Warm Showers

再び、ご無沙汰いたしておりました。
「ASHLAND3泊4日旅日記」の途中なんですが、ここで閑話休題。みなさんは

Warm Showers ※日本語サイトあり

・・・なるものを、ご存知でしょうか?
世界中のサイクリスト達が無償で宿泊・・つまり、温かいシャワーの提供を受けられる、いわば「サイクリスト・ホスト」のネットワークです。実は、チャリ夫くんも自転車で旅をしていた時に、このネットワークを利用していて、同じようにホスト登録もしています。なので、ここ1週間ほど、うちにサイクリストが2名ほど滞在していました。それが、こちらの方達。

World Biking-10年間、自転車で世界を旅している、アメリカ人とフランス人のカップルです

a0310405_01095875.jpg
約3年前に日本を走った時から、ずーっと愛用している「フルーツグラノーラの空袋」!

「日本製は丈夫なのよ~。」・・・でしょうねえ~009.gif


実は、チャリ夫くん、彼らのことを知っていたようでー・・と言うか、同じ旅をするもの同志・・彼らのブログをよく読んでいたらしく、到着する前から、本当に楽しみにしていて、ポークリブを3枚も買って来ては・・

「腹ペコのサイクリストには、これくらい必要なんだッ!」って、張り切ってスモークしてたんですけどね。いざ、到着されてみたら、なんと

ベジタリアン・・・027.gif

さらに、冷たいビールも用意していたんですが、お酒も飲まれない方達のようでー・・・・ちょーーっと、がっくり来てました 苦笑) でも、同じサイクリスト、旅のお話は尽きないようで、特にフランスと韓国で英語教師をされていたアメリカ人の奥様の方は、とにかくしゃべる・シャベル・しゃべる・・・!!チャリ夫くんも相当おしゃべりな方なんですが、その倍速で話されます!たまに、遮ります!サイクリストは孤独だから、人に出会ったらしゃべらずにはいられない・・・らしいんですが、まあ、聞く方はタイヘン・・!!その姿は、まさに

アラビアンナイトのシェヘラザード・・072.gif

本当に、いい方なんですけどー・・。
これが毎日、1週間も続いた頃には「あ~・・独りになりたいー・・(←遠い目)」と、さすがにウツ気味になり始めた、典型的コアラなKAO。独りでボーッとする時間が欲しい・・そうでなければ、頑張れないー・・。(もしこれが、千夜も続いたらー・・涙)

また、この「ウォームシャワー・サービス」とは、無償で寝る場所と食べるものを提供するネットワークなもんで、お気に入りの自分達の食べ物以外は(コーヒーだとか、ジャムだとか)・・・・基本的にうちの中にあるものを遠慮なく食べ、家の中でぶらぶらと過ごされます。彼らが、ベジタリアンだとわかった途端、料理を放棄したチャリ夫くん(何を、料理していいかわからなんだッ!)・・に代わって、食事を提供しなくてはいけなくなったKAO。

a0310405_01104365.jpg
旬のお野菜?モレルキノコのクリーム・パスタ


でもさ、毎日がホリデーのサイクリストとは違って、こちらは外で働きながら買い出しをして、お料理を作って、後片付けしてー・・は、本当にタイヘン。お金が発生するB&Bならともかく、無償の喜びって”TAKE”する側だけが、得られるものではないだろうかー??と少し疑問を感じ始めたKAO。でも、チャリ夫くん曰く「彼らは、ステキな物語を”GIVE”してくれるじゃないか。」

・・・あ~、まさに「アラビアンナイト」・・。キミの夢は、ボクの夢ー・・。

そんな感じで、自分達のお休みも返上してホスピタリティに勤しんだ1週間だったんですが、
本日の朝、やっとー・・

a0310405_05582966.jpg
・・・出て行かれましたー・・(←こらーッ!)
大通りまで2輪走行と4足走行で、お見送り

a0310405_06034144.jpg
「明日は、どっちだ?!」


昨年の夏も、何人ものサイクリスト達が泊まって行った、この「Warm Showers」。
でも大抵は、1泊すると次の目的地へ向かわれるパターンが多く、こんなに長く、また10年も自転車で走り続けているのは、彼らが初めてでした。最初の予定は、2~3年だったらしいのですが、気が付いたら走り続けてあっという間に、10年ひと昔。もうすぐで、50歳になるそうです。

a0310405_07213729.jpg
遠くなる後姿


この、2人の元若者たちは、いつまで・・どこまで走り続けて行くのでしょうかー・・。

また、この先も、短い出会いと別れを繰り返しながら、ずっと走って行かれるんでしょうね・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-05-31 07:31 | ハイキング日記(アイダホ) | Comments(4)

ASHLAND

こうして、たどり着いたオレゴン州は、

Ashland(アッシュランド)

・・なんですがー。
正直、2人ともびっくりしてしました。オレゴン州は、アメリカの中でも数少ないマリファナ(大麻)が、合法的に買える州でもあるんですが、それが悪い意味で、すぐ南のカリフォルニア州から多くの移住者を呼び込んでしまい、言ってしまえば、

ヒッピーの町

と化してました。そう、レインボーなあの方達が、住み着いてしまっているのです。
町全体はこじんまりして、町中を流れる小さな川と緑が溢れる素敵な環境にあるのですが、全体的に漂う退廃感がハンパなかったです。これまで訪れた他のオレゴン州の町とは全く違う雰囲気が漂ってました。さらに、残念なことに「Dog Unfriendly(犬に優しくない)」!! 
犬が芝生の上をリードなしで走り回れるのは、町が決めた幾つかの「Dog Park(犬の公園)」のみです。郊外にあるハイキングコースだって、犬を連れていた場合、700ドル以上の罰金が科せられます。


No ANIMALS(ペット禁止)No BICYCLES(自転車禁止)」のサイン
a0310405_12033546.jpg

「・・・つまらない町でしゅ。」
(つまらない町だッ←チャリ夫くん)


とにかく、禁止事項が多いんです!この他に「川で泳ぐな!」なんてサインもありました。
まあねえ~・・レインボーな方たちは、こういうの気にしませんからー・・町としても、こう言った公約を増やしていくしかないんでしょうけどねえ・・。

チャリ夫くんがお勉強している間に、デイジーをお外に連れて行ってあげたかったのですが、知らない町で、この禁止事項の多さ。どこへ行っていいかもわからず、すっかり途方に暮れてしまいました。取り敢えずネットで調べた、町中の「The Dog Park」のフェンスの向こうに川が流れているのを見て、デイジーを連れて行ってみたらー・・

a0310405_12271971.jpg
「取り敢えず、ここはなんだか涼しいでしゅ。」


そこで、同じように犬を遊ばせていたカリフォルニア州から移り住んできたばかり・・・と言う女性に出会い「The Bear Creek Greenway」なるものを、教えていただきました。
Ashlandから4つの町にまたがって続く、川沿いの長~い散歩道です。そのホンの一部が、このドッグパークから歩いて行けるとのことでしたので、一緒にお散歩させてもらうことにしました。

a0310405_12343108.jpg
秘密のビーチまで教えてもらいー・・


この女性も、移り住んだもののどこへ犬を連れてってよいかわからずに、町のウェブサイトで調べて、色んなドックパークへ行ってみたそうです。「でも、このグリーンウェイが一番自然に近くてよかったわね。」・・やっぱり、自然に近い形で犬と触れ合いたいと持っているのは、飼い主ならみんな同じなんだなあ・・と改めて思わずにはいられなかったです。

a0310405_12365141.jpg
暑い日だったので、子犬様も日陰を歩きます。


一緒に連れていたマルチーズが14歳とご高齢だった為、その女性とワンちゃんとはこの橋で別れ、ここからは1人と1匹でずーっと先まで歩いて行きました。

a0310405_01022111.jpg
道端には、色んな花も咲いていて・・西オレゴン州は、緑に包まれています。


「あ~、よかった・・ちょっとは、歩くことができて。」・・と感謝しつつ帰って来た1人と1匹を、待ち受けていたものはー・・

a0310405_01054072.jpg
なんと、ダニ・・!
(前回のダニより小さめだけど・・・見てるだけでカユイッ!)
(※参照 続・ふらふら日記「Rapid River Trail」


忘れてましたっ!標高が低い所には、必ずいるこのダニの存在を・・!
実はこれ、宿泊先に戻って着替えた時に、ポロッと服の中から出て来て、気が付いたんです。
いやもう、その後は服をはたいて隔離して、デイジーの体を隅から隅まで探しまくりー・・
もーー・・タイヘンでしたよ!

a0310405_01093487.jpg
「こらっ、おとなしくするんだっ!」

「自分で見えないので、よけい怖いでしゅ~・・。」


このダニってヤツは、本当にしつこいんですよーッ!戻ってすぐに、デイジーを洗ったんですが、それなのにその後、少なくとも2匹は見つかりました。しかも、生きたのがっ!
さらにダニは、頭ごと体内に食らいつくので、その頭を残さずに抜き取るのが至難の業なんです。もし、強く引っ張って、頭を残してしまうとそこから化膿してしまうしー。

ダニもいない、犬にも優しいここ「湖のある温泉地」は、もしかすると「最後の楽園」なのかもしれませんね・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-05-25 01:47 | 2016年-旅日記(オレゴン) | Comments(4)

春のお楽しみ会・報告

ご無沙汰してました~。「春のお楽しみ会3泊4日の旅」から、無事に帰ってまいりましたよ!
いやあ~・・長かったです。なんたって、今回の旅路はー・・

a0310405_03553016.png
この行程・・!

どこをどう走っても、9時間は掛かる走行距離です!初日は、2014年の秋に訪れた「Bend,Oregon(オレゴン州ベンド)」の友人宅へお泊りさせていただいたものの・・

a0310405_14535288.jpg

そこの家の犬達に占領された「デイジーのベッド」
(クリスマスにもらったおもちゃまで・・!)

a0310405_14540316.jpg
鷹狩りをされるご主人に見せていただいた鷹(メス・1歳半)


しかしその他は、ひたすら走り続けてましたね。さらに、多くの皆様が、ご想像したようにー・・


057.gif雨・雨・雨・・057.gif


アイダホ州とオレゴン州の境に掛かる橋を渡ってしばらくは、ものすごく暖かくて
「わ~、やっぱり下界はトロピカルだね~058.gif」なんて、ウキウキしてたのですが、そのうち前方に見えて来た真黒な嵐を見た時には、2人とも・・沈黙・・。

着いた「Bend」も、当然雨の中ー・・。
翌日もさらに雨で、当初の予定では「Ashland」の途中にある「North Umpqua Forest」で、ハイキングとマウンテンバイクをする「お楽しみ会」のはずだったんですが、結局寄らずにそのまま「Ashland」へ下りてしまいました。

でもさすが、チャリ夫くんですね~。
その翌日「お勉強会の日」は、ものすご~く、いいお天気でした 笑)
そんな「Ashlandへの旅-3泊4日-」のうち、1人と1匹が歩いた町の模様と、それから翌日・・無謀にも帰り道に立ち寄ってハイキングを楽しんだ「North Unpqua Forest」の様子をちょっとだけご報告したいと思います。

まずは、こちら・・子犬様人生初めて出会ったアルパカ「スリーアミーゴズ」(←勝手に・・)
いやあ~、早かったですねー・・びゅーーーんっと、、逃げて行きましたよ。以前、トレイルで馬に遭遇した時とおんなじ反応でしたね。今回は、リードに繋がれてましたので、逃げ切れませんでしたが 笑)(※参照 続・ふらふら日記「子犬様、大ピンチ!」

a0310405_04173090.jpg
「だめでしゅっ、トラウマがよみがえりましゅっ!」
(完全に、腰が引けてます・・笑)


そんな、子犬様の大冒険もお楽しみしていてください056.gif


つづくー


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-05-24 05:05 | 2016年-旅日記(オレゴン) | Comments(2)

春のお楽しみ会

さて、明日からKAO達は、3泊4日でオレゴン州Ashlandへ行くことになりました。
チャリ夫くんの自転車のお勉強会に付いて行くんですが、付いていくのは1人と1匹だけでなくー・・。「春の嵐さん」「ネバダ州Rino市のお友達」そして「オレゴン州Bendのお友達」
・・が、マウンテンバイクを一緒に楽しむためにやって来るらしいです。

なんだか「お勉強会」だか「お楽しみ会」だか、わからない旅になりそうですね~?
・・まあ、2足歩行と4足歩行の1人と1匹には、あんまり関係なさそうなんですが、たまにここ「湖のある温泉地」を出て、知らない町へ出かけるのは楽しいことです。

この「春のお楽しみ会」の計画をご近所さんに話した時、真っ先にー・・

「まあ~!じゃあ、デイジーは お留守番 かしらっ??!!」

「いえ、デイジーも一緒に行くんですよ。」

「あら、そうなのーーーーー・・がっかりね~~。」

いや、それがあながち、冗談でもなく、それから会うたびに、

「オレゴン行きの予定は、決まった?デイジーは、お留守番じゃないの?」

・・と言われ、つい先ほども夕食前に若様と一緒にやって来てはー・・

「留守の間に、何かできることはないかしら??」

本当に、こんなご近所さん、サイコーですよね~・・037.gif

a0310405_13363729.jpg
フンフンフン~・・060.gif
(自分の荷物は、自分で詰めましゅ~。)

a0310405_13393982.jpg
「ふっ、完璧でしゅ053.gif



それでは、ちょっとの間、行って来ま~す!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-05-14 14:03 | 2016年-旅日記(オレゴン) | Comments(2)

水仙の花が、咲いたよ!

そうして、5月。
あんなに積もっていた雪も溶け、庭にやっと・・・

a0310405_13072200.jpg
「水仙の花が、咲いたでしゅ~!」

a0310405_13370642.jpg
こちらの品種は、花が重すぎて自分で立っていられないんですね。
なので、切ってキッチンの窓に活けてます。


いやもう、本当に今か今かと待ってましたよ~。なんたって、うちの水仙はー・・

a0310405_10332995.jpg
・・・だったんですから!(※参照 「蛍の光・窓の雪」)


町の水仙は、すでに咲いてたんですけど、この大きな森の小さなお家では、雪がなかなか溶けなかったので、時期を逃すんじゃあないかと、ヤキモキしてました。でも、自然の力って偉大・・。あんなにたくさん積もっていた雪の下でも、ちゃ~んと生きてたんですね~。

それでも、約3週間前のチャリ夫くんのお誕生日は、さすがのこの天気でー・・

a0310405_13083103.jpg
「お誕生日おめでとうございましゅ。やっと、並びましたでしゅね。」

「えっ?」


こちら、嵐を呼ぶ男も、健在です 笑)
なので、ほんと~に春が来るのか、心配でした。さらに、今年は雪が多かったので、この辺り一帯はしばらく、ぬかるみになるんじゃないかと思っていたのですが、ご近所さんちの敷地内に、巨大な湖を作っただけでー・・

a0310405_13354059.jpg
地図に載っていない湖「Lake Mary」
(・・って、うちでは呼んでるの。←ご近所さん談)


そうして、ついに、今か今かと待っていた、例のアレも姿を見せ始めました・・!!

a0310405_13384887.jpg
チビ・モレルキノコです!!


裏庭で発見した時、頭の中を「ベートーヴェン 歓喜の歌060.gif」が、流れましたよ~笑)

まだまだ、キノコ狩りに出かけるまでにはなっていないのですが、もうすぐです!
ここ「湖のある温泉地」にも、ついに春がやって来ましたよ~018.gif056.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-05-12 13:54 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(2)

旅の記憶・おしまいに・・。

「旅の記憶・おしまい」は、やっぱりおばあちゃんのことを書いておきたいと思います。

最期の最期には間に合わなかったけど、それでも無事に2人して日本に帰ることができ、四十九日と納骨を済ませると、なんだか気持ちがほっとしました。当日は朝から本当に忙しく、唯一知っている日本語「はじめまして、私の名前はチャリ夫です。」を呪文のように唱えながら、親戚中を歩き回っているチャリ夫くんを目の端に、こちらはこちらで約4年ぶりの再会に忙しくー・・。
あ~、もっと時間があったらよかったのにー・・と改めて思わずにはいられなかったです。

それでもこの滞在中で、総勢約23名の親族に会うことができ、それもこれもおばあちゃんのお陰だなあー・・としみじみしたものの、やっぱり最後にひとめ会いたかった・・・声を聞きたかった・・と言う思いも消えません。

納骨が済んだ後、数年前におばあちゃん自身が写真館に出向き、遺影用に撮った写真を、亡くなったおじいちゃんの隣りに並べながら、

「とうとう、おらんようになってしまったねえー・・。」

と言った、おばさんの言葉が忘れらせません。
だって、本当にいつもいたんです。勝手口を開けると部屋の中に、天気のいい日は外で庭仕事ー。
そう、いつ行っても「いない」・・と言うことがなかったです。でもね、それが本当にもういないんだと思うと、心から寂しいと感じました。もうみんなが、この家に集まることもないのかー・・と思うと、それも余計に寂しかったですね・・。

そうして、四十九日と納骨を無事に終えた、翌朝8時。私たちは、再び長い帰路に着きました。
えーえー、あの「トワイライト・ゾーンの旅路」です。
(※参照 続・ふらふら日記「なんにも変わらない朝」

今回の滞在は、本当に目まぐるしくあっと言う間だったので、帰って2人ともしばらくは放心状態になってました。チャリ夫くん、買い出しに行ったスーパーに入るなり、ボーゼンと立ち尽くし、

「アメリカのスーパーは、つまらない!」(いや、ここのスーパーは特別。田舎だし。)

初めて「里子心がつく」・・と言う言葉を実感しました。毎日が盛りだくさんだったのもあるし、常にチャリ夫くんと一緒だったので、家族でゆっくり会話する時間もなかったように思います。

そんな最後の日に、父親が送ってくれた絵本の1ページを思い出しー・・

a0310405_01220573.jpg
絵本「勇気ーCourage-」
著)Bernard Waber 訳)日野原重明


色んな別れがあるとは思うのですが、これが最後かもしれない・・と思うと、なかなかサヨナラが言えないものです。空港での別れの後、飛行機の窓からずーっと家族の姿を探していたKAOに、

「大丈夫。みんなきっと見てるよ。あっ、キミのお母さんが走ってるよ!飛行機より早く!」

・・チャリ夫くん、70歳を超えた母親が、常に自分達の前を小走りに掛けて行く姿にいたく感銘を受けたようでー・・。

「あの姿をビデオに撮っていいか、聞いてくれ。」(いや、聞かなくてもムリでしょう?)

a0310405_02284023.jpg
やっぱり、見てました!

こちらは後日、KAO家ご息女様から送られて来た、私たちが乗った飛行機の写真。離陸前です。


そうしてこれが、絵本の最後。
a0310405_02305613.jpg
2人と1匹が、励まし合って暮らす「なんにも変わらない朝」


それでも、チャリ夫くんが「絶対、来年も帰りたい。」と言ってくれたので、まずはよかったのかな・・と思っています。次は、気候のいい時期に、自転車を持ってー・・それまでー・・

a0310405_02364017.jpg
その日を、夢見つつー・・

(チャリ夫くんの腕を枕に、すやすや眠るデイジー)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-05-10 02:59 | 2016年-旅日記(日本) | Comments(6)

旅の記憶-しまなみ海道編-

「旅の記憶・観光編」の最後はー・・


しまなみ海道・・・です!!


「しまなみ海道」とは、広島県尾道市から香川県今治市を結ぶ、約70kmに渡る海の道です。
瀬戸内の島々を結ぶ7つの橋からなっており、1999年に全開通しました。また、日本で初めて「自転車・歩行者専用道路」が設置された橋で、全線がつながっているのも特徴のひとつです。

この海道ができたことにより「坂の町・尾道」は、なんとー・・自転車の町・尾道」へと様変わりしたんです・・!!

しかもですねー、開通当時は、単なる観光用のママチャリがほとんどだったのに、現在はなんとー・・

a0310405_12322722.jpg
本格的なロード・バイクが、走ります・・!!

a0310405_12415954.jpg
そしてこちらは、今夜のお宿、港倉庫を改造してできた「Hotel Cycle」

a0310405_12465150.jpg

ホテルの中に自転車屋さんが入っている上に、お部屋の中にも、自転車が持ち込めるんです。
ムリヤリお願いして仕事場の様子を見せていただき、チャリ夫くん、ウキウキ~060.gif  

a0310405_12470702.jpg
ショップのガラス・ウィンドウには、しまなみ海道の地図が描いてあります。

a0310405_12421063.jpg
カフェのガラスに写る「尾道水道」


これって本当に・・サイクリストにとって、夢のような環境なんです!
でもねー・・・でもねー・・なんだか、もうちょっとー・・なんですよねー・・。
アイディアは出揃っているものの、全体的にまだうまく機能していない・・って感じがします。
なんたって日本の自転車産業はー・・

a0310405_01500992.jpg
こちらが主流。(尾道駅前の駐輪場)


実は、アメリカには「Bike Friendly Cities(サイクリストに親切な都市)」なるものが存在します。オレゴン州のポートランドなんかは、車道と同じくらい大きなスペースの自転車専用道路が街中を走ってますし、州都Boiseにも、自転車のメンテナンスをするバーや空気ポンプが通りに立っていたりします。確かに尾道駅の横にも、自転車の組み立て場所があったんですが、本当に単にスペースを貸しているだけ・・って風情で、もう少し何とかならないのかなあ~・・と言った感が否めませんでした。

でも、交通量が多い上に道路が狭く、トンネルの多い日本の土地柄は、実際のところロードサイクリングには向いてないですよね~。それでも「自転車で日本を旅してみたい・・。」と思う人はいっぱいいると思います。そんなサイクリストの夢を叶えてくれる「しまなみ海道」には、いつか世界の「Bike Friendly Cities」の仲間入りを果たして欲しいものです!

ーーー

さてー・・そんな「しまなみ海道」をバスで渡って今治まで着いた後は・・

a0310405_08121930.jpg
手打ちの讃岐うどんに舌鼓を打ちー・・


今度はフェリーを乗り継いで広島県三原市まで戻ることにします。今治港から遠く見える、雪を被った四国連峰の山並みを眺めつつ、今渡って来た橋をくぐりー・・

a0310405_06120291.jpg

因島と生口島に掛かる「生口大橋」※しまなみ海道の橋の紹介


いや、本当に素晴らしい景色の連続だったんですけど、フェリーの窓が汚れ過ぎてて、あんまりきれいな写真が撮れませんでした 涙)

瀬戸内びいきだから言う訳ではないんですが、ほんと~に「しまなみ海道」は、よかった!
何よりも「自転車を身近に感じられる町」・・と言うのがいいじゃあないですか?
久しぶりにいとこや親せきに出会えたのも楽しかったしー・・!

今度帰って来た時には、絶対に自転車で走りますー!!それまでー・・

a0310405_06582663.jpg
「特訓でしゅねっ?!」

(自転車の後ろに連結して走る、犬用トレーラーを見つめるデイジー)


・・えっ?アナタ様が、ですか??・・・まあ、いいや。はいっ、これから春の特訓ですよ~!!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-05-05 08:02 | 2016年-旅日記(日本) | Comments(2)