<   2014年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Farm to Market

「夏のおさらい・総まとめ」の最後に、KAOがこの夏、最もそして今も自転車で走り続けている道をご案内します。それは、

Farm to Market Rd.

この道は、大好きな裏道「Roseberry」から「湖のある温泉地」へとまっすぐ続いている、その名の通り「農場(Farm)から市場(Market)」へと物資を運ぶ、今は昔の表道(高速)です。


a0310405_04373945.jpg


Farm to Market -春-


a0310405_05103063.jpg


自転車とパチリ。


そして道の途中には、この地域に多く見られる大きな赤い納屋が次から次へと現れます。


a0310405_04314442.jpg


丘に佇む赤い納屋。


a0310405_04325456.jpg


木々の向こうにも見えます。


a0310405_04433543.jpg


今も使われているのかでしょうか??なんだか味わいのある佇まいです。


a0310405_04345645.jpg


Farm to Market -秋-

その道の終わりには、当然ながら・・・


a0310405_04470377.jpg


湖があり、そして・・


a0310405_04461036.jpg


ファーマーズマーケット(市場)があります!!


6月になると、週に2回開かれるファーマーズマーケットには、農家の人達のたくさんの自慢の品々が並びます。しかし10月も終わりに近づくと、その数は徐々に減って行き・・・秋の終わりを感じさせます。(さみしいなあ~・・)

それでも、まだ頑張って新鮮なお野菜をぎりぎりまでお届けしている農家の皆さん!
この夏、ファーマーズマーケットには大変お世話になりました!新鮮且つ珍しい野菜や果物の数々・・。その中でも、特に・・・

a0310405_05000183.jpg

これっ!


開けてビックリ・・のキュウリです!!
なんでも「レモンキュウリ」と呼ばれているらしく、全体的に柔らかくてそのまま切って食べやすいとのことです。確かに瓜のような瑞々しさでした。その他にも見た目サクランボのような「トマトプラム」とか、ラズベリーのように小さくて甘~いブドウとか(デラウェアより小さいです。)色~んな味覚を、毎回たくさん楽しむことができました。

農家の皆さん!!お疲れ様でしたあ!また、来年も楽しみにしてますよ~~~っ 018.gif




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-22 05:23 | 2014年-日記(アイダホ) | Comments(0)

Canoe

この夏、1日1乗りのサイクリングやハイキングを楽しんだことは、もちろんのことですが、夏の湖畔の風物詩と言えば、やっぱりこれですよねー・・

カヌー・・!!

なので、この日はお仕事終了後、そのままカヌーを車に乗せ、湖に近い川口へと上がって来ました。森の中を流れる川は、穏やかで緩やか~・・すぐ近くに見える川面が、まるで鏡のようにきれいです。


a0310405_04524081.jpg


これで夕方の7時過ぎ。風が涼しく、気持ちいいです。


a0310405_05393666.jpg

カヌーが進むさざ波で、この景色を壊してしまうのが、もったいないくらいです。


さてKAO達が、夏の風物詩カヌーを楽しんだのはもちろんのこと、この方にとっては初めてづくしの夏の川遊び。本来だったら生まれてから3ヶ月目に受ける予防接種が済んでから、山や川に連れて行くのが好ましいのですが・・・にも拘らず、生まれて2ヶ月の子犬に厳しい愛のムチが飛びます。


a0310405_05482648.jpg


泳ぎます!!
(ムリヤリ!およげ~~~っ!)


a0310405_05512477.jpg


掘ります!!
(掘れとは言ってません!あ~ぁ、泥だらけ~。)


a0310405_05423967.jpg



カヌーから、落ちます!!
(川に落ちた直後の写真です。目がうつろ~~。)


そんな生後2ヶ月の子犬様の楽しくもユカイな(?)カヌー初体験ですが、


「また、来年も一緒に来てくれるかなぁーーーっっ??!!」



\・・・・・。/

a0310405_05545715.jpg


返事がないようです 笑) 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-21 06:17 | 2014年-日記(アイダホ) | Comments(0)

20 Mile Trail

さて町中を抜けた「湖のある温泉地」の近辺には、大小さまざまな湖があります。
それぞれの湖にそれぞれハイキングトレイルやマウンテンバイクのトレイルがあるワケなのですが、実はそれらはまるでクモの巣のように広がって繋がっていたりします。
この日はそのうちのひとつ、


へと、やって来ました!
その名の通り、20マイルに渡るトレイルなのですが、これは入り口から出口まで様々なトレイルを渡り歩いた結果の長さなんですね。(2012年に香港で歩いた「香港トレイル」みたいな感じですね。※ふらふら日記参照。)

なので今回はそんな「20 Mile Trail」の最初の部分、「Hum Lake」と「Duck Lake」を訪れることにしました。しかし・・・なんとまあシンプルな名前でしょうか??赤毛のアンでなくても、もう少しなんかない??・・・と言いたくなる感じのネーミングですねー。
・・まあ、そんな名前はともかく、まずは山の尾根を越えたところにあるひとつめの湖「
Hum Lake」目指すことにします。



a0310405_04020808.jpg


いざ、しゅっぱあ~~つ!!


a0310405_04052790.jpg


季節は7月・・にも関わらず、残雪がところどころに残るトレイルと高山植物の美しい山道を歩いていくと、突然尾根を越えた北壁部分に、どどーーーーんっ・・と!!


a0310405_04072284.jpg

こーーーんな大きな雪渓が、行く手を阻んでいました!!


これは「残雪」・・ってレベルのものではないです・・!
さすがに越えることができないため、しょうがないので雪渓の上で、フテ寝(?)です 笑)
湖はすぐそこまで見えているのに・・!(雪渓の向こう側に小さく見えてます。↑)
なので、ハイキングはここで打ち止め!!しかたないので、今来た道を戻り、もうひとつの湖「Duck Lake」を目指すことにします。


a0310405_04212937.jpg


「Hum Lake 2マイル」
「Duck Lake 1/2マイル」


・・って、看板に偽りあり!!実際にはこれ以上の距離があったよ~~・・002.gif
・・と思っていたら、やはりそう思ったであろう同じ誰かの手書きで「Hum Lake 3マイル」って微妙に修正してあった! 笑)


こちらは打って変わって、高低差もない平坦な道のりで、トレイルに残雪は残っているものの、湖はこのとおり


a0310405_06044525.jpg


澄んだ鏡のようです・・!


a0310405_06061340.jpg


足元には「Shooting Star-流れ星-」と名づけられた小さなピンクの花が広がります。


a0310405_06075575.jpg


こちらは、モコモコした頭がかわいい「BearGrass」。


でも、足元に広がっていたのはこれだけじゃあなかったんです。なんと・・


a0310405_06111309.jpg


ワラビの群生がっ・・!



これはねーーー、取りましたねーー 笑) 
「似て非なるもの(?)かもしれないぞっ!大丈夫かっ?!」・・と、若干引き気味のチャリ夫くんを尻目に取りまくりましたね 笑) そうして、当然、


a0310405_06141638.jpg


いっただきまーーーすっ!



ちゃーーんとアク抜きをして、食べたワラビはやっぱり同じ春の味・・。
自然よ、ありがとーーーっ!来年も取るぞぉーーーっ!



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-20 06:40 | アウトドア日記(夏) | Comments(0)

Ponderosa State Park

そんな西と東のハイキングコースに挟まれて町の真ん中にど~~んっとあるのが、アイダホ州の森林公園


こちらは、ハイキング・キャンプ・マウンテンバイクから犬の散歩まで・・誰もが気軽に楽しめる森林公園なのですが、夏になるとさらにみんなが待ちに待った「あの」季節がやって来ます!それが、



a0310405_05455098.jpg

Huckleberry!!


特に今年はそのシーズンが早く、高級キノコの季節が終わった・・と思ったそのすぐ後から森は見渡す限り、ハックルベリー・・ハックルベリー・・ハックルベリー・・・・


a0310405_06273854.jpg


紫一色になりました!!


a0310405_05485733.jpg

わーーっ、迷子だワーンッ


いや、本当にそうです 笑)
この、その名も「Hucklenerry Trail」の迷路に入り込んだら、目の前のハックルベリーをただただ・・ひたすらーひたすらー取り続けてしまい、なかなか出ることができなくなっちゃいます。

\ねえー、まだ取るのー?/
a0310405_06314263.jpg



そうして、取ったハックルベリーはそのまま食べてももちろんおいしいのですが、



a0310405_05560257.jpg

アイスクリームに混ぜたり・・・(冷凍ハックルベリーです。)

a0310405_05571702.jpg

パンにしてみたり・・

a0310405_05572471.jpg

タルトにしたり・・


と、本当にいっぱい楽しませてもらいました!
来年のハックルベリーのシーズンがまた待ち遠しくなる、そんな自然からの贈り物でした。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-19 06:43 | お料理日記 | Comments(2)

Jug Mountain

町を挟んで西に位置するのが「Bear Basin」だとしたら、それに対抗するように東に位置しているのが、ここ



「Bear Basin」がマルチトレイル(マウンテンバイクとハイキングが共存)であるのに対して、こちらはほとんどのトレイルがマウンテンバイク専用です。
麓から出ているシャトルバスに自転車を積んで山のてっぺんまで上がり、長い滑降が楽しめたりするので、どちらかと言うと中級~上級者向けのさらにアクティブな感じのトレイルですねー。(このシャトルバスも、スリリングでおもしろいです。)

KAO達は以前、このトレイルの近所に住んでいたので、子犬を連れてよく遊びに行きました。麓のトレイルはハイカーにも開放されているので、突然マウンテンバイクに引かれる心配もあんまりないです 笑)

そうして本日は、ちっちゃなデイジーを連れて、山のてっぺんにある湖を歩くことにしました。
それが、

Upper Jug Creek Resevoir

んんん?「Resevoir(貯水池)」ですかぁー?
そうなんです。この辺の人は「湖」と呼んでいるのですが、水があるのは春先だけ。
夏ともなると、ご覧のとおり・・



a0310405_04572983.jpg

からっぽ~~!!


湖畔を歩くハイキングコース・・・だと思ったら大間違いです!!
とは言え、日頃から倒れた木や岩の上を歩くのが大好きな子犬様にしてみたら・・


060.gif天国~060.gif
a0310405_04594868.jpg

・・・のようです 笑)(鼻歌まで聴こえてきそうです。)



お気に入りの木の枝を見つけては、お気に入りの場所に上がって・・


a0310405_05052953.jpg

がじ・・がじ・・・がじ・・


こうなると、もう・・・

\帰りたくないーーーーっ/

a0310405_05110608.jpg


まあまあ、また春になったら歩きに来ようね。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-18 05:22 | ハイキング日記(アイダホ) | Comments(0)

Bear Basin

ここ「湖のある温泉地」は、1913年の鉄道の普及に伴い、主に林業によって支えられた町らしいのですが、70年代になるとそれも衰退し始め、町の生き残りを掛けて地元の人達により考え出された次世代案が、

リゾートタウン

・・だったんですね。湖も然ることながら、1920年代にはすでにフィンランドの移民たちがノルディックを持ち込んでいた為、元々ウィンタースポーツは盛んだったようです。それに加えて夏のアクティビティ全般にも力を入れよう・・と始めたのが、

サイクリング(マウンテンバイク)

・・だったようなんですが、実はこれ、廃線になった線路を再利用して町おこしをする定番中の定番らしいです。なぜなら、大抵の線路は平らですでに景観が良い場所を通っているため、そのままサイクリングロードとして充分活用ができるからだそうです。
(なるほどですねー045.gif

そんな町で一番よく知られているマウンテンバイク&ハイキングコースが、こちら

Bear Basin

初心者から気軽に楽しめること、そして複数のトレイルから成り立っているため、色んなタイプのトレイルを一度にたくさん楽しめることなどが、人気の理由のひとつです。
しかも初夏になると、驚くほど色んな種類の高山植物が、次から次へとまるで絨毯のように足元に一斉に咲いて行くさまは、まさにハイキングコースの王道と言わざるを得ないですね。

そんな「Bear Basin」の初夏の様子を、少しだけご覧くださいー。

a0310405_04272612.jpg


「Glacier Lily」
5月。この片栗に似た小さな黄色い花が、足元いっぱいに広がっていきます。


a0310405_04335199.jpg


「Silvery Lupine」と蝶。


a0310405_04364721.jpg


その名も「Spring Beauty」・・美人3姉妹のようですね。


a0310405_04483941.jpg


見渡す限りの黄色と青い空・・!!


a0310405_04493940.jpg


遠く山のてっぺんには、まだ雪が残ってます。



そんな色とりどりの個性的な小さな野の花の中で、ひときわKAOの目を引いたのが


a0310405_05011511.jpg


こちらっ!!(※注 手前です。)


この草ですねー。町中の道端や、山の中のありとあらゆる所に、ずらーーっとはびこっており、毎日毎日すくすくと育っている様子が、手に取るようにわかるんです。
・・にもかかわらず、いつまでたってもまぁ~ったく花が咲く気配がなくて・・・花が咲く日を、今か今かと楽しみに待っていたのですが・・


「あ~、あれね。花咲かないよ。」


なんですとーーーっ!!
この地元の人達の、不用意な一言がKAOを打ちのめしました・・。
わーーっ!・・楽しみにしてたのにーーーっ。
・・いや、花が咲かないって、じゃあどうやってあんなに増えていくんだっ?!
株分けかっ?!それとも、あー見えて菌類かッ?!(←KAO、こんらん064.gif

そんな色んな憶測の中、すくすくと育っていく怪しげな草・・その姿は、まるで・・


\王様の耳はロバの耳・・王様の耳は、ロバの耳・・・/
a0310405_04571198.jpg

サワ・・サワ・・サワ・・・・



あー、こりゃあ、すぐに広まるわ~。あっと言う間に・・。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-14 05:44 | ハイキング日記(アイダホ) | Comments(0)

Puppy Runner

・・と、そんな1日1乗りな自転車の日々も、ちっちゃなデイジーが来てから、すっかり様変わりをしてしまいました。さすがに生まれて8週間の子犬を連れて、自転車は乗れませんよね。

・・でも、それでも子犬と一緒に自転車で走りた~~~いっっ070.gif071.gif072.gif

と、そんなアナタの夢を叶えてくれるのが、こちら・・



a0310405_06190255.jpg


Puppy Runner!


その名もズバリの商品(?)です。(なんの宣伝でしょう??)

小型犬を持つサイクリストの要望に応えるべく作られた、夢のトレーラーですね。
同じように小さなお子さんをトレーラーに乗せて自転車で引っ張っている姿もよく見られますが、これは「子犬様専用」。


a0310405_06220573.jpg


なので、真ん中に犬を繋ぐ紐があります。
手前のハンドルは取り外しのできる荷物入れになってます。



a0310405_06093752.jpg



そうしてこのように、状況がよく掴めていない子犬様をトレーラーに乗せて、そのまま自転車で走ることもアリなのですが・・・



a0310405_06134135.jpg


さらにトレーラーの床を開けて、子犬様自らと一緒に走ることも可能です。


・・・と、予定ではこのようになるはずだったんですがー。
この子犬様、小さすぎて大きなトレーラーの中でバランスが取れず、あっちへユラリ~・・
こっちへユラリ~・・。ヘタすると車酔いに成りかねず・・020.gif

残念ながら・・・

a0310405_06164249.jpg


ご退場~~~。
(ふぅ~、無罪放免~~~っ!)



・・まあまあ、もう少し、大きくなったらまた乗ってみようねー。018.gif


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-13 06:38 | デイジー日記 | Comments(0)

Donnelly

Roseberryの衰退と共に、1914年鉄道が走ることにより大きく成長した町、それが、


この小さな通過点だった場所が、鉄道の発達と共に大きくなり、今では高速も走る文字通り立派な「隣町」となっています。この「Roseberry」から「Donnelly」を抜け、約20.40kmの道のりを再び走って戻るトライアングルサイクリングは、最も好きな道のひとつでした。


a0310405_04125716.jpg


町の看板だって、ちゃ~んとしたものが立っています。
お店だってフツーに開いてますので・・


a0310405_04150649.jpg


ちょっと寄り道して、カフェでまったり・・043.gif (え?寄り道ばっか?)

とは言え、人口130人位の町ですから・・・通りも「アッ」と言う間に終わります。


a0310405_04184279.jpg


こちらは、ハックルベリーフェスティバルが行われていた時のパブのディスプレイです。
この、近所の商店街的なセンスがたまりません 笑)



そうして、今度は高速を走り一挙に「湖のある温泉地」を目指します。


a0310405_04262291.jpg


高速脇でよく見かける「オスプレイ(ミサゴ)」の巣。
春先から夏に掛けて、この辺りにやって来ます。


この「オスプレイ」。日本では鳥の名前よりも、米軍の最新鋭輸送機としてよく知られているようですが、見れば見るほど、なるほど~・・言い得て妙だなあ~って名前ですー。
鋭い鍵爪で、上空から魚などを取る姿などは、すばやい上下降を得意とする2翼のヘリコプターに本当によく似ています。

・・・とは言え、大きなトラックやたくさんの車が走る高速を走るのは、あんまり楽しくありません。(敗北感~・・002.gif)・・なので、高速を約半分ほど走ったところで、再び今度は反対側の裏道を走ることにします。


a0310405_05045905.jpg


車の行き来がほとんどない、ゆるやか~な道が続きます。
そこに見えてくる自然の生き物達の姿。




翼の赤がひときわ印象的なその名も「Red-winged Blackbird」
大きな群れで移動しており、自転車を追って飛んで来ます。


a0310405_05235703.jpg


キツネが獲物を捕らえたようです!


実はその昔、この辺りに「キツネ牧場」なるものがあったそうなのですが、毛皮取引の衰退と共に牧場は閉鎖し、その時いたキツネ達は、全て自然に還されたそうです。
まあ、要するに放置ですね。自然環境保護とか完全に無視してます 笑)
ラッキー、キツネ?!なので、それはもう色とりどり、様々な品種のキツネ達を自然に見ることができます。


そんな「湖のある温泉地」へと向かう自転車の旅。
観光向けのトレイルもいいけど、やっぱりKAOはウラの顔が好きだなあ~・・043.gif
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-09 05:50 | 2014年日記-(ID編) | Comments(0)

Roseberry

この夏「1日自転車ひと乗り」を、掲げて実践してきたKAOが最もよく走った道は、


走行距離にして、約48.30kmのこの道は、ここ「湖のある温泉地」から、隣町の「Roseberry」まで続いています。なぜこの道が好きだったかと言うと、このちょうどよい距離感と車の多い高速を離れて走る裏道のこの景色・・!!

a0310405_04004108.jpg


初夏、まだ山のてっぺんに雪が残っています。


a0310405_04021077.jpg


黄色いお花畑の牛。
向こうには、この辺りで良く見かける赤い大きな納屋が見えます。


a0310405_04040635.jpg


途中には、鹿肉を売る牧場もあります。


この「Roseberry」と言う町は、1800年~1900年頃に掛けて主にフィンランドからの移民達が大きくしていった町なのですが、1914年に「Northern Lines Railway」と呼ばれる大きな鉄道会社が、ここより西に約3.20kmほど離れた場所を駅と定めた為、その後、急激に廃れていってしまった小さな町です。

なので、平日には決して開かない小さな雑貨屋と・・

a0310405_04260255.jpg


もはや、博物館なのか雑貨屋なのか、よくわからない佇まいです。


a0310405_04263986.jpg


通りを挟んで、小さな教会があるのみです。
(こちらも、週末のみ開く博物館と化してます。)


a0310405_04322785.jpg


こちらはフィンランドからの移民たちが建てた家やサウナをそのまま、博物館として利用してます。あまりにも、地味すぎて言われなければ、何なのかわかりませんでした・・。


a0310405_04385070.jpg


そうして、無造作に家の裏に置かれていた、アンティークな洗濯機と・・


a0310405_04401271.jpg



「バギー(馬車)!!」(注※売り物です!欲しいですか??)


しかし、この町を最も有名にしているは(?)、こんな観光用のモノじゃあないようです。
カメラを持って歩いていたKAOに、「写真を撮ってるのかい?それなら、ウラの納屋を撮って行きなよ。」と、突然話しかけてきたおじさん。

「納屋ですか??」

「うん。壊れかけの納屋があってねー。この辺りに来る人は、み~んなそれを撮ってくよ。
キミも、崩れる前に撮って行きなさい。」

それが・・・

a0310405_04464244.jpg


この納屋!!!


a0310405_04484411.jpg


中から撮ったものです。


建物そのものは、1940年代に建てられたようなんですが、おっしゃるとおり!
・・確かにボロッボロです。あまりにも倒壊寸前なので、おじさんジョーダンで「Barn(納屋)」って言っているのか、はたまた「Born(骨)」って言っているのか、ちょっと迷っちゃったくらいです・・笑)


「Roseberry」・・それは、小さな町大好きKAOには、たまらない魅力がギュッと詰まったそんな隣町です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-08 05:10 | 2014年日記-(ID編) | Comments(0)

夏のおさらい

そんな行く秋を楽しみつつ、本格的な冬が来る前に、短かった夏のおさらいをしてみたいと思います。

初めてのアイダホの夏・・・。
それをまずは、アイダホ生まれでうちに来たばかりの頃のデイジーさんに、表現してもらいましょう。



\あちゅい・・。/
a0310405_04202805.jpg


「アイスノン」もらいました。


a0310405_00244016.jpg


「冷えたコーラ」もらいました。



いやあ~、そうなんですよねえー。実は、KAO達が住んでいた前の家は、西向きに大きな窓とベランダがあり、夏ともなると西日が延々と・・延々と・・延々と・・・・そう、夜10時頃に太陽が沈むまで、延々と照り続けるんです!!(アイダホの西日は、長くて暑いよ~~っ!)
さすがのKAO達も、太陽が沈むまでお部屋に入ることができないくらいでした。



・・・とは言え、西向きの窓からは、こんな美しい夕日も眺めることができたわけでして・・。


a0310405_04375977.jpg


これで、夜10時頃です。ご覧の通り、遮るものは何もなく・・。
(何にもな~い、何にもなぁ~~い。まぁったく何にもなぁ~い060.gif


a0310405_04395057.jpg

こちらは、朝。スーパームーンが西へ沈むところです。


さらにKAOは、デイジーがうちへ来るまでは、「1日自転車ひと乗り!」・・・を目標に掲げて実践しており、あちこちを自転車で走ってました。もちろんハイキングもしつつ・・・!

そんな、夏のおさらいと共に、ここ「湖のある温泉地」の短い夏を少しづつ紹介していきたいと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-10-07 04:51 | 2014年日記-(ID編) | Comments(0)