毎日で、さすがに、人も疲れる、犬も疲れるー・・。そこで、チャリ夫くんが導き出した答えがー・・

「そうだ、ガレージで寝ようー・・!」

他人のKAOからしてみたら、そ~までして家で寝なくても・・と思ったのですが、チャリ夫くんにしてみれば家族なので、まあ、言ってみれば・・

押し入れで寝ていたラムちゃん(ドラえもん)みたいな?・・感じだったんでしょうねえ??
とにかく、ガレージを掃除して、車から荷物を降ろして、ガレージで寝ることにしたんですがー

a0310405_08160684.jpg
掃除の最中、監督席に座るのも忘れて、ひなたぼっこしています 笑)

a0310405_08164637.jpg
「キビキビと働いてくださいま~し~・・すや~。」(はいはい、やってますよ。)

この頃は、まだ気温約20℃位だったので、まだまだ涼しかったですね~。
珍しくヒョウも降ったりもしてー・・。

a0310405_08215580.jpg
「ほぉ~ら、アリゾナの雪だよ~。」(硬いでしゅ!)


意外にガレージは静かで、何よりも夜中に起き出して移動する必要がなかったので、よく眠れましたね~ 笑)そんな5日間だったんですが、到着した翌日から、自動車免許証を変えたり、自動車登録(ナンバープレート)を変えたりと、慌ただしく過ぎて行きー・・。

そんな中でのお楽しみと言えばー・・

a0310405_08572224.jpg
プール!!

a0310405_11454442.jpg
・・と、ジャグジーバス!

ちょうど、お部屋の目の前にあるのですが、一回も行ったことがない・・と言う、お母さんとお兄さんに代わって、毎日のように行ってます 笑)すると、プールの向こうのお部屋から・・

a0310405_09062427.jpg
じーーーっ。
(ずるいでしゅ。)


あ、、、まあまあ、子犬様のお楽しみは、これからなんですよー!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-03-12 11:59 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(4)