カテゴリ:2017年-旅日記(アリゾナ)( 7 )

スタコラ。

こうして巷に、驚愕(?)を与えた、フェニックスでの1週間。
無事に「呪いのRV」も返品出来たことだし、これ以上の長居は無用ー・・と、荷物をまとめて、スタコラ出て行くことにしました~。そうして、再び西から近づいて来る冬嵐に捕まらないよう、ひたすら北へ北へと走り続けました。

a0310405_06580943.jpg
 何もない砂漠から、突如現れる、ラスベガスの灯り


この夜はラスベガスに泊まったのですが、繁華街から離れていた為、どこへも行かずー・・。
翌朝、朝食を食べたカジノのスロットに$5を入れたら、1分も経たないうちに倍になったので、

「よぉ~しっ!もういいだろう~。」

と現金に換え、再びスタコラ北へ向かうことにしました。1番心配だった、標高約2,000mのネバダ州の町Elyも無事に通過しー・・。

a0310405_06583952.jpg
たくさんの大型トラックが道端に止まって、チェーンを装着していた為、高速道路は大混雑

a0310405_06584635.jpg
北へ、北へー・・スタコラ、スタコラー・・

ただ、お天気もこんな感じでしたので、子犬様休憩もできずー・・。

a0310405_07361561.jpg
ぼーーーーーっ。


まあ、それは、人間様も同じことでしたけどね~。
こうして、ひたすら走り続けた2人と1匹が、州都Boiseにたどり着いた頃には、辺りは真っ暗。
このまま家まで、ひたすら走り続けるかどうか悩んだのですが、雪も降り始めてましたし、空港に止めてあったKAOの車を引き取って、この夜は近くに泊まることにしました。

そうして、チェックインをしに入ったフロントデスクに、なんとー・・!

a0310405_06590967.jpg
「犬のおやつ」が、置いてありました!


おおーッ。やっぱり、アイダホだなあ~・・。ここに帰るまで「犬のおやつ」が、出て来た場所なんてなかったです。これに気をよくした、子犬様ー・・

a0310405_06585988.jpg
「ビンごと、渡してもらおうか。」
(こらこらーッ!)


いくら「Dog-friendly(犬に優しい)」アイダホ州とは言え、それは調子に乗り過ぎですよっ!
(ごめんなさいでしゅー・・。)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2017-02-03 08:50 | 2017年-旅日記(アリゾナ) | Comments(2)

WHAT A WEEK!④

明けて、翌朝。
RVの様子を見に行ったチャリ夫くん、真っ青な顔になって戻って来て

「エンジンが、掛からないんだ!」

なんと、ジェネレータの電源がオンのままだったのに気がつかず、バッテリーが上がってしまったんです!慌てて、自分達の車を持って行ってケーブルに繋いだのですが、さすがは大きなRV・・半日くらいつなげて、ようやく走り出せるようになりました。さらに、色々なところに問い合わせ「自動車の所有者登録」も完了し、Newell社からは、メタルプレートのVin No.を再発行してもらえることになったんです。

まあ、でもね。その頃にはあんなに熱かったRV熱も、すっかり冷め~。
このまま路上に放置し続ける訳にもいきませんし、アイダホ州へ持って帰るにしても、いきなり雪道デビューはリスクが高過ぎるー・・。なので、2人で話し合った結果「Snow Bird」計画は、取り敢えず「白紙」に戻そうー・・と言うことに決めました。つまり、買ったばかりのこのRVを

売ろうー・・と!!065.gif

そうなれば、心はドナドナ~・・060.gif
とにもかくも早く売れて欲しいー・・の一心で載せた「RV売ります・買います」。
載せた直後からものすごい数の問い合わせが入って来て「おおっ!これは期待できるかぁ?」と思ったのですが、なかなか売るまでには至らずー・・・。そうこうしているうちに、フェニックス滞在期間も残りわずかになって来て、切羽詰まったチャリ夫くん、なんと、とんでもないことを思い付いたんです。それが

そうだ、この「呪いのRV」を、あの「うなずき親子」に返品しようー・・!
・・だったんです。しかし、それはあまりにも無謀な作戦のように思えたのです。なぜならー・・

ーすべて現金で支払っている。
ーレシートがない。
ー解約規則もない。

再び、痛恨のないないないづくし。それよりなにより、あの「うなずき親子」がそれに動じるはずがないー・・との見方が強かったんです。しかし、最初に書いたようにこのRVもすでに「ないないないづくし」だったので、本来だったら、売ってはいけないシロモノ。つまり「違法」と言うことで、相手を呼び出せるんじゃないか・・と言うのが、チャリ夫くんの考えでした。

そうして、あの「うなずき親子」と、朝10時に銀行で落ち合うことになったんです。

「何かあった時の為に、一緒に行って車の中で待機しておこうか?」と心配するKAOに

「その為に目撃者もたくさんいて、セキュリティカメラと警備員もいる場所(銀行)を選んだんだ。入金もすぐできるし、大丈夫だ。」

・・と言って、1人で出かけて行きました。

a0310405_02165757.jpg
人も待つ・・犬も待つ・・。


そうして、待つことしばしー・・。
約束の時間から約30分後。コンピュータとにらめっこしていたチャリ夫くんのお兄さんが、

「銀行口座にお金が振り込まれたぞ!」(それも、なんだかなあ~?)

ついに、買った時と同じ金額が口座に振り込まれたんです。取り敢えず、話がついたんだ・・・と、一安心したのも束の間。いつまで待っても、帰って来ないチャリ夫くん。ようやく戻って来て

「向こうも家族総出で、来てたんだ。」

ブツブツ文句を言いながらも、返金してくれたらしいのですが、その後が悪かった!
銀行から出て、一緒にRVを取りに行った際に、これまでにチャリ夫くんが調べてわかった仕組みを説明していたらしいのですが、あろうことか、

「Vin No.が、見つかったんだ!」

なんとドアのステップを降ろした後に、小さなドアが見つかって、その中に付いていたそうなんです!(もちろん、紙でしたが。)その瞬間、息子の方がポケットからナイフ出して

「てめえ~、騙したのかあー??」・・って、すごんで来たから

「なんだ、その態度は!お前なんか、ビジネスマンじゃないぞ!ただのチンピラ小僧だ!RVの仕組みも説明できない上に、ナイフなんて出して来たら、誰もお前からRVなんか買わないぞ!」

・・・って、言ってやった(チャリ夫くん説 ←なんだか、得意気004.gif )・・・んだそうです。

ふぅ~・・。でも、まあ、今回の件は、お互いにいい勉強になったのかもしれませんね。
しかし「Snow Bird(渡り鳥の生活)」計画が「白紙」に戻った・・と言うことは、

夏もフェニックスに住み続ける・・ってことなんですけどねー・・。

a0310405_02164891.jpeg
「砂漠の犬になる、覚悟はできている!」

(そ~お?暑いよ~?)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2017-02-02 06:25 | 2017年-旅日記(アリゾナ) | Comments(10)

WHAT A WEEK!!③

「MotorHome(動く家)」を購入したからと言って、すぐに「Snow Bird(渡り鳥の生活)」が、始められるワケではありません。この巨大なRVを長期にわたって、止めさせてくれる場所、いわゆる「RVパーク」・・・を、探さなくてはいけないんです。

ここ「湖のある温泉地」近辺にも、たくさんの「RVリゾート&パーク」または「RVキャンプ」と呼ばれる場所があるのですが、川沿いにあったり、木々に覆われていたり・・・と、どこもステキなんです。中には、自分の土地の一部を「RVスペース」と称して開放し、電気代・水道代込の手軽な料金で、長期滞在者に貸している人達もいます。そう言ったところは、止める場所も広くて、とってもゆったりとしています。

なんですがー・・。
所変われば、品変わるー・・・フェニックスの「RVパーク」は、ちょっと事情が違いました。

「RVパーク」そのものはピンからキリまであるのですが、まずどこも、一杯!!
今がシーズンだから・・と言うのもあるのですが、そもそも夏と冬の料金が、倍以上違います!
ピンからのキリの「キリ」の方だと、もうー・・

バラック・・と言っていいくらい、カオスです。

様々な事情で家が借りられない低賃金労働者達が、ほぼ廃車状態のRVを家代わりに暮らしているんです。中には、タイヤを完全に外して家のような外観にしている物もあります。そのほとんどは、南アメリカからの出稼ぎ労働者と見られー・・(国境のある州ですからネー・・)
しかも、ひとつひとつの敷地が狭いので、隣同志が近く、さながらRV版カプセルホテル・・と言った風情です。住めば、いつかは都・・になるのかもしれませんが、その状況に身を置いている自分達を想像しただけで、

ムリ・・・でした。002.gif

とは言え「ピン」の方になるとー・・お値段、いきなり約10倍くらい上がりますしー・・。

a0310405_11493219.jpg
「むぅ~。ドック・パークがあれば、それでいいんでしゅけどね~。」
(むしろ、ドック・パークの中に、RVパークがあってもいいくらいでしゅ。)


「RVパーク」によっては、プール・ジムが付いていたり、図書館があったりと、共同で集える場所がある為、その分お値段が高くなっていたりするのですが、おんなじ共同施設で、冬は夏の2倍に跳ね上がるのは、ちょっとイタイなあ~・・。

それでもそんな中、数か所回って「これは!」と、思える「RVスペース」を見つけたんです!
地主さんが、自分の土地を「RVスペース」として、長期滞在者に開放している、まさに理想的な場所。少し郊外ですが、高速の入り口も近く、街へ行くのも便利。そして、何より、ひとつひとつのスペースが広くて、隣との間に柵を作ってくれていることです。最大8台しか止めることが出来ないため、回りも静かで環境も良さそうでした。お値段も1年中おんなじで、安くもなければ高くもない感じです。そして、ちょうど1か所だけ空いているとのこと。

よしっ!そこだッ038.gif

・・と、決めたのが、RVを買う前日のこと。
いい場所も見つけたし、後はRVを買って、契約を結びに行くのみ・・・だったのですがー。
ところが、例の「うなずき親子」から、RVを購入し、家の外に駐車したちょうどその直後。
なんと地主さんから、チャリ夫くん宛にメッセージがありー・・

「2年契約したいって言う人がいて、入金もあったから、そっちを優先することにしたよ。」

・・この瞬間、2人共、凍りつきましたね。
えっ?じゃあ、今、買ったばかりの、この「鉄のかたまり」ー・・どうしたら、いいの??
止めるところがなければ、どこへ持って行くこともできません。そもそも、公共の道路走る許可ないし、路上駐車で放置したままにするには、大き過ぎるしー・・。車の性能と安全性を確認するテストにパスするまでは、アイダホ州にも持って帰れないんですよ!しかも、長距離運転に耐え得るかどうかも、全然わからないしー・・。

まさかー・・邪悪な結界は、ここまで私達を追いかけて来たのかー・・っ?!

a0310405_13370051.jpeg
「逃がさへんで~。」
(邪悪な顔のサボテン)


いや~、さすがにこの夜は、2人とも眠れませんでしたねー・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2017-01-29 13:44 | 2017年-旅日記(アリゾナ) | Comments(4)

WHAT A WEEK!!②

こうして、手に入れた「MotorHome(動く家)」。
意外にも中のインテリアは、キレイで新しかったんです。約15年前まで所有していたオーナーが全て自分好みに改造したようで、とにかく車内の隅々に渡るまで、並々ならぬこだわりと情熱を感じる作りになっていました。

a0310405_12071644.jpg
車内も広々とした、明るいソフト・ホワイト。ソファもフカフカ。(※対象比較 子犬様)

a0310405_12070712.jpg
こちらは、後方。一番奥が寝室です。
ダイニングテーブルの椅子にキャスターが付いていて、運転中にゴロゴロと動き回りますが・・


さすが「Newell社」のRVを買うようなマニア(?)だけあって、細かいところまで自分のスタイルにカスタマイズされてました。つまり、裏を返せば、自分以外の人が使う場合、ワケがわからないことが多すぎる・・ってことが、ナンですねー。

a0310405_11442850.jpg
そのこだわりが、こちらの膨大な資料の山々となって、見つかったのですがー・・


たまに、タイプライター(!)で、打った資料が混ざっていたりもしますが、全て手書き!
几帳面な方だったんでしょうねえ。このRV改造に掛かった、すべての資料と請求書の束が、そのままそっくり残されていました。中には、電気系統の配線図なんかもあるんですが、それもすべて手書きです。いや、その細かいことと言ったら、これはもう、ひとつの歴史と言っても過言ではないでしょう。

ま、それはともかく。

ところが、これだけの資料が残されていながら、肝心の「取扱説明書」が、ないんです!!!
調べたところ、このクラッシックタイプのRVは、初めからカスタマイズを目的にしているため、取扱説明書が最初からついていないそうで・・・・009.gif

でもね、それよりも何よりも、もっともっと大変なことー・・

「車の所有者が、15年前のまま変更されていない」!!
「ナンバープレートの登録が期限切れ」!!

・・って言うことに、気が付いたんです!
これは本来、車のディーラーが行わなければいけない手続きなのに、全くされていなかった!
(いや、買う前に気付けよ・・ってことなんでしょうが)しかも、車の性能と安全性を調べるテストを行うため、訪れた場所でー・・

車の個別番号(通称:Vin Number)がないッ・・・と言うことも、発覚したんです!

a0310405_13121426.jpg
「心配だから、後ろからついて来て・・」と言われ、再び高速に乗って、はるばる来た検査場。


4人の検査官が約30分くらい掛けて、必死になって「Vin No.」を探したんですが、どーーしても見つからず・・。「Newell社」にも連絡したのですが、当時のVin No.は「紙」で発行されているとのことで(現在は、メタルプレート)・・そりゃあ~、なくなるわなーー・・。
こうして、検査もできないまま、すごすごと帰った、元の道。

つまり、あの「うなずき親子」は、

ー車の所有者を変えていない(自動車税を払っていない)
ー車の性能と安全性を調べるテストも行っていない(Vin No.がないと、行えない)
ー車の登録もしていない(テストにパスしないと、登録できない)

・・と、ないないないづくしで、車を売ってたんですよ!
(ないないないづくしで、買ったんじゃないかあ~・・と言われれば、その通り)

って言うことは、そもそもー・・このRVには、公共道路を運転する許可がないんです!
これには、さすがのチャリ夫くんもアセって・・

「やばいっ!こんなの警察に見つかったら、せっかく取ったCDL(商業用大型自動車免許証)が、取り上げられてしまう!!」

でも、この「呪いのRV」・・これだけでは、終わらなかったんですねー・・。

つづく


ーーーーーー

(おまけ)

a0310405_14100925.jpg
「えっ?ここから、アメリカ1番星の物語が、始まるんじゃあないんでしゅか?」

(・・・だから、違いますッ017.gif



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2017-01-27 14:14 | 2017年-旅日記(アリゾナ) | Comments(6)

WHAT A WEEK!!①

今回、アリゾナ州へ降りたのは、寒い冬から少しでも解放されたかった・・と言うのもあるのですが、実は仕事を求めてやって来ました。「湖のある温泉地」では、思うように仕事探しが進まないチャリ夫くん。もちろん、冬だから・・と言うのもあるのですが、気がついたらCDL(商業用大型自動車免許証)を取って、早1ヶ月半が経とうとしています。

そこで思いついたのが、最初の計画「Snow Bird(渡り鳥の生活)」。
元々「湖のある温泉地」では、夏の間だけで働いて、冬はアリゾナに戻るつもりだったのに、気が付いたら3年目の冬もここにいてー・・。これまでは、冬でも毎日仕事に出かけていたので、それほど気にならなかったのですが、今年の冬は完全にお手上げです。でも、夏は「湖のある温泉地」へ帰って来たいー・・そこで、思いついたのが

そうだ、RV(キャンピングカー)を買おうー・・でした。

「Snow Bird」の基本は「MotorHome(動く家)」と呼ばれる巨大なRV(キャンパーバン)に乗って、南へ北へと移動することです。冬が1年で1番過ごしやすい気候のフェニックスでは、この「Snow Bird」達が街に戻って来て、RVを買い替えたり、手放したりする季節。
この「MotorHome」には、冷蔵庫・シャワートイレなどが備わっているだけではなく、キッチンや洗濯機・乾燥機なども付いていて、文字通り「動く家」なんですね。

こうして、フェニックスへ着いた翌日、早速目を付けていた2つの物件を一緒に見に行くことになったのですが、そのうちの1つが「Newell社」のRVでした。カスタマイズできることで有名なこのクラッシックRVは、その道の(?)ファンにはたまらないシロモノのようなんですがー・・製造年も古いし(1983年)インテリアも80年代独特のバブリーな感じが溢れていて、あんまり好きではなかったんです。(どうして、寝室が鏡張りなんだろ??)

・・・まあ、クラッシックなのか、ヴィンテージなのか、ただのゴミなのかは、個人の見解が分かれるところだとしても、実際問題、RVキャンプなどでは、10年以内に製造されたRVしか、止めるのを許可していないところもありますし・・。なので、古い年代のRVは、幾らクラッシックだと言われてもちょっと不安でした。それより何より、首にチャラ~ンと金のチェーンを付けた、自称ディーラーのラテン系親子が現れた時は、

ないな。・・・と思いましたね。いや、胡散臭いでしょう?!見た目だけの話ではないんですよ!

そもそも「Newell社」のRVをわかってないし、チャリ夫くんが熱く語っている隣で「ウンウン」頷いているだけだし(うなずき親子かっ?)エアコンのスイッチがどこにあるかもわからないし、エンジンからはもうもうと煙が上がっているし「本当に、大丈夫なの?」と言うのが、第一印象。なんの説明もいらないような安い品を売ってるんじゃないんですよ?日中の気温が37℃は軽く超えるフェニックスの夏で、もしエアコンが動かなかったら?ジェネレータが止まったら?中にいる子犬様はどうなるんでしょう??それを考えただけで、どんなに安く交渉していただいても、もうはなからムリでした。予算もオーバーしてましたし。なので、はっきり

「好きではないし、古すぎる。」

と、その場は去ったのですが、チャリ夫くんは数日間、ずーーっと考えていたみたいで・・。
他にいい物件がなかったのと、他にも買いたいと言う人がたくさんいる・・と聞いて、よけいに焦ったんでしょうねえ。その後も、ずっと電話で交渉を続けていてー・・

ついに、、買うことになってしまいました・・。

a0310405_05570367.jpg
購入後、チャリ夫くんが運転するRVの後ろを、車で追いかけて行きます。

(信号機2つしかない田舎町から、いきなり5車線のフリーウェイ・デビューとか、ムチャ!!)

しかも高速に入った途端、いきなり後ろにあるエンジンの扉が2つとも開いて、風でバタンバタンし始めて・・慌てて後ろから電話で「すぐに路肩に止めて、扉を閉めて!」と伝えたすぐ直後、雨が降り始めたのですが、なんと助手席側のワイパーが動かないことに気付きー・・。

いや~、まずいんじゃないの・・これはー・・013.gif??
・・と思ったのは、KAOだけではなかったようで、RVから降りるなり、チャリ夫くん・・

「今、ものっすごーーい、後悔してるー・・。」(今さらっ?)

でも、これは、まだまだ、ほ~んの胸騒ぎに過ぎなかったんです・・。

つづく。


ーーーーーーー


(おまけ)


RV運転席でご満悦の子犬様
a0310405_06073742.jpg
「ふっ、ここからアメリカ一番星の物語が始まるんでしゅね。」

(・・違いますッ017.gif


コクピットのような運転席・・チャリ夫くんに何かあったら、これを運転しないといけないのかと思っただけで、ゾッとするー・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2017-01-26 13:12 | 2017年-旅日記(アリゾナ) | Comments(6)

砂漠でDogger Jogger

そんな、砂漠の町「フェニックス」ですが、思いも掛けない異常気象に「寒い~!寒い~!」と、連発していたら「マイナス20℃と、どっちが寒い?」と言われてしまいー。そうなんですけど、ナント言うかー・・違うタイプの寒さですよねー?(←イイワケ)

それでも最初の日、地平線に沈む夕日を見ていたらー・・

a0310405_02164148.jpeg
あ~・・太陽なんて、何日ぶりに見たんだろう・・。


・・と、ちょっと感動してしまいました。
フェニックスは、広くて平らな土地なので、ビルの谷間からでも地平線に沈む夕日を見ることができます。それがまた、真っ赤に染まって美しくてー・・本当に、拝みたい気分でした 笑)

とは言え、(本家)嵐を呼ぶ男と(影の)嵐を呼ぶ女が居合わせたワケですから、天気が良くなるはずがない!翌日からは雨と曇りの繰り返しで、気温は一気に下がり、砂漠の町にいるとはとても思えない寒~い日々。これでは、せっかく楽しみにしていたハイキングにも行かれません。

それでも、頑張って色んな所へ、お出かけしてはみるもののー・・

a0310405_13035478.jpg
「おいしそうでしゅね?見てるだけでしゅか?それは、つまらないでしゅ。」


そう!つまらないんですよ~っ!

a0310405_12105487.jpg
ロープで出来たジャングルジム。見てるだけで、息が上がる??


しかも、アイダホの冬脂肪を蓄え、毛皮のコートも着て来たこの方には、こんな曇った天気でさえ暑くてたまらない!それでも、どこかにお出かけした~い!
そんな子犬様の願いを叶えるべく、持参したのが、秘密兵器ー・・

a0310405_13073589.jpg

(出待ちの子犬様?)


この「Dogger Jogger」-犬と一緒になって自転車で走れる道具なんですが、いつもは好き勝手に野山を駆け回っている子犬様には無用の長物。でも、砂漠の町では必要になって来るんです。特に、勝手に車道に出たり、うっかりサボテンのトゲを踏まないように(すでに、何度か刺さってしまった!)犬をコントロールしながら一緒に走ることができる優れモノ。

でも、久しぶりに使ったもんだからチャリ夫くん間違えて、本来だったら子犬様に繋げないといけない黒くて伸びる部分を自転車に付けちゃってます。すると、子犬様に繋がっているのは青くて伸縮性のない部分・・つまりー・・

a0310405_13141078.jpg
「キビキビ、走るんだッ!」
(はいっ、でしゅっ!」


自転車の速度に合わせて、ただただひたすら走り込む「子犬様・ブートキャンプ」状態に!

・・でも、まあ、楽しそうに出かけて行ったからー・・いっかあ~・・013.gif
(かなり走った後に、気付いて直しましたけどね。)

こんな風に人も犬も、あんまりやることがなくて、ちょっぴり退屈な砂漠の町の毎日でした・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2017-01-24 13:54 | 2017年-旅日記(アリゾナ) | Comments(2)

影の嵐を呼ぶ者

ただいまぁー・・です!
ようやく、ここ「湖のある温泉地」へ帰って来ました!

新年の忙しさも一段落した先週の水曜日から、チャリ夫くんとデイジーの待つアイダホ州フェニックスへ約10日間ほど行ってました。Boise空港から飛行機でビューンとひとっ跳び~・・のはずだったんですがー・・・。

前日から、ものすごい雪が降り始めー・・。

a0310405_11433143.jpg
いつ落ちて来てもおかしくない、屋根の雪

a0310405_11434410.jpg
玄関先に落ちた雪が、行く手を阻むー・・!


・・にも関わらず、出発の前日まで休みなく、朝7時から夜7時まで働いていた為、雪かきをするヒマもなく、しかも屋根から落ちた雪は固く凍っていて、シャベルで取り除くのも大変な状態。
さらに、こんな時に限って停電になりーー・・・!!

やはり、この辺りに邪悪な結界が張ってあって、抜け出せないようになっているのか・・!
いや、真(影)の嵐を呼ぶ男(女)とは、私だったのかー・・!(うわああ~←コンラン)

・・と思っていたのですが、幸い真っ暗になる前に電気は復活し、翌朝6時に起き出して雪かきをしようとしていた矢先ー・・

a0310405_11431442.jpg
ご近所さんが「最終兵器」を持って、やって来てくれました!


なんと、お昼の飛行機で出発することを知って、心配してやって来てくれたんです 感涙)
これでなんとか、車を出すことができ、後は恐る恐る空港へ向かうだけー・・。道路状況を考えて、ものすごーーく早めに出かけたんですが、とにかく猛吹雪で、除雪車の後ろを約40km程度で走るのが精いっぱい。やっとの思いで着いた空港も雪の為、駐車できる範囲が限られており、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、グルグル回りー・・。

a0310405_11573128.jpg
家を出て約5時間後。ようやく、空の人となりました!

記録的な雪が降った州都Boiseでしたが、幸いなことに飛行機は時間通りに飛び立ちー・・

a0310405_13305720.jpg
長い間、真っ白な大地の上を飛び続けー・・

a0310405_13345766.jpg
いつの間にか、赤い土に変わり始めた頃・・・

a0310405_11574804.jpg
ついに、フェニックス空港に到着!


「Camel Back(ラクダの背山)」が見えて来ると、帰って来た~と思わずにはいられない。
ところが、降り立ってみるとー・・

さぶっ!!

なんと、最高気温12℃、最低気温3℃のこの寒さ!どゆこと?!砂漠の町アリゾナでしょう??

「なんだか、異常気象なんだよね~。雨も多いしー・・。」

そう言うことは、出る前に行ってよ~・・思いっきり、夏服ばかり持って来たじゃない?!
それでも、空港まで迎えに来てくれたこの方はー・・

a0310405_11575839.jpg
「会えて嬉しいでしゅ~053.gif
(お土産、ありがとうございましゅでしゅ。)


はるばる来たかいは、あったと言うもの・・。よかった、よかった。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2017-01-23 01:16 | 2017年-旅日記(アリゾナ) | Comments(4)