再びの「Daily Daisy Magazine」

こうして、夏の終わりを告げる「Labor's day」が過ぎた途端、突然ひっそりとした、ここ「湖のある温泉地」。
なので、2人して例年より少し早く、南へと降りることに決めました。
昨年9月にチャリ夫くんだけが参加した「Inter Bike展」が、今年もまたラスベガスで行われる為、参加ついでにフェニックスまで降りちゃえーーと、無謀にも考えたワケなんです。

しかし、まだまだ暑いアリゾナと、眠らない街ラスベガスに子犬様を連れて行くことは、少しためらわれーー。
ご近所さんにお願いして、約10日間ほど、お泊りをさせてもらうことに決めました。
この夏、KAOが働いている間、頑張ってお留守番をしてくれた子犬様に、またまた、長いお留守番をさせるのは、本当に心苦しかったんですが、デイジーのことを考えるとこの選択が一番いいと思われ、泣く泣く決断しました。そんなKAO達の気持ちを察してか、ご近所さんから毎日のように(本当に毎日なんです!)送られてくる

「Daily Daisy Magazine(日刊デイジーマガジン)056.gif

これが旅先での1番の楽しみと言っても過言でないくらい、2人して毎日毎日、心待ちにしてました。でもねーー

a0310405_12580265.jpg

初日「お腹はいっぱい。でも、胸はいっぱいにならない。」

a0310405_13042375.jpg

「楽しいお散歩。でも、岩の上から、2人の姿を探すことは忘れない。」


・・とかさー、送られてくる写真に、いちいち妙なタイトルつけられると~・・・(苦笑)


a0310405_13355134.jpg

「トマトの収穫のお手伝い。自分を褒めてあげたい。」

a0310405_13481371.png

「これからデイジーのことは ”閃光” と呼んでくだしゃい!」


・・・・なぁ~んて言う、素敵なのも、もちろんあるんですよ!

こんな風に、いかにもご近所さんらし~い写真と文章で、毎日送られてくる「日刊デイジーマガジン」。
今回の旅の中で、間違いなく、1番のハイライトでしたね 笑)

そんな旅のお話は、また駆け足でさせていただくとしてーー、まずは、若様とくつろぐ子犬様の姿からー・・

a0310405_13594202.jpg

「なぁ~んの冒険もない、午後」

(若様が寝てるの、デイジーのベッドなんですケドね・・ムリヤリ入ってる・・009.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2015-09-26 14:20 | 2015年-秋・旅日記(ネバダ) | Comments(0)

夏の終わりとアイスクリーム横丁

ごぶっっっっ・・・沙汰しておりました。お久しぶりの「ふらふら日記」でございます。
気が付けば、あっと言う間に、9月も終わりが近づいて・・・。

こんなに間が空いてしまったのは、再びパソコンの調子が(買ったばかりなのに!)おかしくなり、リカバリを繰り返していたのもあるのですが、夏の終わりの駆け込み時期に、しばらく町で働いておりました。それが・・


a0310405_10585720.jpg

アイスクリーム横丁!

a0310405_11344082.jpg

その名の通り、小さな横丁に存在する創業30年以上の、町で一番忙しいアイスクリーム屋さんです。
夏の間しかオープンしないのと「マウンテン・サイズ」と呼ばれる大盛のアイスクリームが人気で、毎日通りの向こうまで行列ができるほど、有名な所です。

6月の半ばに、やっと「労働許可」が下りたものの、すでにシーズンが始まってしまっていたのと、身元を保証する人がこの町にいないこともあり(アメリカでは、身内以外の少なくとも3人の身元保証人が必要です。)
難航していた就職活動。ところが、8月中旬を過ぎると学校が始まるため、アルバイトの学生達がいっせいに学校へ戻ってしまうんですね。そのため、やっと仕事の空きが出て来たんです。さらに、お知り合いからの紹介だったため、やっと手に入れられた待望のお仕事だったんですが、いや、ちょっとー・・迷いましたねー・・。

ニュージーランドを出て、早1年半・・。「労働許可」を待ちつつ、半ば引きこもりのように、子犬様と過ごす日々から、いきなりの社会復帰のお話に、前の晩はドキドキして眠れないくらいでした。さらに、この甘いものオンチなKAOが、地元の女子高生達に混じって、注文を取ってアイスクリームをすくうことができるのかー・・??

ーーと心配していたのですが、60歳を過ぎたオーナー夫婦も一緒になって、学校帰りの女子高生達が来るまで、この「穴埋め作業」を行っていたので、まあ、ギリギリセーフ??平均年齢を上げつつも、楽しく働くことができました 笑)

なので、今じゃあーー

a0310405_11453850.jpg

これくらいの種類のアイスクリームの味と・・・

a0310405_11561395.png

トッピングの数々と・・
「サンデー」「クリームソーダ」「フリーズ」「スムージー」「フロート」「ホットファッジ」・・
・・などの違いが、わかるようになりました!
(食べなくとも、甘通です!)

a0310405_12020382.jpg

カラフルで豊富な味の数々・・!


大人も子供も、み~んな大好きアイスクリーム♪
ドンドンと積まれていく大盛りのアイスクリームに歓声を上げる子供達。
「孫を喜ばせてくれて、ありがとう。」とニコニコ顔のおばあちゃん。

・・いいなあ~、もしかしたら、アイスクリームは世界を救うのかもしれない・・(すくっているだけに??)
・・と、思っていたらー・・


a0310405_12122498.jpg

「犬も好きだと思いましゅ。」


あっ!
KAOが働いている間、お留守番をしてくれていた、この方のことを忘れてました!(目が笑ってないよ~!)

いや、確かにーー。
自分のとは別に、犬用のアイスを一皿注文した方も、いらっしゃいましたしー、、

そんな「アイスクリーム横丁」も、夏の終わりを告げる9月第1月曜日の公休日「Labor's day」を最後に、長い冬のお休みに入ります。


a0310405_12355470.jpg

「なんだか、寂しいでしゅね~。」


ほんとうにねーー・・。アイスをすくい過ぎた手首が痛んで、眠れないこともあったけど、やっぱりお仕事をして、色んな人と出会うのは、楽しかった。来年また、この横丁にアイスを食べにやって来ようね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2015-09-24 13:13 | 2015年-日記(アイダホ) | Comments(0)

ある日、森の中・・

そんなハックルベリーのシーズンの終わりとともに始まった

山火事

今年は最大規模で燃え続けていて、今でもあちらこちらで発生し続けているんです。朝晩の気温が低くなって来たとは言え、十分な雨も水もないこの地域で、これだけ複数の山火事が同時進行してしまうと、どこから手を付けていいのやら・・と、消防局も頭が痛いようです。

このところ、毎日のように、頭上を飛んで水を運んで行くヘリコプターや飛行機をを見て、あ~・・早く沈下しないかなあー・・と祈る日々。町も森も煙に包まれて、せっかくのいい季節なのに、ハイキングもマウンテンバイクも思うように楽しむことができません。そんなある日、いつもの散歩道から、ふと西を見ると・・

a0310405_01433712.jpg
さらに、大きな山火事の煙が湧き上がってました!


この巨大な煙の雲、30分前まではなかったのに、ふと見上げたらこんな風にモクモクと立ち上っており、まるで火山の噴火を思わせる規模と勢いで「えっ!アイダホって活火山あったっけ?」と、真剣に驚いてしまいました。

あ~・・ホントにもう、山火事はいいのよーー・・

そんな風に切に願っているのは、私たち人間だけではないようでー・・。
ある晩、裏庭から聞こえてきた物音に、扉を開けてみたら・・

a0310405_01474655.jpg
なんと庭先に、ブラックベアが・・!!


この山火事で追いやられて来たのか、山に食べるものがなくなったのか、とにかくこの町に引っ越して来て、初めてお目に掛かりました。実は、裏庭のデッキに置いてあった「Traeger様(ミラクルボックス)」と「ペレット(燻製用の木片)」を引きずって、森の方へ持って行こうとしていたんです!

a0310405_01561471.jpg
裏庭にばらまかれたペレット。
わかりますか?クマが引きずって行った通りに、ずーーっと、道ができているのが・・。


リンゴの木の木片だったので、いい匂いがしたのかなあ~・・って、話してたんですが、引きずっている途中で食べ物ではないと気が付いたのでしょう、庭の先の方で袋ごと放置してました。


しかし、ミラクルボックスの方は・・・

a0310405_12061069.jpg

付属の小さなバケツが・・見事に、潰されてました・・涙)



そうして、裏庭のデッキと言えば・・・「青空マッサージ・ルーム」!!

常日頃、裏庭のデッキにミラクルボックスを置くのを、あまり好んでいなかったKAOに(だって、スモークしている間、マッサージできないし!)チャリ夫くんはーー・・

「キミが、クマを差し向けたんだろーーっ!」

いーーーや、KAOだって、充分被害者だからーー。
だって、裏庭のデッキに置いていた、マッサージに必要なボルスター(クッションのようなもの)が・・・


a0310405_12173452.jpg

がぶっ・・とやられてました!(しかも、クマのよだれつき!)


これを見た時は「一体、何だと思ったんだろう??」と・・思いっきりかじったクマを想像して、思わず笑ってしまったのですが、後でー・・

「こんなものかじるなんて、よっぽどお腹がすいていたんだろうなあ~」
・・と思ったら、なんだか切なくなってきてーー・・涙)

人間はお腹がすいたら、レストランやスーパーマーケットに行けば食べ物がなんでも手に入るけど・・野生動物はそうはいかない・・。ましてや、今から冬に向けて一番食べ物が必要になってくる、この季節に・・。

本当に、早く山火事が鎮火して、平和な森が帰って来て欲しいものです・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2015-09-01 12:55 | アイダホ野生座談会 | Comments(2)