お留守番のご褒美

さて~・・約2週間と言う長い間、イイコでお留守番してくれていた、子犬様へのご褒美は・・・


\じゃじゃ~ん!/
a0310405_14594835.jpg
「はっ、見覚えのあるあの足・・!!!」

a0310405_15092875.jpg
「そして、この匂いは・・・。」


スルメイカッ・・!!(でしゅねっ!)


・・・のゲソです・・040.gif(えっ?)
ごめんなさい。いや、まるまま1匹のスルメイカが、見つからなくって・・(イイワケ?)

a0310405_15025418.jpg
ペロリ~053.gif

a0310405_15042452.jpg
パクリ~053.gif


・・・待ち遠しいのはわかるんですが、焼かないと食べられないんですよ。

a0310405_15131360.jpg
「・・・なら、早く焼いてくだしゃい。」
(ワタクシ、もったいぶられるのはキライなんですのよ。)


はいはい。それじゃあ、今夜のアテ(?)は、ゲソ1丁ですね~!
お留守番、ごくろうさまでした~018.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-03-31 15:30 | 2016年-旅日記(日本編) | Comments(2)

なんにも変わらない朝

約2週間の日本帰国の旅を終え、ここ「湖のある温泉地」へ、再び帰ってまいりました~!

060.gif~・・長く~つらい~旅路の~果てに~・・007.gif060.gif

いやあ~、なんたって、今回選んだ航空券がー・・

(3月6日)
ボイシー 16:25発 ーー> ラスベガス 17:05着
ラスベガス 19:05発 ーー>ロサンゼルス 20:10着

(3月8日)
ロサンゼルス 00:05発 ーー>上海 6:10着
上海 17:30発ーー>広島 20:10着

この飛行時間と距離は、本当につらかった・・。
そもそも、太平洋を越えるだけで、いやだったんですけど、チャリ夫くんの「安いしー065.gif
・・の一言で、不承不承買った航空券だったんですが、もう2度と買うことはないでしょうー。

・・とは言え、夕方のフライトなので、その日の朝まで働いていたKAOだったんですが、さすがに「嵐を呼ぶ男」ですねえ~。正午前に、突然ものすごい猛吹雪が町を襲いはじめ、急きょ予定を早めバタバタと旅立ったわけなんですが、とにかくアメリカ西海岸一帯が荒れており、どの飛行機も揺れる~揺れる~・・。心は、、、いや、その悪夢の夜間飛行はまるで・・

・・トワイライト・ゾーン・・・(チャラララ・チャラララ~・・060.gif

チャリ夫くん、緊張と恐怖で体が冷え切っちゃって、手の平に汗はかいてるし、神経質に何回も窓の外眺めては、パニック症状で過呼吸になるしー・・もータイヘン。

なんとか飛び越えた太平洋も、上海空港が悪天候と霧に覆われて、数回着陸を試みたものの結局、旧上海空港へダイバート。そこから、シャトルに揺られて車窓観光よろしくー

a0310405_01334737.jpg
上海の朝のラッシュに巻き込まれー・・009.gif

a0310405_01354292.jpg
も~、霧だか、スモッグだかー・・。


新しい空港が川沿いに移ってからは、霧の発生率も高くなり、上海の80%は、こんな天気だそうです。こうなっては、上海観光に出かける気も薄れ、嵐が過ぎ去るのをひたすら空港で待っていたのですが、当然広島行きの飛行機も約1時間遅れ。帰りは、帰りでー・・

広島 9:20発 ーー> 上海 10:05着
上海 13:25発 ーー>ロサンゼルス 10:05着

ロサンゼルス 16:10発 ーー>サクラメント 17:30着
サクラメント 19:00発ーー>ボイシー 21:15着

「嵐を呼ぶ男」その本領を発揮したのか、アメリカ北西部を再び嵐が襲っており、最後の飛行機が約15分遅れで飛び立ったものの、まあー、揺れる揺れる・・(チャラララ~・チャラララ~060.gif
到着後は、そのまま車を運転して帰る予定だったのですが、道中も雪のようなので、夜間の運転を避け、ボイシーで1泊。翌朝、車を運転して帰り着いたのが10時30分。そんな疲れ切った2人をお迎えてしてくれたのが、このー・・

a0310405_14252689.jpg
2匹!!


そう、今度は、入れ違いで若様がうちにご滞在なんです~!
こうやって、一晩中降った雪の上をいつも通り1人と2匹で歩いていると、なんだか本当にー・・

a0310405_14275875.jpg

なあ~んにも変わらない朝


相変わらず、雪も残ったまんまだしー。それでもー・・


\若様、地面の下から、ヘンな音が聞こえましゅ。/
a0310405_14293273.jpg

「そろそろ、モグラが起きて、土の中を動き回っとるな。」

a0310405_14310099.jpg
「春の小川が、サラサラ流れてましゅね~。」


ぽかぽか春の~陽ざ~しに、谷間の雪~も溶け出して~・・060.gif

いつの間にか、冬時間が終わって、夏時間になってましたしー・・。
やっぱり、一歩づつ春に近づいているのかな・・??


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-03-30 14:51 | 2016年日記-(日本-旅日記) | Comments(4)

デイジーの歌

さて、2月の終わり。
ご近所さんが旅行に出かける前の日、なぜか家に、チャリ夫くんの同僚のガールフレンドが彼らの犬を連れて来てー・・

「今夜、Boiseに泊まらないといけなくなったので、Bailey(メス犬 14歳)を一晩だけ預かってもらえますか?」

・・はあー。ま~、いいですよ。
明日の朝には、レンフローくんもやって来るし、犬の1匹や2匹、3匹はー・・

a0310405_15020217.jpg
「よきにはからえ。」
(若様、犬の大奥ですね~053.gif


子犬様にとっても、知らない犬ではないのですがー・・この自由気ままな年の離れたお姉さまに

a0310405_15115528.jpg
「それ・・デイジーのベッドでしゅ・・。」


・・・と、思っていても、なかなか強く言い出せないようでー・・笑)


そんなこんなで、予定では2月29日に日本へ向けて出発するはずだったんですが、まだここ「湖ある温泉地に」います。と言うのも、2人揃って「四十九日の法事」に、参加することを決心をいたしました。もう、こうなったら変更に変更を重ねて、意味のある帰省にしたい・・!
そんな思いで、再び変更しようとしたんですが、なかなか思うようには進まずー・・。

本当は、3月の後半から4月上旬に掛けて、四十九日の法事と桜前線を追いかけつつ、一緒に帰りたかったのですが、4月になると「冬季労働者達」が、一斉に町を離れて行くため、暇な時期にも関わらず、人手が足りず・・。さらに、またまたご近所さんが、3月21日から最後の春休みに出かける為、デイジーは預けられず、レンフローくんのお世話もしないといけなくなりー・・。
とにかく、その合間を縫って(!!)私たちも、帰省することに決めました!

明日、出発です!!

そうこう決まったら、途端に忙しくなって、バタバタと荷造りをし始めたKAO達を見てー・・

a0310405_15192530.jpg
「デイジーも行くんでしゅ~。」
(お気に入りのおもちゃも、一緒に持って行くんですね??)


・・・ごめんね、今回は、お留守番なんですよ。
「デイジーの歌」を歌いながら旅立つので、イイコにして待っててくださいね。





「デイジーの歌」
Anna Kendrick - Cups (Pitch Perfect’s “When I’m Gone”)


・・と、言う訳で「ふらふら日記」しばらくお休みします!
また帰って来たら、たくさんの写真と共に更新しますね。

それまで、皆さま、ごきげんよう~029.gif

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-03-06 15:52 | 2016年-旅日記(日本編) | Comments(0)

祭りのあと・・・

さて、1月末から始まった「ウィンターカーニバル2016」が、2月最初の週末で終わりを告げた途端、ここ「湖のある温泉地」は、みるみる暖かくなって来ました。
今年もたくさんの人達が訪れて、そして去って行った約2週間。そんな嵐の後の静けさの中で、
1人と1匹が再び向かったのは、ここー・・

a0310405_07590606.jpg
凍った「Payette Lake」
(雪の中に佇む、マリーナの杭)

a0310405_08033212.jpg
まだまだ、マリーナは雪の中・・・。

a0310405_08051317.jpg
夏に湖を行く遊覧船も、氷の中に閉じ込められたままです。

a0310405_08130027.jpg
そうして、公園のブランコも。


それでも「ウィンターカーニバル2016」の終わりを待っていたかのように、途端に暖かくなった「湖ある温泉地」。日中の気温が、3℃まで上がる日々が続き、まるで春のような陽気です!
・・・でも、まだ3℃・・なんですよねー。当然、湖が溶けるまでは暖かくはなってません 笑)

でも、これまでの寒さを考えると、春の訪れを感じられずにはいられない、この青空と日の高さ。

a0310405_08192754.jpg
広がる白い大雪原・・?!

どこからどこまでが、陸で湖なのか、区別がつかないです。

・・と、ふと足元を見ると、凍った湖とマリーナを背にこの方がー・・

a0310405_08232577.jpg
「フリスビー、投げてくだしゃい。」


はいはい。凍った湖の上で、遊べるのもあと少しですもんね。
春は、もうすぐそこまで来ていますよ~056.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-03-05 08:40 | 2016年日記-(ID編) | Comments(0)

三人三様の冬遊び

さて、この冬のお休みと言うお休みは、朝早くからお昼過ぎまでスノーボードとスキーにいそしんできたKAO達、2人。当然、この方はその間、一匹寂しくお留守番を強いられていまして・・。


a0310405_03482844.jpg
「い~んでしゅ。ど~せ、デイジーはお留守番なんでしゅ・・。」


いや、しかし、KAO達が働いている間も、お留守番。
せっかくのお休みもお留守番・・・では、なんだか申し訳ない気持ちになって来てー・・。
この日は、2人と1匹で、久しぶりに一緒にやって来ました・・

a0310405_03502438.jpg
「Pet Area」・・! 
(※参照 続・ふらふら日記「Brundage Mountain」)


覚えてますかー?
子犬様、初めての冬に歩いた、スノーシュー。
しかし、昨年歩いたスノーシューのトレイルが見当たらずー・・と思っていたら、

a0310405_03581192.jpg
なんと、雪に埋まってました!


例年以上の積雪に、ひたすら歩き続けるだけでは、トレイルを整備しきれなかったんでしょうね。

・・・と言うことは??
ここは、自由に歩き放題!!自分たちのトレイルが自由自在に作れるじゃあないですか??

a0310405_04005516.jpg
走り去るスノーモービルにだけ、気を付けてーー(パラリパラパラ~060.gif

a0310405_04082793.jpg
スキー場の喧騒を、遠くに眺め・・

a0310405_04090610.jpg
野生動物のように、自由自在に歩く雪の上ー・・



これぞ、スノーシューの醍醐味じゃあないですかっ!!

そうして、この方は、雪ソムリエの志も高く、今日も空高く舞い上がります。

a0310405_04121599.jpg
「ひゃっほ~っい~!アイダホの雪、サイコーッ!!」


三人三様の雪遊び。みーんな嬉しい、休みの日053.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 野遊び・森遊びへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-03-03 04:36 | アウトドア日記(冬) | Comments(0)

逃げる月

2月が終わりますねー。しばらくご無沙汰いたしておりました。ふらふら日記、久しぶりの再開でございます。こんなに間が空いたのには、理由がありましてーー・・。

先日、母方の祖母が亡くなりました。

1月末頃から具合が悪くなり入院していたのですが、2月の半ばに永眠いたしました。

実は、この4月に初めて2人一緒に日本に帰ろうと、航空券を手配していたのですが、この連絡を受けて、急きょ私だけ1人で先に帰ろうかー・・と、あちこちにあたったのですが、まず2月9日~14日まで、チャリ夫くんがカリフォルニアへ出張に行く為、その間、デイジーを預かってくれる人が見つからず、またちょうど今月末にご近所さんが1週間ほど旅行に出かける為、レンフローくんのお世話をする約束をしており、さらにチャリ夫くんのBoise日帰り出張も重なり、色々話し合った末、ご近所さんが戻って来る29日の夕方から2人一緒に出発しよう・・・と、航空券の変更をしたのですが、それを待たずして亡くなってしまいました。

すると、なんだかポッカリと心の中に喪失感みたいなものが出て来て

「あれ?なんで日本に帰るんだっけ?」

・・と、しばらく何もする気がおきませんでした。亡くなるちょうど前の週に、人口3,000人のこの小さな湖のある温泉地に住む、唯一の日本人女性とうちでお茶会をしたのですが、彼女曰く
「私は、おばあさんが亡くなったのを教えてもらえなかった。」
いとこのFacebookに「おばあちゃんの遺品」が載っていて「どう言うこと?」と、実家に問い合わせて、初めて判明したそうです。

「あんたは、遠い所におるから教えんかった。」

と、言われたそうです。
海外に住んでいても、日本国内に住んでいても、駆けつけられないところに住んでいれば、同じだと思うのですが、それはこちらから見ることであって、海を越える時間と距離の違い・・は、やっぱりあると思います。さらに、こんな田舎に暮らしていると、何かあった時に、すぐに出かけることができませんし。(州都とは言え、Boiseには国際空港はありません!)

それでも、スカイプのビデオ通話で告別式場の様子や、最期のお顔を見せてもらって、色んな話を聞いていると、なんとなく落ち着いて来て「さよなら」を言える気持ちになって来ました。
何度、命を見送っても、これでいいと思うことはないと思います。今でも、もっと何かできたのではないかー・・と言う思いが消えないのですが、何度思い返しても苦しくて涙が出るような後悔でなければ、それでいいことにしなければならないのかな・・と思ったりしています。

最後におばあちゃんに会ったのは、2012年の夏に香港から帰った後のこと。
約1週間くらい、泊まっていました。(※参照 ふらふら日記「早い話が・・? 」)

そんなある日、一緒に夕飯を食べていた時の事。

「ほぅ、満月が上がって来たぞ。」

ちょうどおばあちゃんが座っている場所の真正面に、日没とともに満月が上がって来たんです。
なので、2人して部屋の明かりを消して、大きな満月上がっていくのを、ずーーっと見てました。

「ええ満月じゃの~、拝んどこうか。」

と、パンパンと手をたたくおばあちゃん。


a0310405_04385488.jpg
アイダホの満月



それでも、その翌朝。おばあちゃんは一緒に満月を見たことを、ひとつも覚えていませんでした。
「あ~・・これが、物を忘れると言うことなのかー・・」と、ちょっと愕然としましたが、不思議に悲しい気持ちはなかったです。おばあちゃんが忘れても、私が覚えていればいいかー・・と。

それは、ちょうどー・・

a0310405_04260901.jpg
「デイジー、頭の上に、満月が上がって来ましたよ。」

「ホントでしゅかっ?!」(・・・満月ってなんでしゅか?)



音も匂いもなく、静かに上がって来る月を、子犬様が見上げたりすることはありません。
それでも満月の夜に、一緒に散歩した楽しい思い出は、心の中にいつまでも残っているー・・


・・・そんな感じでしょうか?


おばあちゃん、楽しかったねー。いっぱい思い出を、ありがとう。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-03-01 13:04 | 2016年日記-(ID編) | Comments(4)