カテゴリ:2017年-日記(アリゾナ)( 25 )

The 12th MAN

ところで、ここアリゾナ州をネストにする「アリゾナ・カーディナルズ」の試合なんて、実は年間通じて行われているワケなんですよ。それを満を持して今回、試合を見に行ったのには、大きな理由があるんです。もちろんチャリ夫くんが「たまたま家に帰っていた」と言うのもあるんですが、対戦する相手がー・・

a0310405_13181302.jpg
SEATTLE・SEAHAWKS・・!!


ワシントン州シアトルをホームとするアメリカンフットボールのチームです。実は、チャリ夫くん一家は、ここ「砂漠の町」に移り住む前、ワシントン州スポケーンと言う町に住んでいたこともあって、家族そろって・・

大のシーホークス・ファン!! 


いわゆる「The 12th MAN」です。
(シーホークス・ファンは「12番目の場外選手」と呼ばれ、背番号12のジャージを着ます。)

・・・って、アレレ??ちょっと待って???
ここまで最大に前振りしてきた「ホームチーム」って、一体なんだったの??
カーディナルは、オトリ?(鳥だけに?)まさか、シーホークスの応援に行ったとかー・・???

はい。その通りです。

家族3人揃って、シーホークスのTシャツを着て、観戦しました!当然、座ったのもビジター側。(あのお義母さんでさえ、どこからかTシャツを引っ張り出してきて、着てるし! 驚愕)
でも、ネストに乗り込む少数派だった為、ちょっとドキドキしながら出かけたのですが、着いてみるとまだ開場前だと言うのにー・・
a0310405_12093298.jpg
スタジアム前は、この賑わい!しかも、み~んな「シーホークス・ファン」!
(ここは、どこ?)


シーホークスの応援にはルールがあって、誰かが「Sea」と叫ぶと、他のみんなが「Hawks」と後に続きます。なんだか、合言葉みたいなんですが、道行く人たちはみんな、相手がシーホークス・ファンだと分かると

「Sea!!」・・と声を掛けて来るので
「Hawks!!」・・と叫び返し、試合の始まる前から、みんなノリノリ 笑)

まあ、試合そのものは、当然(?)シーホークスが勝ったのですが、アメリカンフットボールの試合ってほんッとに長いー・・。テレビで見ていても、相当コマーシャルが入るのですが、生で見ていてもスポンサーの提供が入るのはおんなじことー・・。しかも、家で見るのとは違い、気軽にトイレに行ったり、ご飯を食べたりできないのが、ツライ。さらにこの週末は「Veterans Day(退役軍人の日)」に当たる為、スタジアムの外のイベントテントは軍関係ばっかり。(ちょっとウンザリしたので、写真撮ってません。)
a0310405_13565727.jpg
スタジアム一杯に広げられたアメリカ国旗

国歌斉唱と共に放たれた白頭鷲が、ドームの中を悠々と飛ぶ姿はそれなりに感動的ではあったんですが、その後、試合の合間、合間に「第二次世界大戦の英雄」だとか「湾岸戦争で亡くなった軍人の家族」だとかが、ぞくぞく出て来るとー・・
a0310405_14051929.jpg
シュルシュル~~・・と、畳まれていく国旗

・・のように、楽しい気分もシュルシュル~~・・と、しぼんで行きそうでしたね。少し前に、国歌斉唱の際に立つのを拒否した選手がいたとかで、問題になったアメリカンフットボール協会。ファンの中には「スポーツに政治を持ち込むな!」と怒る人もいましたが、ホント、それ。

こんな風に、ちょっとだけ残念な気持ちと、耳鳴り、喉が枯れた初めてのアメリカンフットボール観戦。でも、やっぱり楽しかったから、絶対にまた行きたい!早く来い来い、シーホークス!!待ってるぞ~!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-11-12 14:39 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

Thursday Night Football

さて、アメリカでもっとも人気の高いスポーツと言えば、まぎれもなく

アメリカンフットボール

毎週木曜日と日曜日には、プロチーム(NFL)の試合があり、毎週土曜日は大学生チーム(NCAA)の試合があります。アリゾナ州に移って、何がよかったって言うとー・・

ホームチーム ・・・が、ある!!

やっぱり地元の民としては、ホームチームがあるとないとじゃあ、全然違いますよネ。
特に広島県民代表のKAOとしては、野球(広島東洋カープ)もサッカー(サンフレッチェ広島)も、ホームチームがあったので、盛り上がり方が断然違いました。なので、地元にスポーツチームがあると言うのは、もう無条件に嬉しい!!

アメリカンフットボール:Arizana Cardinals
バスケットボール:Phoenix Suns
アイスホッケー:Arizona Coyotes

これだけの、プロスポーツチームがあります。人口の少ないアイダホ州では、まったく考えられなかったことー・・涙)なので、万を持して、行って来ました!

a0310405_12370080.jpg

a0310405_13191625.jpg
最大73,000人が収容できるドーム型のフットボール・スタジアムです!
(ドームの屋根が開いた状態)
a0310405_12514664.jpg
そして、ここを本拠地にする「Arizona Cardinals」のマスコットが、お出迎え


なんかね、エラそうに立ってますケド、キャラがちっちゃな鳥だけに(カーディナル)、ここ地元は「ホーム」ではなく「ネスト(鳥の巣)」と呼ばれたりしています 笑)



こちらは、試合の前に必ず流れる「Protect the Nest(俺達の巣を守れ)シリーズ」

なんかちっちゃ過ぎて、どんなに強そうにしていても、笑いしか出て来ないー・・笑)

a0310405_13395964.jpg
で、こちらは選手登場の様子。

1人1人、選手の名前が呼ばれ、トンネルから走って登場して来るのですが、その度にいちいち炎が上がるんです。で、相当離れた席に座ってる私達のところにまで暖かい空気が伝わって来るもんだから、走り抜けて行く選手は相当熱いんだろうなあ~・・なーんて思ったり。

さらに、試合が始まると、もうことあるごとに、でっかい音のアナウンスと共に
a0310405_14020837.jpg
盛り上がれ、赤い海よ!音を立てろ!
(シンボルカラーが赤の為、真っ赤に染まった応援席は「赤い海」と呼ばれます。)


と、応援席を煽るんです。そして、実際に計測され「デシベル」ならぬ「Nest-ibel-デシベルにネスト(鳥の巣)を掛けた造語-」と呼ばれる数値で、スクリーンに表示されます。
いやもう、どこからどこまで手は抜いておりません!しかも、その数値が低かったりするとー・・
a0310405_14112548.jpg
「Get Loud!」(もっと、騒げーーっ!)

・・・とお叱りが来たりして、もうホント、うるさい!しまいには、耳が痛くなってきます。

ーーーーー

それでは、やっと6時25分。
「Thursday Night Football」のKick off です!!!!!!!


つづく

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-11-11 14:49 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

犬さらいとふらふら日記

皆さま、ご無沙汰しておりました。

「ふらふら日記」のKAOと「子犬様日記」のデイジーで~す。覚えてますか~?

いや~、最後のブログ更新をしてから、早2か月!
ついでに、ハッと気づいたら今年も残り2か月を切ってしまっているじゃあないですか?
時の経つのって、なんて早い・・(←遠い目)とは言え、こんなこっちゃじゃいかん!やはり年内には年内のお話を済ませて、新しい年には新しい物語を始めたいー・・との思いで、よっこいしょと重い腰を上げたワケです。いやー、ブログって、立ち止まってしまったら、あっと言う間にそれっきりになっちゃいますね。反省。まあ、タイミング的にもー・・


\出せーーーッ!いぬさらいーーーッ!/
(がぶーっ!)
a0310405_03314995.jpg

\降ーろーせーッ!/
a0310405_03305050.jpg


・・と、カリフォルニアへ荷物を運ぶ途中、数時間程フェニックスに立ち寄ったチャリ夫くんが、デイジーを連れ去って行きましたし。子犬様のいない毎日は、自由な毎日~・・♪

そう。チャリ夫くんが働いているトラック会社は、ペット同伴OKなんです。ちゃんと事前に会社に報告して、敷金(ディポジット)約800ドルを払えば、ネコだろうがイヌだろうが連れて行かれます。万が一、ペットが車内の装飾(シートやベッドなど)にダメージを与えた場合、800ドルから料金が差し引かれ返金されます。

しかも、ちゃり夫くん、デイジーが到着するなり

「ほら~、Welcome treat(お出迎えのおやつ)だよ~!」・・とか、
「新しい旅には、新しいおもちゃが必要だろ~?」

・・などと、牛肉のステーキを2切れと新しい犬のおもちゃまで買って用意しており・・(笑)

a0310405_05313515.jpg
新しいお友達「ピンクのハリネズミちゃん」と一緒。
a0310405_04384074.jpg
・・こうして、デイジーは「路上の犬」になりました・・・。
(※注 ストリート・ドックー野良犬ーでは、ありません。)

a0310405_04392103.jpg
トラックの大きなエンジン音とジェネレータの音に、おっかなびっくりのデイジー。
(耳が平らになってます 笑)


そんな感じで、アメリカ一番星犬になったデイジーと一緒に再びお届けする「ふらふら日記」。
年内には巻き返したいと思いますので、これからもどうぞ、よろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-11-07 04:50 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(8)

皆既日食と大統領

再び、お久しぶりの「ふらふら日記」です。
お家騒動や引越戦争の話題にも少々飽きて来たので、この辺でちょっと閑話休題。

さて8月21日は、アメリカが待ちに待った「皆既日食」の日でした。
アメリカ大陸で皆既日食が見られるのは、1979年以来・・と言うこともあって、各地でかなりの盛り上がりを見せてたんですが、ご存知の通り皆既日食が見られるのは、ごくごく一部の地域に限定されます。ここアリゾナ州は、もれなく外れてました。
a0310405_06374301.png
こちらが、その選ばれし州

・・って、アイダホ州が入ってるじゃん!
そうなんですよー、この砂漠の町に引っ越して来なければ、今頃こ~んなステキな皆既日食が見られていたはずなんです。

アイダホ州在住コルネさんのブログ「WILD WILD WEST」
(※湖のある温泉地からは、少し離れてますが・・)

ねーーっ。
「部分日食」なら、見たことありますし、皆既日食に比べたら、そんなに大騒ぎするこっちゃありません。それにこの日は、朝から1日中働いてましたし、暑いし(それは、カンケーない?)なんだか盛り上がりムードにイマイチ欠けた、ここ「砂漠の町」。ところが、この1週間前にちょうどテキサス州から、荷物を積んでワシントン州まで旅立って行ったチャリ夫くん。

a0310405_06514988.jpg
ちょうどアイダホ州の北の町で、近いものが見れたようです!(いいなあ~)


一方、皆既日食が去った、ここ「砂漠の町」では同じ週に

「トランプ大統領が、やって来るー・・!!」・・と言う、ニュースが飛び込んで来ました。

こう言ったトップシークレットなニュースって直前まで、予定を出さないんですよ。
だから「火曜日か水曜日に、訪れるだろう」と言われてたんですが、どこへ行くとか、どれくらい滞在するとか、まったく情報がなかったんです。いつもなら、火・水曜日はお休みなので、まったく気にもならなかったのですが、たまたまこの週の火曜日だけ、同僚と交代して働くことになっていたものですので、彼の行く先や時間帯によっては起こりえる道路規制が気になっていたんです。でも、まあ、空港近辺や町中へ行ったりするわけではないから、大丈夫かー・・と、いつも通りに出かけた、火曜日の朝。

ところが、まさかの大渋滞・・!!

しかもなぜか、KAOが働いているスパがある、ホテル近辺まで続いているんです。なぜっ?!・・と思っていたら、実は今回の大統領のお宿は、ここなんだとー・・!


いや、早く言ってよー!うっかりして、1分遅刻しちゃったじゃないーっ?
このホテル、町中から離れた1軒宿的リゾートホテルなので、まさかないだろうと思ってましたが、2009年にはオバマ大統領も宿泊したとのこと。火曜日のスパは、比較的人が少なく穏やかなので、外の様子が全くわからず、訪れたお客さんが興奮気味に、

「部屋から、このスパに到着するまで30分よ!30分掛かるなんてっ!カオスよ、カオス!」

と言っていたので「あらー、どうしてですか?外には、たくさん人がいるんですか?」と聞いたところ、その場に居合わせたお客さんみんなが

「トランプよっ!!(怒)!!」(←なぜか、口調が怒り気味 苦笑)

a0310405_04521830.jpg
「・・・トランプ、お前かー。」


この夜、町中では、トランプ大統領の演説のすぐ後に、警察とデモ隊とがぶつかり合い、催涙弾が投げ込まれたり、もう大変でした。なるぼど、町中のホテルには泊まらないはずだわー。
それでもって、テレビのニュースさえ見なければ、なんてお気楽大統領ライフ・・。
(都合の悪いマスコミは、全部否定して)

いや、もしかすると、あの同僚(メキシコ人)は、このデモ隊に参加するために、急遽私と休みを代わったのか?!(事前に、秘密組織から情報を収集?)

・・・そんな疑惑が沸き起こった、火曜日の夜のことでした。
(明日行ったら、聞いて見よ~っと♪)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-08-25 08:27 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

Storage War!!

みなさま、こんにちは~。
またまたまたまた、ご無沙汰しておりました。気が付けば、もう8月っ?!
日本では「暑さ寒さも彼岸まで・・」と言いますが、相変わらず絶好調に暑い、ここ「砂漠の町」から久しぶりにお届けする、ふらふら日記。

Flagstaffで、心の洗濯をして、再び帰って来た1人と1匹を、待ち受けていたものはー・・

Storage War‼ --・・そう、今度は「倉庫大戦争」の勃発でした。

長い月日の果てに、ようやく見つけた新しいアパートだったんですが、これまで住んでいたアパートに比べ、収納箇所が圧倒的に少なく、ガレージ(車庫)もありません。その為、現在ある荷物を、全部持ち込むことができないー・・。そう思った私達は、共同で貸倉庫を借りることにしたんですね。場所もちょうど、新しいアパートから車で5分も掛からない所で、最初の3か月は25%off!6月1日からの契約で、ちょうどアニキがいた時に借りることができたもんだから

「倉庫借りましたから、引っ越し前に、少しずつ荷物を持って行くことができますよ~。」
(自分の荷物は、自分で持って行ってくださいね~。)

・・と言ったのですが、なんだか浮かない顔。
契約や支払い、鍵の設置なんかは全部KAOがしたのですが、どうも、アニキの荷物(家具など)は、引き続き私達が使っている上に、倉庫代も割り勘はおかしい・・と言うのが本音のようです。まあ、それならそれでいいや・・と思ったのですが、今度はお義母さんまで

「私の荷物は、自分の部屋に詰め込むから、倉庫はいらない。」(お金は出したくない)

・・と言いだす始末。みんなで決めたことだったのに、土壇場になって急に態度を変えるなんて

もう・・どっか~~~っん・・173.pngと、大きな花火が頭から上がりましたね。

でも、倉庫なしでは生活できないのは目に見えているし、お義母さんはともかく、アニキの言い分もわからないでもない為、結局アニキの荷物だけは一緒に貸倉庫に運び込むことしたんです。しかしこの時期、日中の気温はすでに40℃を軽く超える日々。

a0310405_11534382.jpg
いや、50℃越えの記録的な猛暑!!


なので、前日から車に荷物を積めるだけ積め込んでおいて、朝早く比較的涼しいうちに
(比較的ですよ~!)高速を約20分ぶっ飛ばし、ほとんど毎日のように貸倉庫へ荷物を持って行っては下ろす・・と言う作業の繰り返し。

a0310405_11580253.jpg
倉庫の守り犬「貸倉庫の平和も、ワタシが守る!」

あんなに車に詰め込んだ・・と思ったのに、いざ荷物を下ろしてみると、たったのこれだけ!

a0310405_11584437.jpg
「まだまだ、詰めましゅよ~169.png

a0310405_11593912.jpg
「むぅ~、段々スペースがなくなってきましたでしゅ・・。」

この頃から、守り犬様、段々、前へ押しやられます 笑)

a0310405_13125874.jpg
そうして、ついに追い出されました 笑)

(守り犬なのに~っ!)


「でっかい箱には、詰めないように~っ!」・・って、あんなに言っておいたのに、男子2人とも面倒だからでっかい箱に詰め放題!持ち上がりませんよ。しかも、この頃になって、ようやくお義母様も新しいアパートは狭い・・と気が付いたようで「倉庫を使わせてもらってもいいかしら?」と言って来ましたね 苦笑)

a0310405_13175552.jpg
天井ギリギリまで、詰め込みます!


クーラー付の貸倉庫もあるのですが、私達が借りたのは普通の倉庫でしたので、ほとんどサウナの中で作業しているみたいでしたね~。「砂漠の町」で、夏に引っ越しちゃあいけません!しかも、これぜ~んぶ自力で運ばせていただきましたよ。(守り犬様は、本当に見守るだけー・・)

ところが、こんな状態で詰めて行った最後の最後の日に、なんとタイへ帰ったアニキから連絡が入り「白い箱に入った書類は、大事な物なので、倉庫じゃなくてアパートで保管して欲しい。」・・と言われ、聞いた途端、再び

どっか~~~ん!!・・173.pngと、でっかい花火が頭の上から上がりましたね。

いや、普通の打ち上げ花火じゃないです。宮島の水中花火!

a0310405_13500532.jpg
だって、この下・・・この下、ですよ!!!!この下っ!!!


だから、何度も何度も確認したのに、今さら遅いですよーっ!

発掘不可能です。このまま、静かに眠っておいてもらいましょう。


ーーーー


「守り犬様のリベンジ」


アニキ滞在中。居間に敷かれた、動物ギライのアニキの簡易ベッドの上で

a0310405_13531160.jpg
・・くつろぐ子犬様

「ふふ・・犬の毛、いっぱい付けときました。」(よくやった!)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-08-05 01:39 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(6)

Flagstaff デ 洗濯

こうして、朝6時30分にチャリ夫くんを見送って、あっと言う間にメインイベントは終了~。

これ以上もう「Flagstaff」にいる意味も理由もないんですがー・・。
ご存知の通り、家に帰っても「例のあのヒトと寝る生活」+「気温40度」の砂漠の町。
それに比べると、標高2,100mのFlaggstaggは、気温25℃と超快適~!折しも、この日からお仕事はお休みですしー・・。なので、1人と1匹は

鬼の居ぬ間に、Flagstaff デ 洗濯!!

・・を、決行することにしました!まずは、情報を得るために「ビジターセンター」へ・・。

a0310405_07113492.jpg
1926年建設の駅を利用しています。
a0310405_07161718.jpg
建物の中は、旅情溢れる駅のデザインがそのまま。右上の時計は、日本時間を指しています。

a0310405_07165999.jpg
旅心をそそられます。

a0310405_07181654.jpg
ペット不可なので、子犬様は外から見るだけ~・・笑)(ずるいでしゅ!)

a0310405_07191192.jpg
子犬様にとっては、初めての「ルート66」
得意満面で記念撮影中。(ふふっ、みんなに自慢できましゅ。)

駅の住所は「1 E Route66」。
Flagstaffのイの一番??まさに、道はここより始まるって感じですね。


せっかくFlagstaffに来たので、ハイキングでもしたかったのですが、術後1週間の子犬様を連れてましたので、ムリはせず町中の小さなトレイルを歩くこと。ここ、Flagstaffには、

a0310405_13483862.jpg


・・と呼ばれる、公園から公園を結び、町中を網羅しているトレイル・システムがあるのですが、その中でもビジターセンターの方のお勧め

a0310405_13502464.jpg
「Baffalo Park」へ、やって来ました!
(入り口にある、バッファローを前にご満悦な子犬様)


全長3.2kmのループなんですがー・・。期待していたような、森の中を歩くトレイルではなく、まっすぐでだだっ広い土の道です!日陰もないし、歩いても意味がなさそうなので、途中から勝手に森に入って、Disk Golfのコースとか、ウロウロ歩いてました 笑)

a0310405_14263490.jpg
勝手にウロウロ・・。
こんな道がずっと続いているんだったら、よかったんだけどね~。


この後、別の公園から他のトレイルも歩いてみたのですがー・・まあ、似たり寄ったりでしたね。ハイキング気分を満喫したいのなら、森林公園まで行かないとー・・と思った1人と1匹でした。でも、子犬様も術後1週間の割には、元気に歩いてくれましたし・・

a0310405_14320293.jpg
「満足でしゅ。」


こうして、鬼の居ぬ間に心の洗濯をして、1泊2日で帰路に着いた1人と1匹なのでした・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-07-20 14:54 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

再会のFlagstaff

こんな風に、名前を言っちゃいけないあのヒト(お義母さんだから!)・・と一緒のベッドで寝ることになった1人と1匹でしたが、なんとその翌日、路上訓練中のチャリ夫くんから、こんな連絡があったんです。それが・・

「西海岸へ荷物を運ぶ途中、Flagstaff に泊まれそうだよ~。」・・でした!


・・・は、あの有名なルート66が通っている、アリゾナ州の北の町。過去に何度か訪れたことがあるんですが、1人で車を運転して行ったことはありません。でも、あのアニキとお義母さんの間に挟まれて、肩身の狭い思いをするくらいなら・・

a0310405_12530465.png
・・いや、迷うことはないでしょう?もちろん、走りましたともっ!!!!


仕事が思いの他忙しかったのですが、ムリを言って2時間だけ早めに上がらせてもらい、家に寄ってデイジーを乗せた後は、ただひたすら北へ北へと走りました。標高2,100mのFlagstaffへの道のりは、アイダホに似た懐かしい針葉樹と山々の景色。

a0310405_13315426.jpg
「むぅ~・・。この景色、、匂い、、なんだか懐かしいでしゅ。」


こうして、高速を飛ばしに飛ばし・・暗くなる前に、ようやくFlagstaffの町へ辿り着くことができました。「避妊手術」があったり、知らない巨体がベッドで寝ていたり(苦笑)子犬様にとっても、この時期は大変だったんだと思います。なので、旅先でチャリ夫くんが出迎えてくれたことは、本当に嬉しかったんでしょうねえ~・・。なんたって、

a0310405_01415062.jpg
じーーーっ・・・162.png

・・と、チャリ夫くんから、目を離しません 笑)


でも、この時はまだ術後約1週間くらいでしたから、嬉しくって車から飛び降りようとしたり、チャリ夫くんに飛び上がろうとしたりするたびに、お腹の傷跡がプチッとはじけないかと思って、ヒヤヒヤしましたよ~。

そうして、翌朝6時過ぎには、チャリ夫くんは再び路上の人となりー・・。

a0310405_01585235.jpg
長距離トラック専用の駐車場。ほとんどの運転手は、こうやって寝泊まりしているようです。

a0310405_01590554.jpg
フォーン・フォーン・・と、警笛を鳴らして、去って行くトラック。

a0310405_01591189.jpg
・・・それを、見送るデイジー


夜7時前に到着し、翌朝6時30分には出発。短い時間でしたけど、やっぱり、会えてよかった!
次は、いつ会えるのかなあ~。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-07-15 02:15 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(6)

アニキの帰還

さて、そんなこんなで、私が子犬様につきっきりだった頃。タイへ旅立ったお義兄様が、約1ヶ月ぶりに帰って来ることになりました。出かける際に「当分は戻って来ない。」と言っていたのに・・・まさか、引っ越しのお手伝い??(いや、それなら大歓迎!)ー・・とか、色々思ってたんですけど、それより何より、ここで「家庭内戦争」が勃発することになってしまいました。

なぜなら、お義兄様は「タイで暮らす=家を出て行った」ことになっている為、この時、お義兄様のお部屋を使っていたのは、私とデイジー。お部屋の荷物も大方片付けて、家賃も私達が代りに払うことで合意してたんです。なので、この「アニキの帰還」を聞きつけたチャリ夫くんから

「絶対、部屋を譲るな!帰って来るんだったら、今度はアニキが居間で寝る番なんだ!!」

・・と、しつこいくらい念を押され。
まあ、私もこの「家庭内戦争」に首を突っ込むのはメンドーだから、誰がどこで寝るか確認もしないまま、ついに「アニキの帰還日」を迎えたワケなんです。ところが、いざ仕事から帰って来て見ると、なんとお義母様から、いきなり

「息子を自分のベッドで寝かせてあげたいから、アナタのベッドで一緒に寝てもいい?」

・・・と言われたんですよーーーーッ!いや、これにはさすがにー・・

a0310405_12594826.jpg
一瞬で、凍り付くデイジー
(え?なぜ雪が?ここは確か、砂漠の町。そう、雪ソムリエと呼ばれたのも遠い過去・・)

確かにね、長旅で、さらに病気を抱えたお義兄様を居間に寝かすのは、申し訳ないですよ。でもねー、それなら「お義母さんが、居間に寝ればいいじゃあないですか?」でも、自分は居間に寝られないから、私のベッドで一緒に寝る・・・って、なんなんですかーっ?しかし、ここで「それじゃあ、私が居間で寝ます」・・と言ったら、それはそれで相手の思うツボ。しかも、私は翌日も仕事。居間で寝る気はさらさらありません。しかも、この提案を出された時間が、そろそろお義母様が就寝される時間をとっくに過ぎた、夕方7時頃。私も仕事から帰ったばかりで、疲れてましたし、これ以上揉める力もなくー・・

「はい、どうぞ。寝てください。」・・と、言いましたね。

ベッドはキングサイズなので大きいっちゃ大きいんですけど、まあ、その分、お義母様も大きいワケで・・苦笑)夜遅くなって、そろそろ寝ようかと静かに扉を開けてみると、暗闇の中に大きな巨体がグーグーいびきをかいて寝てる姿を見て、怯えて部屋に入ろうとしないデイジー 笑)

a0310405_04370399.jpg
「知ってましゅ。アレは、名前を言っちゃいけないあのヒトなんでしゅ・・。」
(なので、絶対ここから入りましぇん。)


で、今回、アニキが帰って来た理由は、なんと前の奥さんとの間で揉めている「離婚調停」について、裁判所から呼び出しがあったからなんだそうです。そんなこと知らないもんだから、いつお手伝いしてくれるのかな・・と期待しつつ迎えた「離婚調停」の翌日。なんと

「調停終わったから、明日の早朝の飛行機で、タイに戻るよ。」と言われ、これまた

はあ?

・・と、凍り付いてしまいました。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-07-09 04:57 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

さよなら、ヒート

さて「砂漠の町」で、新しい獣医さんを見つけて、もう1つ行わなければならなかったこと。

それが、デイジーの避妊手術・・でした。

人口3,000人の「湖のある温泉地」では、町のほとんど(?)の人達が、デイジーを知っていて「デイジーに子犬が出来たら、是非教えてね!」と言う人が後を絶たず、イイお婿さんがいたらいいねー・・と夢を見ていたのですが、プロのブリーダーでなければ、大抵の人はとっとと避妊手術をしてしまう為、残念ながらイイお婿さんに巡り合えることはありませんでした。
(いいBFはいたんですけどね~?)

しかし、動物ギライのアニキや貸アパートのカーペット・ソファなどに与えるダメージなどを考えると、悩みましたね~。次のヒート(生理)が来るのが、6月~7月頃とわかってましたし、それなら新しい場所へ引っ越す前にやってしまおう・・と、ついに決心したワケなんです。ちょうど引っ越して来た2月28日が「World Spay & Neuter Day(世界動物避妊手術の日)」にあたり、イベント会場で避妊手術のための特別クーポン券(なんと、20ドル!)を扱っていたのも、後押ししました。

場所は、高速に乗って車で約45分程離れたところにある「Arizona Humane Society(動物愛護協会)」。朝7時には着いていないといけなかったので、通勤ラッシュも考えて朝6時前には、1人と1匹で家を出かけました。

a0310405_09281422.jpg
ここは、どこー・・?
デイジー@再び・ダマされ中


この避妊手術なんですが、ほとんど場合マル1日掛かります。獣医さんによっては、一晩様子を見て返す場合もありますが、朝7時に受付を済ませた後は、午後4時30分頃から、順番ずつお家に連れて帰れるとの話だったので、そのまま待機することに。ところが、この日はたまたま午後に獣医さんの会議が入っていた為、なんと午後2時30分にはデイジーを受け取ることができました。

でもね、本来だったらまだ受け取れないこの時間帯で現れたデイジーは、もうヘロヘロでとってもツラい思いをしたようで、うつむいて目も合わせてくれません!さらに、気温45℃を越える中を今度は帰宅ラッシュが始まった高速に乗って帰る道のりは、本当に長くー・・。

家に帰った後は、獣医さんの注意書きをしっかり読み込み、つきっきりで面倒をみることに。

ー外に出さないこと
ー術後3時間は、食事・水を制限すること。3時間たっても、いっぺんに与えないこと
ー10日~14日は、安静にしていること(走ったり、ジャンプしたりしない)
ー傷口を、1日2回チェックすること
ーもし傷口が汚れていたら「過酸化水素」で、丁寧に拭くこと
ー術後7日間してから、お風呂に入れること
ー傷口を舐めさせないこと
ー人間の薬を与えないこと

特に、術後はちょっとした光や音にも敏感になるようで、普段は全く気にしない小さな物音(お義母さんが居間で歩く音とか)にも、ハッと反応して立ち上がろうとして、なかなか休めなかったようです。お腹も毛をそられてハゲちょろになってるし、熱はあるし、麻酔のせいで吐いたりしているのを見ていたら、なんだか自分が盲腸を切って入院した時の痛みを思い出して、さぞかしつらいだろうと本当に涙が出ましたー・・。とにかく熱中症が心配で、お水を飲めない分、氷の塊を舐めさせたり、濡れた手を舐めさせたりして、なんとか水分を補給させ、お薬をムリヤリ口の中に放り込みー・・なんだかんだで、ほぼ一晩中起きてたように思います。

a0310405_09283921.jpg
「アイスノン」もらいました。
小っちゃかった頃のデイジーを思い出して、ちょっとしみじみー・・。
(※参照 続・ふらふら日記「夏のおさらい」

こうして、翌日の午後ー・・。
なんか食べようと、台所に立って遅いお昼ご飯を作っていたら、ベッドの上でデイジーが目を開けて、こっちを見ているではないですかー・・もしかして、お腹空いたー??
そう思って、ご飯を持って行くと・・

a0310405_09282942.jpg
食べたーっ!!

それから、自力で歩いてお水を飲んでいる姿を見た時は、本当に心からホッとしました・・涙)
その後、2日くらいは生理のような出血がほんのちょっとだけあって、びっくりさせたのですが、念の為に買っておいた「エリザベス・カラー」も1度も使うことがなくー・・

a0310405_11033172.jpg
「なんでしゅか?この物体はー・・??」
(ナゾの物体と記念撮影)

・・って言うか、子犬様にこのサイズは、いくらなんでも大き過ぎますよね~?見てない間に、傷口を舐めたらいけない・・と1度だけ試してみたんですが、スポ~ッと抜けてしまいました 笑)

避妊手術をすると性格が変わるとか、筋肉質になるとか・・色んな噂がありますが、今のところ、デイジーはデイジーのままで、相変わらずの子犬様です 笑)

よく食べて、よく遊んで、ニコニコしています。でも、それが、1番ー・・!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-06-21 13:10 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(6)

新しい獣医さん

さて、チャリ夫くんが去って、再び戻って来た1人と1匹の日々。

これまでは「チャリ夫くんがいれば~、陽はまた昇る~アリゾナ砂漠~169.png」・・だったんですけどネー。1人になったらそうはいきません。特に、一番憂鬱だったのが「車の運転」
なんたって信号機2台の田舎暮らしでしたので、右も左もわからない、この「アリゾナ砂漠」を高速に乗って移動するのが、一番イヤでした。しかしチャリ夫くん、こう言うのは結構スパルタで「外へ出なければ、英語力も衰えるし、自分で行動ができなくなる。」と、兼ねてから計画していた、デイジーの新しい獣医さんを探しを始め、そして

「キミが連れて行くんだ!」・・と予約だけ入れて、去って行きました・・・。

まあ、そんなワケで子犬様、ここに来て初めて「砂漠の町」の新しい獣医さんを訪れることになったんですが、お出かけと思いウキウキ車に乗り込む子犬様をダマくらかして、獣医さんへ連れて行くのは、結構心が痛みー・・

a0310405_03394050.jpg
「ダマしましたでしゅね。」(また、ダマされましたね。)

待合室の椅子の下に潜り込んで出て来ない、デイジー。


新しい場所へ移ると人間様も色んな手続きが必要になりますが、ペットも色んな手続きが必要になります。地元の獣医さんへ行くのは、そのうちの一つで、行けば地元の情報に溢れています。
車を駐車場に付けるなり、早速ー・・

a0310405_03341585.jpg
目の前に、大きなイラストがー・・!!

「友達は、友達を熱い車の中で待たせない!」
(気温25℃だと、アスファルトは51.5℃・・!)

a0310405_03384490.jpg

さらに「気温32℃でも、車内は15分で61℃・・!」・・と、暑さ警告をしています。
アリゾナ州では、監視なしで車にペットを放置したり、それが元でペットがケガをしたり、死に至った場合は法律で罰せられます。まあ、この暑さですから、まさか車にペットを残して出かけたりする人はいないと信じたいのですが、ここまで書いてあるってことは、そんな例もあるってことなんでしょうねー?

a0310405_03381408.jpg
こちらは蚊に刺されることによって蔓延する「犬フィラリア症」


こんなにカラッカラなのに、とにかく蚊が多い!!ふと浴室の天井を見上げると無数の蚊が止まっていて「ひえ~っ!」と思ったことは、1度や2度ではありません。なのに、このうちでは誰もそんなこと気にしてないようです。ナゾですねー。

a0310405_03380998.jpg
「犬のレプトスピラ症」が、大発生中!!

コヨーテなどの野生動物から、犬に感染することが多いそうです。

それから「花粉アレルギー」と「ダニ対策」

a0310405_13252364.jpg
・・気が付いたら、お薬だけでこ~んなにたくさんになってました!


しかし、小賢しい子犬様は、たまにお薬だけ残してご飯を食べたりしますから、どうやってお薬を飲ますかー・・。

そこが、悩みどころですね~。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-06-14 13:49 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)