<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

6月のハイライト

さて、はむはむ。さん達が訪れた次の週は、いわゆるアメリカの


Memorial Day


でした。5月最後の月曜日に当たるこの日から、本格的な春の訪れが始まり、いっせいに花が咲き始め、長い間閉まっていたお店も開き、ここ「湖のある温泉地」にもついに春がやって来ました・・056.gif058.gif


a0310405_07354659.jpg


青い空・・!緑の草・・!!


a0310405_07365353.jpg


ツバメも帰って来ました。

そうして、コイツらも・・・・。


\キッ!/
a0310405_07374698.jpg

ある意味懐かしい、カナダはL.Lのあちらこちらに生息していた「Ground Squirrels」
また、会えたねーー。


そんな6月のハイライトと言えば・・・

キノコ狩り・・!


・・えっ?!キノコって秋のものじゃあ・・って思ったそこのアナタ!! 
実は始め、KAOもそう思いました。なので半信半疑で出かけて行った森だったのですが、言われて見れば、足元に確かにキノコが生えているじゃあありませんか。



a0310405_05295937.jpg


白くて大きい「White Puffball Mushroom」



しかしこの時期、KAO達のお目当てはただひとつ・・!!


Morel Mushroom



日本では、「アミガサタケ」と呼ばれているこのキノコ。
フランス料理では、なんと・・高級食材026.gif072.gif

これは、是が非でも探し出さねば・・!
日頃、キノコなんてまったく見向きもしないKAOも、この日ばかりは目をギラギラとさせて、キノコ探しに熱中。・・・しかし、見たこともなければ、聞いたこともない、ましてや食したこともないキノコを、このだだっぴろ~~~い森の中から探すのって結構カンタンではないな・・009.gif 似て非なる毒キノコもあるそうですしーーー。

とにかく、キノコの気持ちに寄り添って(?)、キノコの好きそう~~な場所を探しつつ、ひたすら地面だけを見つめ森を歩き続けた結果・・


\あ~~!あったあ~~~072.gif
a0310405_05282702.jpg




人生初めての「Morel Mushroom」



a0310405_07583431.jpg


中くらいから、少し小さいくらいのサイズかもしれません。


ちなみにですね、キノコを採る時は根元から少し上をナイフで切るのがいいそうです。そうすると残った根から、新しいキノコが生えてくるので、シーズン中はずっとキノコ狩りが楽しめるそうです。(地元の知恵ですね。)

出かけるまでは、見つけることができるかどうか、不安だったMorel Mushroom。その姿は、暗い森の中でも間違いようのない高貴なお姿でした。そうして、それをスモークした後に、シンプルにバターでソテーしただけの春の味・・053.gif

あ~~~、春の恵みだなぁ~~。よぉ~~し、来年もまた採ったるどぉぉ~~~~066.gif




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-08-30 08:15 | アイダホ野生座談会 | Comments(0)

5月のハイライト

ごぶっさたしております040.gif 

実は8月11日、最後のブログのあと、KAO達は約8時間以上の運転の後に、ネバダ州とカリフォルニア州のちょうど間にある、

「Lake Tahoe」

と、言うところに友人を訪ねて行っておりました。しかしまあ、そのお話はまた後ほどさせていただくとして・・・帰って来てみたらば、この辺り一帯が激しい大雨に見舞われて、近くに落雷が落ちたらしく

インターネットが、切断・・・・048.gif ・・・陸と断絶・・・!!


にも関わらず、「うおおおーーーっ!これは、一大事!!」
・・・とならないところが、アイダホタイムなのか、単に業者の問題なのか、なんとインターネット復活まで約1週間ほど要しました。
そこで、久しぶりにネットを繋げて見たKAOの目に真っ先に飛び込んだニュースが、なんと広島の土砂災害・・!!慌てて、実家に連絡をし、そうして思い当たる友人達に連絡を取ってみたところ、これまではみなさま、取り敢えず無事のようで・・本当にひと安心いたしました。

しかし、避難勧告なども解除されていないようですし、被害はさらに拡大しているようで、まだまだ予断を許さない状態だと思います。被害にあったみなさまが一日も早く、自分達の生活に戻られることをお祈りしております・・。


ーーーで、ですね。

話は、ここ「湖がある温泉地」の5月まで遡ります。KAO達が、新しい生活を始めた5月。
くどいようですが、(KAOではありません・・046.gif)暦の上では5月は春056.gif
しかし、ここ「湖のある温泉地」は、まだ全オープンしておりませんでした。
そんな中で、一番のハイライトと言えば・・・

はむはむ。さんご一家のご訪米024.gif!!!


「アイダホに移りま~~す!」と、メールをした途端のこのすばやいご訪問!
(無謀でもあったか013.gif?)
まだ春遠からじのこの地へ、訪れていただいて本当に嬉しかったです。
しかし、滞在中の天気が本当に悪くて~~057.gif
いやホント~に、はむはむ。さん達が滞在している間だけ、ひどかったですねーー。
その前後は、完全に春めいてましたよ。・・なので、お天気のこととはいえ、申し訳ないくらいどこにも行くことができませんでしたねー。しかし4年ぶりの再会に、あ~、大陸も友情も繋がっているんだなあ~・・と実感いたしました。

そんな中で、実は籍を入れたんです・・と、事後報告させていただいたKAO達に、なんとサプライズでこんな素敵なお花のプレゼントが!


a0310405_08174388.jpg


かわいくデコってみました053.gif


a0310405_07560347.jpg


こちらは本当にテキトーに並べられた手作りの夕食


いや、まだ引っ越したばかりで、自分達の生活も不慣れだったんで・・なんのおもてなしもできず・・042.gif

さらに、はむはむ。さん達にはホールケーキまでご用意していただき、知り合いもだーれもいないこの土地で初めてのお祝いとなり、本当に嬉しかったです。

そして後日・・。なんと冷凍庫を開けたら、このケーキの一部が2個凍らせてあるではありませんかー。なので、「わあ~!アイスケーキだあ~!」と、思わず食べようとしたら(←アイスケーキ好き016.gif

「だめだよー!1周年記念の時に食べるんだ!」

あ、そうなんだーー?そんな風習(?)があるのね。知らなかった・・009.gif
しかし・・・1年ですかーーーーー。いやあああああ、長いなあーーーーーーーーーー。
(こらこらっ)

とは言え、1年後にこのケーキが食べれように、お互い頑張りますかーーー・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-08-28 08:14 | 2014年-日記(アイダホ) | Comments(2)

キャンプ生活

こうして無事、目的地の「湖のある温泉地」に着いたKAO達。もう朝早起きして荷物を片付けて、次の目的地に向けて出発しなくてもいい毎日。それはそれで、なんだか不思議な感じもしたけど、ある意味、まったり~ゆったり~した時間が過ぎていきました。

そんな旅の終わりに、KAO達がどんな風にキャンプ生活を行っていたのかを、ちょこっと紹介したいと思います。

今回KAO達は、1台のトラックと2台の自転車を乗っけて旅を続けてきました。トラックにはキャンプ用品だけでなく、こちらで必要な生活品なども一緒に積んでいたので、それを毎日「降ろして」「上げて」の繰り返しが、一番タイヘンでしたねえ~・・。なぜなら、


a0310405_04505581.jpg


その構造が、このようになっていたからです。(上段がベット、下段が倉庫)
さらに、荷台を下ろした後ろの部分で料理をしています。


最初は、「暗いよ~、狭いよ~・・」みたいな気持ちになるのかな?・・と思っていたのですが、意外にも広くて快適でした。日本で言う、「カプセルホテル」みたいな??感じでしょうか??(泊まったことはありませんが・・)
ただし、この荷台の部分にも荷物を積んでいたので、それを「降ろして」「上げて」の作業が毎日続いたワケです。


a0310405_04562159.jpg


全ての荷造りを終えたら、ようやく自転車2台を後ろに括りつけます。
なので、一通りこの作業が済んだ後に、「あ、アレ忘れたぁ~!」とか、ありえないです。
(そうなったらもうタイヘン)


最初の1週間は、この作業になかなか慣れなくて時間が掛かってましたが、終わりの頃はス~イスイッって感じでした。(←いえ、KAOではありませんが・・)なので、基本KAO達は夕方の4時頃までにはキャンプ生活に入ります。(そうしないと準備がタイヘン・・)そうして、朝はまあ・・日の出とともに起きてましたねえ~。


a0310405_05082145.jpg

キャンプの醍醐味、キャンプファイヤー。
ニュージーランドで鍛えた腕が、鳴ります。043.gif


さて、そんなある日。ユタ州「Green River」でキャンプしていた時のことですが、KAO達が泊まった場所のちょうど真後ろが、なんと・・


a0310405_05141830.jpg

「鹿が見えるよ。」エリアになってました。


なので、翌朝を楽しみに眠りに着いたところ、明け方・・・なにやら懐かしくも聞き覚えのある声がどこからともなく聞こえてきて目が覚めました・・・。



\ベエエエーー・・ベエエエエエーーー・・/
a0310405_05163070.jpg


・・・ああぁ~!!こんなの「写す価値なしッ!」・・ですッ!!031.gif



せめて、こんな鹿だったら、まだしも・・・。


a0310405_05192847.jpg

角が特徴的なレイヨウ「Pronghorn」様。


いや、待てよ。コイツ・・鹿に見えるが、実は「羚羊(レイヨウ)」・・・。
ここに現れたところで、「シカ」ではなかったなあ~・・。






[PR]

by hulahula2 | 2014-08-11 05:42 | 2014年-引越し(北上編) | Comments(0)

Idaho

モンタナ州を抜けたKAO達。後はもう、ただひたすらアイダホ州へ走り続け・・
・・まあ、天気もこんな感じでしたし・・。


a0310405_01572923.jpg


雪です。雨です・・。右側にかろうじて見える「Welcome to IDAHO」のサイン。


なんとなく旅を楽しむ・・と言うよりは、あ~、目的地だぁ~・・みたいな「達成感」にも似た「燃え尽き感」みたいなものが、KAO達の間に漂って来てました・・。おまけにこの天気だし・・。

とは言え、最後の力を振り絞って、アイダホ州が見せた根性の「Scenic byway(景観道路)」高速95号線から、こちらの景色をご覧ください。


a0310405_05304755.jpg


Lewiston Hill (標高約840m)から見下ろす「Lewiston」の町。
そして同じく「Steamboads」の碑。


この美しい眺めと裏腹に降りてみたらなんと、川べりに隣接したパルプ工場のものすご~~い匂いのする町でした・・002.gif(臭くて車の窓が開けられません。。)


そうして、かつて渓谷を走る列車のために作られた7つのトンネル・・。

a0310405_05413173.jpg




a0310405_05492600.jpg


残念ながら現在は使われてないようなのですが、このような橋が、次々に見えてきます。


a0310405_05521263.jpg


こちらも長い間使われてないようです・・。材木を運ぶ為の、貨物列車の一部です。




そんなアイダホ州も最後の目的地、「湖のある温泉地」に着いて見たら・・


a0310405_05581957.jpg


まだ、春遠からじ・・・。


a0310405_05585035.jpg

吹雪の後の晴れ間。屋根の雪が溶けていきます。


「5月・6月は、スキーシーズンも終わってるし、ハイキングのシーズンにはまだまだだし、1年でももっともいいとは言えない季節よね~。」(大家さん談)

「・・・・・009.gif」(返す言葉なし。)


・・・こうやってKAO達のアイダホ生活が、始まったのでした・・・。




[PR]

by hulahula2 | 2014-08-10 06:09 | 2014年-引越し(北上編) | Comments(0)

Spokane

さてアリゾナ州フィネックスから車で北上して来たKAO達「Snow Bird」の旅も、ここに来てやっと終盤を迎えようとしています。第4の州「モンタナ州」を抜ければ、お次は最終目的地の「アイダホ州」。

・・・・なんですがーー。
ここで再び、最後で最大の寄り道(・・つーか、そればっかり?)チャリ夫くんが幼少時代を過ごした「「ワシントン州」の「Spokane」を訪れることにしました。
Snow Bird、ついに第5番目の州に突入です!

ところでアメリカには、「ワシントン州」と「ワシントンD.C」があります。ややこしいですね?
かの有名な「ワシントンD.C」は、アメリカ合衆国の首都です。正式には「Washington District of Columbia」と言いまして、州(State)ではありません。代わって「ワシントン州」は、以前KAOがカナダのビクトリアを訪れた時対岸に見えた、美しいオリンピック山脈のある西海岸の州のひとつです。そうして、はむはむ。さんが、ブログにうどんの写真を(ある意味、それしかなかった・・)アップしていたワシントン州


まったくもって、まだまだ春を感じさせないこの北の町は、なんだかカルガリーに似た雰囲気を持っています。そうして、町のど真ん中にどかーーーーんっ・・と、こ~んな大きな



a0310405_07373345.jpg


滝が流れています!「Spokane River Falls」


a0310405_04064515.jpg


水力発電にも使われている、納得の圧倒的な水量です。



夏になったら、滝の上を渡るゴンドラが楽しめるそうなんですが、今は・・冬・・。
公園のメリーゴーランドも止まっています・・。


a0310405_04114560.jpg


真ん中の島は「Canada Island(カナダアイランド)」と呼ばれています。
EXPO'74のパビリオンのひとつ、カナダ館の名前にちなんだそうです。
たったの40年前・・・と思うか、もう40年前なんだー・・と思うかは、
・・アナタの年しだい・・フフフフフ。


a0310405_04250218.jpg


EXPO'74の名残・・「EXPO」と言う名前のワッフル店。
40年たった今もその名前を残してるなんて、相当に楽しかったんでしょうねえ~043.gif


a0310405_04130796.jpg


そして、こちらは「カナダガン」
移住してきたワケではありません。(後ろのトーテムポールも、EXPO’74の名残です。)


a0310405_04351875.jpg


穏やかな川の流れ。左側には、1901年に駅として建てられた時計塔が見えます。


1974年のエキスポを機に、町は劇的にモダンな都市へと変わったそうです。(地方都市にありがちですね?)今は、ステキな北の町「Spokane」。でも・・・冬、寒いんだろうなあ~。

「うん。寒かったよーーー。だから、一家してアリゾナに移ったんだ。」

なるほどーーー。Snow Bird、南へ行く・・の巻だったんですね?


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-08-07 04:52 | 2014年-引越し(北上編) | Comments(2)

Helena

そんな大自然ともおさらばして、ついに久しぶりの大都会へ辿り着いたKAO達。
モンタナ州の州都



しかし、あれですねー。なんで、州都ってのはこんなにも知られてない都市が選ばれてるでしょうか??カナダのアルバータ州だって、州都カルガリーかと思いきや「エドモントン」でしたしー、ブリティッシュコロンビア州なんて、バンクーバーじゃなくて「ビクトリア」ですよー。
いや、つーか、モンタナ州の州都ってそもそも知らんし・・・。(いや、その他のメジャーな都市そのものも、知っているかどうか、怪しいが・・)

・・・まあ、そんなミクロに近い知識の中で、辿り着いた「州都へレナ」は、こんな所・・・



a0310405_06231967.jpg

芝生公園の向こうに見える建物。角の丸さがビクトリア朝な感じです。



a0310405_06245132.jpg

公園内のクラッシックな水のみ場(噴水)


a0310405_06282744.jpg

なんとなくニュージーランドの町並みを思い起こさせる、
古いヨーロッパ調の通り。


a0310405_06295117.jpg

丘の上の教会。町のどこからでも見えます。


あ~、なんだか懐かしいなあ・・。自然に心はニュージーランドの日々へ飛びます。
・・・と思ったのもここまで034.gif!とある、カフェに入り、その店で有名なホットチョコレートを頼んだ時のこと。

「ホットチョコレートください。」

「・・・・・は????」(ぽかーーん)


・・・・来ましたねーーー。
もともとヨーロッパから移り住んだ人達だけで大きくなった北の領地の人々は、生まれてから自分の土地を出たことがない人達がほとんどなのです。なので、120%白人ではないKAOの姿を見ると、まず心と頭が拒否反応を起こしてしまうのです。
たぶんこれは、日本でも言えること。しかし、感情表現が直接的で隠すことがないアメリカ人には、特に多くこの反応が見られますねー。とは言え、目の前で固まってるカウンターの中のおじさんを見守るのは、こちらとしても結構つらいものがあります。

「ホットチョコレートです。」

「・・・・(まじまじ)」

う~~ん・・。これでもKAO、一応人間なんですけどねーー。
そこまで、固まられると心が折れますよ。

まあ、感情表現が豊か・・と言ってしまえばそうなんでしょうが、このあたりの反応は、まず人としてどうなんでしょう??新しい街であるアリゾナ州のフィネックスでは決して見られなかった反応です。しかし実は、アメリカ人の70%はパスポートを持ってないと言われています。それだけ彼らは、生まれた土地を離れることがないのです。ましてや、アジア人を見る機会なんて一生に一回なんでしょうね???(お家に、テレビはありませんかー?)
しかし・・・

おーーい。英語を話してますよーーー。

これも、耳にも入らないんでしょう。まあ、そんな洗礼を(ジャブとも言う)ノッケから受けた北の都市「Helena」。これからまだまだ北へ上がるKAOのいいボディフックとなりました・・・。(あー、これからこれが続くのかぁーー)


a0310405_06473057.jpg

「おいっ!こんな所にモスクがあるぞっ!大丈夫かッ?」

あったらどうヤバイんでしょうねえーーー・・。(そもそも、どちらが??)
しかし実は、モスクに見えて「市民会館」。1920年に元々、モスクとして建てられたそうですが、現在は市が運営しています。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-08-05 07:10 | 2014年-引越し(北上編) | Comments(0)

Yellowstone National Park -PartⅡ-

さて「Yellowstone National Park」と言えば、野生動物も・・なんですが、なんたってアメリカでもその数を誇る

間欠泉(温泉)

が、有名ですねー。しかし、その温泉も・・・


a0310405_08460068.jpg

雪ん中・・・


a0310405_08462840.jpg

お湯加減がちょうどよければ飛び込みたい気分です。


その中でも、特に知られているのが


この間欠泉を有名にしているのは、約27m-56mと非常に高さがありながらも、吹き上げる時間帯が常に一定していて、頻繁であること(毎35-120分)。そして何より、、、

自然ですよ!!誤差はわずか5分ー10分!待っていたら、自然に温泉が湧き上がって来るのです!!そう!ニュージーランドのアトラクションだった「アレ」とは、格が違うんですよ!!格が・・!!

・・・とは言え、まあ、「間欠泉」は「間欠泉」です。そこまで興奮するこっちゃないです。
マシュマロを放り込むか、放り込まないかだけで、湧き上がるモノも高さもそんなには変わらないです。なので、

「別に見なくていいよ。」

と、言ったものなら

「ええーーっ??!!ここまで来て??イエローストーンで最も有名な??!!」

・・・と、ものすごいブーイングを浴びてしまったので、しぶしぶ1時間待つことに・・015.gif


a0310405_08592109.jpg


寒いので、ビジターセンターの中から見守ります。
そして、1時間たった頃を見計らって、外に出てみると・・。


a0310405_09003432.jpg

おおっ!来た来た来たあああぁぁぁーーーっ017.gif


きっちり1時間と10分後に、見事に温泉が湧き上がってきましたよーー!

「よっしゃアーー!見たぞーーッ!!」
・・・・・帰ろ、帰ろーーー。(キーンコーン・カーンコーン・・)

湧き上がって来た瞬間に、振り向きもせず足早に去るKAO達・・・。
(いや、ホンットに寒かったんだから。)


そうして、公園最後に現れる



を足早に見て・・・


a0310405_10202702.jpg


トルコのパムッカレにもにた、石灰華段丘の間欠泉です。


a0310405_10291608.jpg


LIBERTY CAPと名づけられた高さ約14mの石灰華です。育ってます。



そうして、モンタナ州へと抜ける校門をくぐって・・・(違うッ017.gif!!)


a0310405_11130552.jpg


Roosevelt Arch」と呼ばれる、公園の北門です。モンタナ州側にあたります。
1903年設立。



さよ~~なら~~(ごきげんよう~、また会う日まで~~029.gif





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-08-01 11:24 | 2014年-引越し(北上編) | Comments(0)