トンだ年越し

気が付けば、年の瀬。

クリスマスを過ぎてから、それまで凪のように静かだったここ「湖のある温泉地」に、やっと人が集まり始めました。これまで、ほんと~にヒマヒマだった毎日から、途端に打って変わって、なんと、現在連続9日間お休みなしで働いてます。

12月初めに学校を卒業したチャリ夫くんは、ここに来てもまだ仕事が見つからずー・・。
でも、それはそれで、家に帰ると・・

a0310405_14492401.jpg
こ~んな夕食が待っていたりするので、まあ、いいかあ~と、思ってみたり・・009.gif
(パンも手作り。スープボゥル)


ところが、今日帰ってみると、と~んでもないことになってました。
明日、長い間会っていなかった友人が、家に泊まりに来ることになったみたいで、チャリ夫くん、なんだかウキウキと冬の間は使っていなかった2階のお部屋を掃除していたようなんですが、トイレを流したとたん、水が詰まり、2階のトイレが詰まれば、当然1階に溢れて出てくるわけで、1階のお風呂場すべてに水が逆流して来て、いや、すごいことにー・・!!

慌てふためいて、配管工のお仕事をしているお隣さんに電話したところ、

「外のパイプとタンクを見てみないとねー。」

・・って、ちょっと!
カンタンに言いますけどねーー、タンクもパイプも、この雪の下ですよ!!
しかし、このままでは、トイレもシャワーも使えない・・。しょうがない、こうなったらー・・

a0310405_15022624.jpg
えーえー、掘りましたともー・・!!掘らせていただきましたよー!

a0310405_15043181.jpg
子犬様、現場監督??
(ずいぶん、掘りましたでしゅね~。)

a0310405_15070804.jpg
掘り当てた(?)タンクの蓋を開けて見れば、やっぱりギリギリまで詰まってました。


クリスマスくらいまでは、結構(いや、相当)ヒマだったので、早め早めに年末大掃除を進めていたのですが、これで、ぜ~~んぶ振り出しに戻りました!(せっかく、きれいにしたのにー 涙)
家賃をお安くしていただいている分、家の管理と維持に努めているワケなんですが、これはもう「管理」以前の問題です!住めないですよー!・・・とは言え、この年の瀬に、空いているホテルなんかもありませんしー・・。(あっても、高い!)


あ~あ、静かな年の瀬が過ごしたかったのにー・・。(なぜ、このタイミングとこの時期で?)

・・こんな状態で、明日、本当にお友達は泊まりに来るのかしら・・??



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-12-31 15:47 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(2)

スパケとジローの物語

現在、ネコを飼っている人達の中には、きっと「ノラネコが、そのまま家に居ついて・・」と言う経験が必ずあると思います。実際に、KAOが昔に飼っていた猫も、近所に捨てられていた猫が、そのまま我が家に居ついたものでした。

でも。
ジローのように、この辺りで「Feral Cat(野生ネコ)」と呼ばれるネコ達は、いわゆる町中のノラネコとはちょっと違う感じがします。本当に大自然の中で生まれ、生き延びて来ているので、どちらかと言うと、小さな「Bobcat(Linx)」に近い動きをします。実は、ここ「湖のある温泉地」で、この「Bobcat(Lynx)」をペットにしている人がいるのですがー・・町の駐車場で、助手席の窓から、あの特徴ある耳が見えた時は「え、えーっ??!!」と驚いてしまいました 笑)
でもね、これは基本的に「許可」がいります!

ところで、この「野生ネコ」を自然に返す方法なんですがー・・

Trap-neuter-return (TNR)-捕獲して、避妊手術後に、放すー
・・と呼ばれ、幅広く色んな国で行われているプログラムの一環です。

アニマル・シェルターの方の話では、捕まえた時に「シャアーーッ!」と威嚇して来たら、間違いなく「野生ネコ」らしいのですが、ジローは本当におとなしくて、ちょっと硬直して怯えてましたけど、檻に手を入れても、暴れて攻撃したりすることは一切なかったです。
なので、このまま家で飼えるかもしれないー・・と、色んな人達に話を聞いて回ったのですが、ほとんどの意見が

「絶対、なつかないよ。運がよければ、約1年後にちょっと触れるようになるくらい。」

・・と、その時思い出したのが、ニュージーランドのスパにいた・・

a0310405_14232076.jpg
「Sparkie-スパケ」
(※参照 ふらふら日記「スパケー」


スパケは、絶対に人になつかなかったです。毎日、ご飯を上げても、おもちゃを作っても、段ボールの家を作ってあげても、全く知らん顔してました。それでも、スパから歩いてすぐのところに住んでいた、金髪熟女「SPA Brondies」の1人、Kかあちゃんが、毎日のようにご飯を上げて、自由に出入りできるようにと、ガレージの壁に穴まで空けて、大切にかわいがってました。自分が家を空ける時も、誰かに頼んでご飯を上げてもらうほどの徹底ぶり。でも、そんなKかあちゃんでさえ、1回もスパケに触れることができなかったんです。そんなある日ー・

a0310405_14231263.jpg
「見て見て~!スパケがとうとう撫でさせてくれたのよ!」


・・と興奮気味に見せてくれた、この写真。
他にもスパケが、Kかあちゃんの足元にスリスリとすり寄っている写真なんかもありました!
「Catnipを植えてたからかなあ~・・」(猫が大好きな香りを発するハーブの一種)と言ってましたけど、これまでのことを考えると、ものすごーーーい進歩です。約3年は経ってました!

でも、その数日後、スパケは突然この世を去ってしまいました。Kかあちゃんちの花壇の中で亡くなっているが見つかり、お腹の中にガンがあったそうです。その時のKかあちゃんの嘆きぶりは、本当に仕事にならないくらいで「スパケから、最期のメッセージが届いたんだね・・。」と、みんなでしみじみと話しました。そう、ネコだって、恩返しをするんですよ。本当に、可愛がってもらった・・とわかったら、最期に伝えるくらいの力は持っています。


・・と、こんなことをふと思い出したのも、実は、ジローがここ数日、現れてないんです。
それまで、毎日毎日、エサを食べに来てたのに、ある日を境にパタッと洗われなくなりました。

a0310405_14225045.jpg
心配で色んな所を歩いて、雪の上に小さな足跡がないか、ずーーっと探したりー・・


近所の人達に「ネコを見ませんでしたか?」と聞いて回ったのですが、まったく消息がつかめず、今に至ってます。いつ帰って来てくれてもいいように、エサを出しっぱなしにしているのですが、どこに行ったのか、何が起こったのか、まったくわからないままー・・。
チャリ夫くんも、ふと夜中に起き出しては

「ジローのこと考えると眠れないんだ・・」(涙)

本当にー・・どこへ行っちゃったんだろう、ジロー。

a0310405_14230068.jpg
こんな風に、こっそり、ご飯を食べに来てくれるだけで、よかったのにー・・涙)


恩返しにお寿司なんか、握ってくれなくていいから、帰って来て、またご飯だけでも食べて行って欲しい。特に、こんな雪のクリスマスの朝には、本当に心から願わずにはいられないです・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-12-26 03:49 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(2)

ジロー!キティ

雪の訪問者、ネコちゃんがやって来るようになって、あれから3週間が経ちました。
(※参照 続・ふらふら日記「雪の訪問者」

毎日、エサを上げているだけでいいのか、迷い猫ではないのか、これからどうしたらいいのか・・と、町の「アニマル・シェルター」に相談に行ったら、取り敢えずこんなものを渡されました。

a0310405_08312522.jpg
動物を捕まえる「罠」です。


「アニマル・シェルター」の方の話では、とにかく捕まえて「家猫・迷い猫」であれば、里親を探し「野良猫」であれば、里親探しが難しいので、避妊手術とワクチンを打って、また自然に返すんだそうです。その際に、片耳の先を切って「捕獲済」と言う印を付けるそうです。

a0310405_08400990.jpg

この「罠ー捕獲用の檻」に毛布を掛けて、見た目なんだかわからないような感じにしておいて、初めはエサを手前に置き、それから徐々に中へ移動し「罠」に慣れさせてから捕まえるそうです。
中ほどの二重になっている床の部分を踏むと、扉が閉まる仕組みになっています。

こうして毎日、ドキドキしながら見守っていたのですが、とにかく怪しむこともなく、普通に「罠」の中でエサを食べて、出て行く毎日。「アニマル・シェルター」に、ボランティアの獣医さんがやって来るのが、月に1回。その日に合わせて、前の晩に「罠」を仕掛けたところー・・

a0310405_08395782.jpg
無事に捕獲された、ジロー・キティ!!


えっ、ジロー・・・013.gif??
そうなんです。実は、連れて行った「アニマル・シェルター」では、獣医さんに診てもらう際に、名前がいるそうで、何にしましょうか・・??聞かれたところ、すかさずチャリ夫くんが

「ジローで、お願いします。」・・なぜ、ジロー・・?(今さら、ジロー??)

アメリカのドキュメンタリー番組に「Jiro Dream of Sushi(2011年制作)」・・と言うのがあるのですがー・・。ミシュラン星3つの銀座のお寿司屋さんのお話なんですが、ここの寿司職人「次郎さん」が大好きでー・・どうしても「ジロー」と呼びたいと、熱望していたようだったのですが、まだオスかメスかもわからないこの段階で、その名前がすかさず出て来るとは、さすが・・

「ほらさ、いつか恩返しで寿司を握ってくれるかもしれないだろ?」(う~ん・・015.gif

まあ、そんな夢物語を見つつ(まさに、Dream of Sushi!)取り敢えず、ジローを獣医さんに預けて、いったん帰宅。その後、連絡が入るのを待って、再び引き取りに行ったのですが、なんと「オス」で(本当に、ジローだった!)そうして「野良猫」・・でした。

この場合の「野良猫」は、野生で生まれた猫のことを指しており、24時間様子を見たら、また放してあげなくてはいけないんです。迷い猫だったら家で飼えるかもー・・と夢を見てしまった分、本当にがっかりしてしまいました。しかも、これからますます寒くなるのに、大丈夫なんだろうか?・・との思いもあり、自然に放したくはなかったのですが、でもー・・


\じーーーーっ・・/
a0310405_08334798.jpg
子犬様も、こんな感じで怯えてましたしー・・


双方、お友達になるには、相当な時間が掛かりそうです。
なので、泣く泣く自然に放した「ジロー」。でもこれで、益々人間嫌いになって、戻って来なくなったらどうしよう・・と心配していたのですがー・・

a0310405_08335800.jpg
帰って来たにゃあーーーっ!



よかったあ~・・!こうやって、無事な姿を見られるだけで、今はホッとしています。
いつか、私達にも慣れてくれたらいいなあ・・と、夢を見つつ・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-12-22 14:40 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(2)

Daisy in Granny’s Pants!

ご無沙汰しております。ここしばらくの間、バタバタと恒例のクリスマスの樽づくりに励んでいたら、あっと言う間に1週間が経ってしまいました!去年のクリスマスの樽は、本当にクリスマスの前日位に送ったので、チャリ夫くんのお父さんから

「プレゼントありがとう。でも、クリスマス前までに届くように送ってくれないと。」

と言われたので、今年はもう張り切って準備しましたよ!クリスマス前までに届くように。(・・って、早すぎてもダメらしいんですけどねー・・009.gif

そんなこんなで、お師匠様も走る師走の忙しさは、アメリカも同じ。そうして今年は、1か月早くこの方の「ヒート(犬の生理)」が、始まりました。(※参照 続・ふらふら日記「HEAT!」)


年末大掃除のこの時期に、さらに大変な「ヒート(犬の生理)」が、やって来るなんてー・・。
なので今回は、例ののアレを使ってみることにー・・!


\な・・なんですしゅか?これはー・・/
a0310405_16030981.jpg
犬のオムツで~す!


これ、犬専用の洗えるオムツなんですけど、中に生理用ナプキンを付けて使うこともできるそうです。また、男の子用の下着を買って、後ろ前に履かせて凌ぐ方法もあるそうなんですよ。(穴の開いている部分に、しっぽを入れるそうです 笑)なるほど、ですね~。まあ、子犬様にはしっぽがないので、その心配はご無用なんですが。

さすが犬用なんでしょうね。喜んではいませんが、結構嫌がらずに履いてます。
でも、ふと足元を見るとー・・

a0310405_16162088.jpg
オムツを履いた子犬様が、寝ていたりー・・

a0310405_16171200.jpg
ご飯を食べていたりー・・

a0310405_16200568.jpg
ソファの上によじ登って、窓の外を見ていたりー・・


・・している姿を見るていると、なんだか・・

a0310405_16235991.jpg
「・・もしかして、笑ってましゅかっ?!」


い~え、そうではないんですがー・・なんか、やっぱり、ねー・・037.gif

チャリ夫くんには、Granny's Pants(おばあちゃんのパンツ)を履いた犬がいるぞぁ~
・・って、言われちゃうしー・・笑)

a0310405_16031964.jpg
「いいんでしゅ。何を言われても・・。」


まあまあ、あと1か月ですからね。それがすんだら、また元の子犬様です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-12-19 16:27 | デイジー日記 | Comments(4)

恐怖の大魔王・再び

さてこの秋、色んな人達から「太れ」「痩せろ」だとか言われ、忙しかったデイジー。
(※参照 続・ふらふら日記「太れ、デイジー!」「痩せろ、デイジー!

エサの量の問題は収まったものの、太る痩せるに関わらず、毎晩のようにデイジーに降りかかる

「恐怖の大魔王」・・・それが、歯磨き・・!!
a0310405_08075317.jpg
左から「歯ぐきに付けるお薬」「鶏肉風味の歯磨き粉」
「指にはめて使う歯ブラシ」「普通の歯ブラシ」


思い起こせば、浴室で歯を磨いていると、いつも後ろから興味津々で見つめていた、デイジー。


\じーーーーっ。/
a0310405_08080373.jpg
「何してるんでしゅか?」
(本当にちっちゃな子犬様だった頃の子犬様)


あまりにも毎回、用もないのに一緒に浴室にやって来て、うらやましそうに見ているもんだから、チャリ夫くんが冗談で

「デイジーも、歯を磨くかい?」・・と始めたのですがー

a0310405_08183194.jpg
「フロス、フロス、フロス~060.gif

a0310405_08182062.jpg
「ブラシ、ブラシ、ブラシ~060.gif


そうして終わったら、きちんと浴室から去って行くので「なんて、手のかからない子犬様・・」と、思っていたのが、今ではこれですよー!

a0310405_08285886.jpg
「絶対、磨きましぇんよ~・・。」
(恐怖の大魔王が来たりて、笛を吹く~・・)

a0310405_09041297.jpg
「ムギーーッ、いやーーでしゅーーっ!!」


一体、どこから、どうやって、こうなっちゃったんでしょうねえ~??

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-12-13 08:54 | デイジー日記 | Comments(0)

帰って来た、スノーシャワー

さて、本日もここ「湖のある温泉地」は、絶好調に雪が降っています。
予報では、1日に8cm~13cmは積もると言われていますので、このままいけば、来週末にはスキー場もオープンできそうです。

あの例のネコちゃんは、デイジー探偵の必死の捜索にも関わらず、どこで寝泊まりしているのか、全く行方知れずのままー・・

a0310405_14170542.jpg
「キティちゃ~~ん、どこでしゅか~?」
(こらーッ、足跡は消さないようにー!)


しかし、エサのボゥルは毎日2回、ちゃ~んと空っぽになっているので、無事なんだと一安心しています。そうして、今年は初めて、早々とガレージの屋根の雪かきをしました。
「雪かき」・・と聞いて、黙っていられないのが、アイダホ州認定(?)雪ソムリエのこの方。
雪かきを始めるや否やー・・

a0310405_14202925.jpg
「ひゃっほ~い!待ってました、1年ぶりのスノーシャワー!」

・・と、屋根から降ろす雪の下に飛び込んできます。

a0310405_14204064.jpg
「うはーーっ!やっぱり、アイダホの雪サイコーッ!」


でもね、日中最高気温でも、マイナスだったりするこの時期ですから、当然ー・・

a0310405_14321269.jpg
「た、、楽しいー・・でも、もう無理でしゅ・・。」


はい。あっと言う間に、デイジーダルマの出来上がり。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-12-10 14:41 | デイジー日記 | Comments(4)

クリスマスツリー点灯!

感謝祭が過ぎると、一挙に高まるクリスマスムード。クリスマスが過ぎると、一挙にお正月ムードが高まる日本の感じに似ています。そうして、七面鳥に代わって並び始めるー・・

a0310405_02160336.jpg
モミの木・・・!

a0310405_02161328.jpg
大小さまざま・・

手前の小さな木は「Table Top Tree」テーブルに乗せて飾るサイズ。
どれも、ホンモノの「モミの木(Fraser Fir)」です。

a0310405_02155334.jpg
良心的?木に優しい?
「Fresh Cut Christmas Trees」

気に入った木があれば、直接切り出してくれます。

さてー・・クリスマスツリーと言えばー・・例の追っかけをしていたアノ大きなモミの木・・

a0310405_02273723.jpg
ついに、首都ワシントンD.Cに着いたようです!
(11月28日 TVニュースの映像)

a0310405_02274994.jpg
こちらは、荷下ろしの様子。
そうして、約1週間掛けてきれいに着飾られ・・

a0310405_02275783.jpg
12月6日、無事に点灯~!

まさに「FROM TREE TO SHINING TREE(ただの木から、輝く木へ)」。
長い旅を終え、無事にワシントンD.Cで、首都の夜空を彩る輝くクリスマスツリーになりました。

この首都のクリスマスツリー点灯式に、触発され(?)思い出したように出された・・
a0310405_03060576.jpg
家のクリスマスツリーも、やっと点灯~!(えっ、遅い?)

クリスマスは、もうすぐですよ~。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-12-09 03:02 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(0)

雪の訪問者

そんなこんなで、束の間の都会(?)で、子犬様孝行した2泊3日。
その帰り道、ハッと気づいたことがありました。

「しまった!ガレージのシャッターを閉めるの忘れた・・・。」

普段は開けっ放しのガレージのシャッターなんですが、しばらく家を離れる時は、必ず閉めて出かけます。盗られて困るような物は何にもないんですけど、1番心配なのが

生ゴミ

この時期、森に食べる物がなくなるので、野生動物が集落まで出て来て、ゴミを漁ったりするんです。昨年の冬もうっかりしていて、何度かゴミ袋ごと持って行かれ、散らかったゴミを集めるのが大変でした。それよりなにより、やっぱり野生動物にゴミの味を知って欲しくはないですねー。
ここ数日、雪がたくさん降り始めましたので、そろそろ気を付けないとー・・と思いつつ、うっかりしてました!

Boise滞在中は全く思い出さなかったのに、帰り道に気付いてから、急に心配になり始め・・008.gif

a0310405_13464715.jpg
辿り着いた裏庭は、辺り一面、雪の中ー・・


車から降りて、真っ先にガレージを覗いてみたら、やっぱり生ゴミが地面に散乱してました!
でも、なんだかちょっと・・いつもとは違う感じ・・?袋をちょっと破られただけで、被害も小さいです。この仕業は、キツネやクマではなさそうー・・

・・なんだろうー・・アライグマ??(ラスカル??)

すると、チャリ夫くん、ガレージの中で犯人を見つけたようで、それが、なんとー・・

「ネコ!!!」

まさかの、この極寒の森の中に、ネコがいたんです!!
しかも野良猫のようで、私達の姿を見たら、ものすごい勢いで森の中へ消えて行きました。
これは・・・ある意味、野生動物より、珍しい。。。

近所の人の話では、

「たまにこの辺りに、ネコを捨てて行く人がいるんだよねー・・。」

そうなんだー・・。
しかし、これからドンドン寒くなるのに、このまま放ってはおけないですよ。
今朝だって、鼻毛も凍るマイナス19℃・・心配だな~・・。

取り敢えず、キャットフードを買って来て、玄関の側に置いて様子を見ることにしたのですが、用心深いのかなかなか姿を現しません。それでも、朝になるとエサのボゥルがきれいに空っぽになっているので、ちゃ~んと食べてるんだ・・とも思ったのですが、

本当に、あのネコが食べて行ったのかー・・。(それともアライグマか?キツネか?ネズミ??)

・・などと言う疑惑もあり、ご近所さんから狩猟用の高感度カメラを借りて来て、エサの側に設置して再び様子を見ることに。するとー・・

a0310405_13363823.jpg
おおっ!来たにゃあーーーッ!!

a0310405_13364910.jpg
ガツガツガツ・・

やっぱり、あのネコちゃんでした!
辺りをうかがいながら、エサを完食!そうして、闇の中へ消えて行きました・。

なので、今度はエサの側に、お家を作ってみたのですがー・・

a0310405_13391316.jpg
おおっ、もう少しで箱に入るかーー??


・・と思いきや、中に置いたエサを食べただけ。それでも、エサがここにあるとわかったようで、夜中に2回はやって来て必ずご飯を食べて行くし、2日後には昼間にもやって来ました。
気配を感じるとすぐに逃げてしまうので、全然近寄れないんですが、一先ずお腹はいっぱいになっているようだし、空っぽになったエサのボゥルがあると、生きている証拠なので、安心安心です。う~ん、でもねー・・これからどうしようー?


-------

おまけ


「ネコに温かいミルクを上げるんだー。」と、張り切ってミルクを外に出していたチャリ夫くん。(この極寒の中、しかもいつ来るかわからないネコの為に、それは意味があるのか??)

とも思ったケド、取り敢えず空っぽになったミルクのお皿。しかし、カメラに写っていたのは・・


(ごくごく・・・絶対、わからないと思いましゅ。)
a0310405_13412649.jpg
デイジー!!
(動かぬ証拠)


この後、しっかり怒られてました。はい、悪いことはできないものです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-12-06 15:05 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(8)

Happy Paws!

さて今回も、州都「Boise」にお泊りしたんですが、前回の少しだけ、苦~い思い出があり・・。(※参照 続・ふらふら日記「アイダホ・犬事情-その①-

どこにお散歩に行こうかと考えていた矢先、こんな公園を見つけました。

a0310405_08195415.jpg
「OFF-LEASH HOURS」(犬のリードを外して遊んでいい時間帯)


なんと!朝と夕方、犬を自由に遊ばせていい時間帯があるんです!
しかも「Dog Park(犬専用の公園)」じゃあないんですよ!人と犬が一緒に過ごせる公園です。(赤いエリアが、犬を遊ばせてもいい区域)

やったあ~、こーゆーのを探していたんですよ~072.gif

実は以前に、Boiseのとある「Dog Park」へ行ったことがあるのですが、足元がドロドロで
(芝生じゃない!)ものすごーーく汚くて、匂いもあるし、入らずにやめたことがあります。
でも、ここは犬と人との共同公園。きれいな芝生を囲むように遊歩道もあり、ほとんどの人達は、自分たちの運動も兼ねて、犬と一緒に遊歩道を歩いて回っているだけ。なので、子犬様はー・・

a0310405_11222598.jpg
こ~んな広い芝生を独り占め~~~っっ!!


さらに、街中の別の場所に、こんな公園も見つけました!

a0310405_10140529.jpg
「犬のリードをはずして遊ばせてもいい期間(11月~2月)」
エンジョ~イ!!

a0310405_10091243.jpg
こちらも、こ~~んなに広いです!


夏シーズンが終わった後、人が少ない冬シーズンは、こうやって犬達に開放しているんですね。
特にすることも、予定もなかったBoiseでの滞在。なので、2人と1匹で「朝・昼・晩」と3度も
お出かけし、こんな広い公園を独り占めして、フリスビーを楽しんだ子犬様は、当然ー・・

a0310405_10133575.jpg
「か、帰りたくないでしゅ~~・・。」


どちらの公園でも、犬を連れている人達をたくさん見かけましたが、公園が広いのでお互い気にもならず、なんのトラブルもありませんでした。むしろ、犬も飼い主も本当にノビノビと楽しそう!

a0310405_10255553.jpg
「いい休日でしたでしゅ。」


ね、これなら犬も人も「都会も悪くないなあ~・・」って、気持ちになりますね。

ーーーーー


おまけ

a0310405_10272797.jpg
公園で「Speed Demon」を発見!!
(Pull over boy and get your ticket right~060.gif



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-12-04 11:12 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(4)

caldwellの夜

さて、前にも書いたと思うのですが、ここから2時間半車で下った所にある「Caldwell」は、産業の町です。チャリ夫くんが通っていた「CDL(商業用大型トラック)運転免許証」を取る学校も、思いっきり産業地区の真ん中にあります。なのでー・・

a0310405_02283191.jpg
夕暮れになれば浮かび上がる、工場地帯


これはこれで、なんだか幻想的な景色ではありますがー・・。
今回「Caldwell」で楽しみにしていたのは、コレではないです。12月の夜の風物詩と言えばー・・あれですよ!

a0310405_02393838.jpg
クリスマスイルミネーション!!


オシャレな町がないアイダホ州(言い切りましたね)の中でも「Caldwell」は、特に産業の町。そう「労働者の町」なんです。でも、そんな「労働者の町」だって、クリスマスが近くなれば、頑張るんですよ!町の小さな繁華街を中心に光のプロムナードが作られてました!

a0310405_02404621.jpg
川に沿って続く、光の散歩道はー・・

a0310405_02411976.jpg
途中、幾つかの光の橋を越えて行きます。

a0310405_02440386.jpg
そうして、そんな川の中には、光のドラゴンが住んでおりー・・

a0310405_02443637.jpg
2~3分ごとに、火を吐きます!(ゴォォーーッ!)

a0310405_03042132.jpg
南極からの漂流者?流氷に乗ったペンギン達も漂ってます。

a0310405_02523559.jpg
町中の小さな広場には、光の列車も走っておりー・・

a0310405_03040145.jpg
商店街には、クリスマスのお約束「くるみ割り人形」

a0310405_02530722.jpg
「すごいでしゅね~!」


冬のリゾート地でありながら、ここ「湖のある温泉地」でさえ、クリスマスイルミネーションは、あまり見かけないです。町中はそれなりに、ライトアップしてるんですが、いわゆる「クリスマスイルミネーション」ではないですねー。まあ、雪深いですし、冬の夜にわざわざ町に出る人はいませんよ。なので、久しぶりに見た、色とりどりの光の数々に、なんだかウキウキした2人と1匹。


こうやってたまには、冬の夜にお散歩に出かけるのもいいものですねー。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-12-03 03:42 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(2)