カテゴリ:2014年-引越し(北上編)( 26 )

MOABを、走る。

さてここで、少し時間ができたKAOは、久しぶりにサイクリングに出かけることにしました。
題して、

コロラド川の風を感じて走る人気のMOABサイクリングーー!(パフ~パフ~024.gif
(↑これ、なつかしいなぁ 笑)


さすが「アクティビティのメッカ」。
MOABの町中には、車道に負けないくらい立派なサイクリング道路が走っているのです。
それなら・・・これはもう・・・走ってみるしかないでしょうっ??!!

と、言うわけで、ほんのちょこっとだけ走ってみることに。
まずは、MOABの町中を抜けて、町の入り口に流れている「コロラド川」を目指します。

a0310405_09572034.jpg

なんて立派な「人・自転車専用道路」005.gif
この橋を渡ってしばらく走ると、「Arches National Park」の入り口に到着します。


a0310405_10010342.jpg


橋を背にした後は、川沿いのボードウォークの上をひたすら走ります。



a0310405_10075557.jpg


一旦車道と合流しますが、


a0310405_10103675.jpg


すぐに、車道に負けず劣らずの立派なサイクリング道路が、現れます!
(上段:車道 下段:自転車道路)


なんか、自転車専用道路の方が、立派じゃない・・009.gif
しかも、さすが「自転車専用道路」・・とあって、車道のそれがアップダウンの激しいジグザグ道なのに比べて、こちらは、ちゃーーんと計算された、なだらか~~な、道になってます。しかも、二車線!!

a0310405_10140474.jpg


とっても、走りやす~~い!
黒が特徴的な「Negro Bill Canyon」の景色が、目の前に広がります。


a0310405_10193566.jpg


ここにも、国立公園に負けず劣らずの、立派なアーチの数々。

a0310405_10213912.jpg


折り返し地点。「Negro Bill Canyon」トレイルの入り口。ここまで、約8.5km。


a0310405_10240682.jpg


必ず景色の中に自分の自転車を入れてしまうのはなぜなんだろう・・笑)



ほんと~~に、走りやすいサイクリング道路!!
戻る時間や体力のことも忘れて、ついまだまだ走って行ってしましそうです058.gif

以上、「コロラド川の風を感じて走る人気のMOABサイクリングーー!」でしたぁ~!(パフ~パフ~024.gif

[PR]

by hulahula2 | 2014-07-15 10:41 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Courthouse Wash Rock Art

この「Arches National Park(アーチーズ国立公園)」がある辺り一帯は、とても人気の高いリゾートタウンになっており、その町の名を


と言う。いわゆる「アウトドアのメッカ」的存在で、マウンテンバイクやロッククライミングなど様々なアクティビティがこの町を中心にどこででも楽しめることが、最大の人気のポイントだ。

そんな「MOAB」の町の入り口には、これまた有名な「コロラド川」が流れている。
そう「Navajo Bridge」の下を流れていたあの川・・・・実は、ここにも通じてたんですねーー。
今回その川沿いに、有名な原住民の壁画があると言うので、”壁画ダイスキーーッKAO”としては、是非にも行かねばッ031.gif・・とメラメラと燃えた思いで出かけた




・・・これはですねーー。
インフォメーションセンターのお姉さんにしてみたら、「すぐそこだから053.gif」・・・って感じの所らしいのですが、文字にしてみると

「MOABから北へ、高速191号線に乗ってコロラド川を越え、そこから約8kmほど走ったところ、右側に駐車場がある。そこから高速に沿った側道を、少し戻るように歩き、小さな川と橋を越えたら、橋が終わる手前を東に向き、11時の方向へ見上げた崖に壁画がある。」

・・・と、なんだか宝探しゲームに似た趣のある案内文。
う~~~むむ・・・これで、本当に「すぐ」なんだろうな?
・・で、まあ歩き出してみたものの、本当に道中、看板もなければ、矢印もない・・・フツウ、この距離で道に迷いますかぁーーっ?!・・・って、思い始めたところで、やっと到着した、、


a0310405_05583345.jpg


↑↑↑この看板


a0310405_06001904.jpg


そして、見下ろす高速道路。



いやあ~~、壁画のある崖そのものは確かに、とても大きいんだけど・・・


a0310405_06023983.jpg


(こんな感じ)↑↑↑ ※対象比較 人↑↑↑



これは、ゼッーーーータイにわからないーーーーーっ!!

しかも、直射日光や雨風などに長年さらされてしまっているからなのか、ところどころ薄くなって、ボォーーーッ・・として全て幽霊みたいに見える・・。(いや、元々幽霊だったのか?)


a0310405_06314199.jpg

Moabの幽霊??

西日に照らされて、少しわかりづらいですが、こんな感じが横広に続きます。


a0310405_06310808.jpg


そして動物の群れ


a0310405_06335822.jpg



犬でしょうねえ~。爪まで、しっかり描かれてます。



a0310405_06272835.jpg

そして、巨神兵・・再び・・・004.gif
(えっ?また、そのオチ??)でも、今回、踊ってません・・071.gif


[PR]

by hulahula2 | 2014-07-14 06:58 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(2)

Devil's Garden

今回、「Arches National Park」で、KAO達が歩いた最大のトレイルは、ここ


Devils Garden -全長約10km-


このトレイルは、「Double O Arch-6.6km-」及び「Devils Garden Primitive Loop-11km-」の2部構成になっており、そのうち、歩き始めの「Landscape Arch-2.5km-」は、初心者向けのトレイルなっています。(「Double O Arch」に含まれます。)
しかしその後、進むに連れて高低のあるツルツルとした岩の上を歩いて行くため、徐々に中級者向けの難しいものに変わります。

にもかかわらず、歩き始めのカンタンさから、軽装でそのまま突き進んで来た人達や、何も知らないちっちゃな子供達が岩の上で、その恐怖から前に後ろにも進めなくなってしまい、立往生して泣いている姿を見かけたりすると・・・・なんとなく、KAOも子供時代を思い出したりしてーー・・。子供の頃、何もわからないまま、父親に連れて行かれた「山登り」。
・・・モノゴコロついて登った最初の山は、富士山よりも高かったような気がするなあ・・・。
(しみじみ・・)

そんなKAOも今では、立派なハイカー・・?!
がんばれ!子供達!
今は、泣いていても、いつかは山歩きがきっと好きになる時がやって来る!!(たぶん)


それでは、そんな紆余曲折(?)も楽しい、公園内最長のトレイルを紹介したいと思います。


まずは、しゅっぱぁ~~つ!

a0310405_03333521.jpg


ようこそ~、「悪魔の庭園」へ~~~。フフフフフ・・。


a0310405_03360304.jpg

公園内、最長のアーチを誇る「Landscape Arch(93.3m)」


このアーチ、下から見上げると、こうやってちゃんと見えるのですが、遠くからだと背景の岩に埋もれて「どこッ?アーチはっ??」って、まったく見つけることができないですねえー。


a0310405_04011797.jpg


その後ろに位置する、「Partition Arch」。だいぶ上まで上がって来ました042.gif


a0310405_04073731.jpg


今回、一番のお気に入り、「Navajo Arch」。秘密の庭園のようです。


a0310405_05115359.jpg


ここより、庭園の背骨部分を歩いていきます。(遠くに見えるのは「Black Arch」)


a0310405_04375991.jpg


「Double O Arch」縦2橋が見えますか?


a0310405_04405653.jpg


そこから眺める「悪魔の群集」・・一番左端に立つのは「Dark Angel」です。
Dark Angel」までの道のり-往復7.8km-


a0310405_04493411.jpg


さらに現れる「Private Arch」


a0310405_04540892.jpg


まるで、巨大な客船が横付けしているようです・・。
(この岩の向こうから、歩いてやって来ました。)


a0310405_04591454.jpg

「Landscape Arch」までの道のりから、少し下ったところにあります。(約0.6km)


a0310405_05053516.jpg

その先、突き当たりにある「Pine Tree Arch」(0.8km)



しかしこれ、実際にメインのトレイル上にあるアーチは「Landscape Arch」と「Double O Arch」のみで、あとはひたすら、色んなアーチ見たさにトレイルをはずれては、また戻って来るって感じ。まさに、あっちへこっちへの最大の道草トレイル!

・・・と、ここまで歩いて来たところで、最初はどんより~と曇っていた空に、しだいに青空が戻って来た!

・・・・これは、もしかして・・悪魔達に歓迎されてる・・070.gif071.gif??!!(←悪魔の踊り?)



\フフフフ・・・/
a0310405_06044646.jpg

悪魔達のお見送り・・?


[PR]

by hulahula2 | 2014-07-09 05:56 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Park Avenue

そんな「Arches National Park」を楽しむ為には、もちろん公園に入るなり、目的のアーチだけをチャラ〜と見て帰るのも、アリなんでしょうが、公園の入り口を過ぎて最初に現れる


Park Avenue -片道1.6km-


と呼ばれる簡単な散歩道も是非歩いてみて欲しい。それは、片道1.6kmのその両方に駐車場が設置されており、最初の駐車場で降りた後、散歩道を堪能し、歩き終わった反対側の駐車場でピックアップしてもらえるお手軽さからだ。(もちろん、車を回してくれる人が必要ですが。)

それに、なんたって、駐車場を降りるとすぐに見えて来る、

a0310405_04440524.jpg

この光景・・! 「La Sal Mountains Viewpoint」


ほらね、歩いてみたくなったでしょう〜?この赤い谷間を・・・!


a0310405_05135341.jpg


「The Organ」(パイプオルガン)

・・と言うよりは、なんとなく、お釈迦様の手のように見えるのは、KAOだけ?
(それに向かって歩く、孫悟空か?!)


a0310405_04514595.jpg


左↑↑↑「Three Gossips(三人の噂好き)」
近所のおばちゃん達が集まって噂話をしている姿が目に浮かびます 笑)

「Courthouse(裁判所、庁舎)」 ↑↑↑右
これはまたどこにでもある、人気のあるネーミングですねえ〜 笑)

そして、手前には人の背丈よりも大きい岩が、無造作に横たわっています。


a0310405_04554858.jpg


↑↑↑
その間を縫って向こう側、真ん中に見えるのが「Sheep Rock(羊岩)」
なんとな〜く、岩の上に羊がチョコン・・と座っている感じに見えなくもない??



a0310405_05195204.jpg


「Tower of Babel(バベルの塔)
右下、遠く向こうに、「Balance Rock」が見えます。



さあ、ここでウォーミングアップしたら、次は本格的なハイキングが待っているぞ!



[PR]

by hulahula2 | 2014-07-08 05:34 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Arches All-Stars!

そんな、大小2,000以上ものアーチが存在すると言われる「Aches National Park(アーチーズ国立公園)」。高さ約20mを誇る「Delicate Arch」もあれば、腕が通るくらい小さなものや、名前も付いてないようなものも含まれてるんだろうな・・・と思っていたKAOですが、なんと!「アーチの定義」って、少なくとも一枚岩どちらか片面に高さ約90センチ(3フィート)の窪みがあれば、公的に「アーチ」と認定されるものらしい。へええ~~。そうなんだぁ~・・。
なので、


a0310405_02424434.jpg

これも、アーチ
その名のとおり、「Cove of Caves(洞窟のような窪み)」
または「Cove Arch(岩石の窪みアーチ)」


・・・とは言え、な~んとなく、これって消化不良な感じがしなくもないな・・??
(名前もすごく中途半端だし・・009.gif

アーチって言うからには、ちゃんと人が通れるほどのものであって欲しいよなあ。
そんなKAOの願いを、ちゃ~~んと叶えてくれる、この国立公園の名前に恥じない、立派なアーチの数々を少しご案内させていただきます018.gif



「South Window(南窓)」と 「North Window(北窓)」と名づけられた2つのアーチ


a0310405_03055748.jpg


でっかいどぉ~~。立派な窓だ!!(North Window)


a0310405_02463724.jpg


そして、こちらも見たまま「Turret Arch(小さな塔があるアーチ)」
(North Windowからの眺め)



a0310405_03094771.jpg


公園内一の高さ(34m)と、2番目の長さ(44m)誇る「Double Arch」


a0310405_03192879.jpg


「Double Arch」からの展望(登るの結構、大変だったし、高かった!)


こちらは残念ながら、高すぎて登れませんでした・・涙)


a0310405_03252216.jpg



まあ、「Skylineー空に映える、そびえるアーチ」・・だから、そうカンタンに登ったり、上がったりはできないかあーーー。

[PR]

by hulahula2 | 2014-07-07 03:40 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Arches National Park

そこから、KAO達が次に向かったのは、まさにユタ州のシンボルともいえる国立公園




ここがなぜ、ユタ州のシンボルになるのかと言うと・・・それは、州を代表する自然美のひとつ、


・・・が、あるからだ。
このアーチは、ユタ州のナンバープレートのデザインになっているため、名前は聞いたことなくても、写真を見たら誰もが知っているであろう、自然岩からできた巨大なアーチ。
この国立公園には、これら自然岩からできたアーチが大小含めて、2,000以上は存在していると言われている。その「Delicate Arch」を見るためには、幾つかのトレイルがあるのですが、その最も足元まで行くことができるのが


Delicate Arche -往復4.8km-


a0310405_03080424.jpg

それはここ「Wolfe Ranch」から出発します。
(1910年頃まで、実際に人が住んでいたようです。自由だなあ~。)



a0310405_03111578.jpg


ネイティブアメリカンの壁画


a0310405_03152351.jpg


高低差146mの滑りやすい岩の上を上がって行きます。
(写真は、見下ろしたもの)

例によって、だだっ広~~い「Slickrock」の岩の上・・。なんの目印もありません。
ただひたすら、「Rock Cairn(石塚)」を目印に、歩いていきます。



a0310405_03180845.jpg


明日は、どっちだぁ~013.gif??


a0310405_03573635.jpg


そうして、最後の坂道をぐるり~~と回ったところで、目の前に飛び込んでくるのが・・・


a0310405_03262033.jpg

この、Delicate Arche!!(なんか、歩き出しそうじゃない?)



しかし、この光景・・・なんか、見覚えがあるな・・・027.gif
どこかで・・・あ、あれだーーーっ!!




a0310405_04000923.jpg

↑↑↑あれ↓↓↓

a0310405_04005483.jpg



高さ約20mの「Delicate Arch」と高さ16.6mの「宮島の鳥居」!!! 
(人の大きさ、ほぼ同じ)

あ~、ありがたや、ありがたや。こんな所でまた出会えるとは・・・。(拝んどこ~~~っ043.gif






[PR]

by hulahula2 | 2014-07-01 04:11 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(4)

Scenic Byway 12

「Bryce Canyon国立公園」から、KAO達がひたすら走り続けて来たこの道は、
実はユタ州の



と、呼ばれている。
この「Scenic Byway(景観道路)」--その名のとおり、車窓観光を楽しむ為の道路なのですが、国内のわりとあちらこちらに点在しており、そのせいなのか、「ふ~~ん。そうなんだーー?」的な要素が多々あったりします。ここまで走って来たところでも、車窓からの眺めは意外にもフツーで(ま、フツーも色々ありますが。)気がついたら「お?Scenic Byway だったんだー?」って、感じがなくもなかったのですがー・・・・が・・

・・・それがっ!

「Escalante Petrified Forest」を過ぎた辺りから突如打って変わっての大勝負!!
ついにその真髄を発揮して来たのだ!

a0310405_04325297.jpg

Head of the Rocks Overlook
見下ろす「Escalante Canyons」


この眺めからして、すでに王道ではあるのですが、このキャニオンを越えたところから、王道12号線を離れ、裏道に入る


Burr Trail Scenic Backway 全長約110km-


・・は、さらに王道だったりする。
影の王道と言っても過言じゃないくらいだ。もしかしたら、元祖王道・・・いや、これこそが、王道中の王道。真の王道なのかもしれないーーッ!!(←うるさい?)

ま、そんなKAOの叫びは置いておいて。
この道路、舗装された部分は、始めの約48kmだけ。後はひたすら、砂利道とアップダウンの激しい道をジグ~ザグ~と突き進んで行き、複数の国立公園の間を縫って、ス~イスイと走って行くのだ。(他人の景色で、景観道路!)
では、そんな・・

「ユタの車窓から」・・・・

どうぞ、お楽しみください♪(ナレーター石丸さん風で・・006.gif

a0310405_04415848.jpg


最初のキャニオンを越えて行く・・。まだまだ舗装道路が続いてます。


a0310405_04381541.jpg


・・・と、突如開けるこの展望・・!!


a0310405_04372237.jpg


ここより始まるオフロード


a0310405_04441285.jpg


「Switchbacks」と呼ばれるジグザグ道。高低差、約250mを一挙に下って行く!


a0310405_04464359.jpg


ひええええーーー。マジですかああああーーーっっ??!!


a0310405_05023240.jpg


下りきったところで、目の前に広がる
「Capitol Reef National Park」の岩石丘の碧(ミドリ)!!


a0310405_05041841.jpg


この岩肌の色!


a0310405_05061803.jpg


さらに景色が変わる・・・舗装道路だあ!


a0310405_05075567.jpg


人里に戻ったぞぉ~~!


しかし、裏山がこれ・・って、どういう気持ちなんだろう・・。
こんな山、当たり前じゃないからーーーーっ!!(心の叫び)

a0310405_05191269.jpg


裏山の数々・・・


a0310405_05104802.jpg


刻々と変わる景色。こちらは「Glen Canyon National Recreation Area」側の眺め


a0310405_05225981.jpg


あ~、そして最後のモニュメントが去って行く・・・。


a0310405_05594949.jpg


さようなら・・。「Burr Trail Scenic Backway」。
さあ次は、どんな景色が待っているのだろう・・。

「ユタの車窓から」・・・また、明日 029.gif (つづく?)


[PR]

by hulahula2 | 2014-06-30 06:06 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Escalante Petrified Forest

そんな「ブライスキャニオン国立公園」を後にして、次にKAO達が向かったのは、約1時間ほど車で走ったお隣の町「Escalante (エスカランテ」。スペイン語で「上昇する階段」を意味するこの町には、小さな「National Forest(国立森林公園)」がある。それが、


Escalante Petrified Forest


そう、森林は森林でも、古代の森林。木の化石が眠るところです。石化森林と言えば、アリゾナ州のものが有名なんだけど、こちらはそれに比べるとジミ~~な感じで、規模も大変小さいです。さらには言えば、石化森林、木の化石をも見たことがない人だったら、このトレイルがなんの為にできているのか、ちょっとすぐにはわからないでしょうね~~。なぜなら、トレイルのど真ん中、足元に無造作に散らばる


a0310405_06514833.jpg

木の化石


これ、すぐにわかりますかぁー??
言われたらーー・・って、レベルのものです・・。トレイルを歩いてくる人達も、まったく気づかずスルーしたまま、どんどん先に進んで行ってました・・。看板も説明も全くないトレイルの内の至るところに、ごろごろと転がる木の化石・・・。みんな!!もっと、気づいてよーー! 
しかし見た目は、まるっきり木のままか、岩にも見えるなので、



a0310405_07030971.jpg


こんな、感じ



見たことがない人には、まぁぁたくわからないでしょうねえー・・。しかし、一回この特徴に気づいたら、次々と目の前に現れる化石群。


a0310405_07042341.jpg


ちゃんと、色だって着いてます


その昔、カナダで「アンモライト」と呼ばれる、アンモナイトの化石に色が出たものを宝石として売っていたのですが、そのアンモライトと同じ要領で色が着くんでしょうね。アンモライトもこの数十年で宝石としてやっと認定されたので、この木の化石もいつかは宝石として輝き続ける日が来るのでしょうか・・?


その日を夢見て、がんばれっ!!「Petrified」!!



それにしても・・・そこここに散らばる木の化石・・・。
手に取って持ち帰りたい衝動を抑えるのがタイヘン、タイヘン・・。


あ~~~~~~っ、持って帰りたかったよおーーーっっ!!


a0310405_07071707.jpg

年輪がはっきり見えると、木の化石だなあ~って感じがしますね


[PR]

by hulahula2 | 2014-06-29 07:26 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Bryce Canyon 2日目

さて、凍えるように寒かった「Bryce Canyon」も明けて、2日目。
ここで、KAO達は今回、「Sunrise point」から「Sunset point」へ抜けるよう、複数のトレイルのコンビネーションからなるループを歩いて来ました。まず出発は、初日に「Hoodoos(奇岩群)」を見下ろした「Sunrise point」からーー・・


「Queen's Garden trail -1.4km-」を下り・・
「Queen's Connecting Trail -1.6km-」を抜け・・・
「Najavo Loop-1.0km-」を登り、「Sunset Point 」へ・・・
「Rim Trail」の一部分0.8kmを歩いて、出発地点の「Sunrise Point」へ・・


・・戻るものです。

本当は、ですねえーー。「Najavo Loop」を上がるのではなく、パンフレットの写真などで有名な「Wall street-1.2km-」を歩きたかったのですが、こちらのトレイルは雪のため、冬の間は閉鎖されているとかで、歩けず・・。
「暦の上では、春だッ!!」と息巻いておりましたチャリ夫くんもこれにはすっかり沈黙・・・。 (まだ春じゃないって悟ったようですねー 笑)
ま、それにもマケズ、今歩けるところをしっかり歩いてまいりました!それが、こちらです。


a0310405_05052551.jpg


のっけから、圧巻的な景観を見せつける「Queen's Gerden」


a0310405_05061591.jpg


巨大な「Hoodoos(奇岩)」の間をすり抜けて歩きます。


a0310405_05072613.jpg


奇岩に掘られたトンネルをくぐり・・・


a0310405_05080501.jpg


ガーデンの突き当り、奇岩の上には、なんと!「Queen(女王様)」が・・!!


a0310405_05115723.jpg


「Navajo Loop」に上がる手前、トレイルの突き当たりに「Double Bridge」が並んで見えます。


a0310405_05125015.jpg


両脇に「Hoodoos(奇岩群)」を見上げながら、一挙に「Sunset Point」まで登ります。


a0310405_05200463.jpg


「Hoodoos(奇岩群)」の表面。鍾乳石みたい!


a0310405_05221311.jpg


奈落の底(?)からの帰還?!
「Navajo Loop」を、見下ろします。



見下ろしても、歩いても、見上げても、どこを見回しても楽しい「Bryce Canyon」の奇岩群。
今度は必ず「夏」に、全縦断してみたいものです。


[PR]

by hulahula2 | 2014-06-28 05:43 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)

Bryce Canyon National Park

そうして、KAO達は文字通り「Zion National Park」を突き抜け・・・

a0310405_04345486.jpg

国立公園のど真ん中に掘られた巨大なトンネル。
アメリカの青の洞門?トンネルが次々と続いて行く。



国立公園のもう一つの裏の顔を堪能しつつ、次なる目的地、車で約1時間30分ほど走ったお隣の国立公園


に、向かったのでした。
いやあ、ここはですねー、色んな人達から事前に、「Bryceは、まだ寒いだろー?」と言われていたにも関わらず、チャリ夫くんの「何を言うんだ!4月は暦の上では、もう春だ!」の勢いに乗り、辿り着いてみたものの、キャンプ場もハイキングコースも、ほとんどオープンしておらず、公衆トイレに至っては鍵が掛かって利用できないありさま・・・・・。(あ~、村人達の声には耳を傾けるべき・・涙)

「そんな、ばかなぁ~~!!だって、4月は暦の上では・・!!(以下略。却下とも言う)」

ま、そうではないかと、思ってたんだけどねー015.gif
お隣の国立公園とは言え、「Bryce Canyon」は標高2200-2700mの高地に位置している。暦の上では春でも、この世の春は色々ある・・・。KAOは、カナダにいた時、それを身をモッテ体験している。L.Lの春は、6月にならないと来ない・・・。ハイキングコースも全オープンしなければ、湖もまだ半分凍ったままだ・・。

ま、とは言え、しょーがないよねーーーー。来ちゃったんだからさーーー。

なので、まずはこの公園を縦断する「Scenic byway(景観道路)」に乗って走ってみたところ・・・。なんと、驚きの景観の数々が、目の前に広がった。

a0310405_03584562.jpg

Natural Bridge


a0310405_04102679.jpg

「Aqua Canyon」に佇む、その名も「The Hunter」。そう言われれば、人の顔に見える?


a0310405_04161435.jpg
「Inspiration Point」からの眺め


残念ながら、曇りがちだったこの日の天気では、Hoodoos(奇岩)のきれいな色がそこまで出てないのですが、時たま雲間に現れる陽の光に当たった時の、その岩の緋色は本当に美しく・・・。

あーー、勢いに乗ってここまで来て本当によかったぁ・・・。(寒いけどーーー・・021.gif



[PR]

by hulahula2 | 2014-06-26 04:47 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(0)