ファイヤー!

こんな風に伐採した木を、燃やしていく作業に必要な「Burn Permit(燃焼許可)」なんですがー・・

●約7.6mの範囲には、何もないこと
●シャベル・ホースを、常に傍に置いておくこと
●日没までとする
●「家庭ごみ」は燃やさない

これらの条件が守れれば、許可そのものは、すぐに出ます。期間は10日間ですが、その後は何回でも延長することができますし、なんたって無料です!それに、すべて自分達の庭で行なうことができるため、本当にラク・・・・な、はずだったんですがー・・・まあー、この燃やし続ける作業も結構大変でしてー・・。

実は、KAO達が住んでいる場所は、この谷でも一番寒い所で、森から吹く冷たい風が一番最初に届くところなんです。さらに日照条件もあまりよくなくー・・

a0310405_02552765.jpg

ほとんどの木は、このように菌類などに侵され、朽ちて倒れてしまいます。
今回は、こう言った木を優先的に倒していったのですが、それとは別に、切っていった健康な木もあります。
それがー・・


\王様の耳は、ロバの耳・・王様の耳は、ロバの耳・・/
a0310405_02464275.jpg
・・サワサワサワ・・・

a0310405_02513449.jpg
「トゲーッ!トゲーッ!」

平和な庭の「侵略者」です!

とにかく、ヤツラは庭のあちこちに、蔓延っていて、この「トゲトゲの木」なんかは、枝分かれして大きくなる為、1本切って、はいっ終わりっ・・・て、ワケにいかないんです。さらに、切っている最中も、運んでいる時も、このトゲトゲが刺さって痛いのなんのって・・。

また、こんな、しょーもない木ほど生命力が強く・・・。


\ちきしょーーっ!来年の春にまた、甦ってやるーーっ!/
a0310405_03033217.jpg
「ふふふ・・泣けーっ、わめけーっ、叫べーっ031.gif」(←チャリ夫くん)



これを、丸1日中・・午後9時半の日没まで、続けるんです。一旦、火を点けるとその場を長く離れることができない為、椅子を持って来て、常に火を眺めながらの作業です。食事もできるだけ、外で取るようにします。

焚き火を眺めながら「自家製ビーフジャーキー」をかじれば、正真正銘の”カントリーガール”ーー・・
(いや、決して、こうなりたかったワケでは。)


a0310405_03064073.jpg
(それなら、そのジャーキーをこちらにくだしゃい。)


また、日中の気温約28度の中で、火を炊き続けるのは、本当に熱くてーー・・。

a0310405_03111401.jpg
「むぅ~、デイジーがジャーキーになってしまいそうでしゅ~。」
(ごくごくごく・・)


ホースから水を飲むのも、すっかり上手になりました。
この方は、すっかり「カントリーガール犬」に、なっているようですね~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2015-06-08 09:09 | ガーデニング日記 | Comments(2)

西部・開拓の夜明け

さて、ここのところ、頻繁に出てくる・・「庭仕事」・・なんですがーー。

実は、この家を借りた時に大家さんから、できればお庭の整備や家のメンテナンスなどもしてもらえれば・・って言われたんですね。整備に必要な経費は大家さん持ちで、さらにどのようにデザインを変えてもいいとの条件だったんです。しかし、これまで住んでいた方は、それほどこの家のことを気を掛けていらっしゃらなかったようで、KAO達が引っ越してきた時にはすでに

Savege Garden(荒れ果てた庭)-I Knew I loved you before I met you~~060.gif

ま、17エーカーですからねえ~・・。
約3分の1は、大家さんの弟さんが使っているようなんですが(いや、そこも荒れ果ててますが・・)
そこに、川が流れているとしても、残り約3分の2の土地の管理となると、とてもとてもカンタンにできることではありません・・・。そう、それはまさに・・

伐採です!開墾ですーー!開拓です!!(うわああああーーーーっ022.gif

なんたって、
a0310405_12231952.jpg
丸太の下には、ヘビもいればーー・・
(もしや、スネ吉様でいらっしゃいますか?)

a0310405_12240552.jpg
古い切り株は、ほとんどアリの巣になっていますしーー・・
(この側で10秒も立っていれば、確実にアリが足に這い上がって来ます。)

a0310405_02173529.jpg
こちらは、巨大なアリの巣。森のあちらこちらで見られます。


あ~、心は遠い「Oregon Trail(オレゴントレイル)アメリカ西部・入植者」・・・。
(※参照 続・ふらふら日記「Oregon Trail」)
まるで、シュミレーション・ゲーム「Oregon Trail: American Settler」を、地で行っているようです 苦笑)


とにかく、春旅から戻って来たみたら、庭にはすっかり緑が溢れていて、これはすぐにでも取り掛からねば、大変なことになるぞー・・と、2人(と1匹)で慌てて、芝を刈ってー、木を切ってー・・。

a0310405_12030840.jpg
「お手伝いしましゅでしゅ!」(シュタッ)

「う・う~ん・・ありがと。」(逆に、重いよー)


・・・このような作業が、ほとんど毎日のように続いたワケなんです。さらに、切り倒した木を、町から約21Kmほど離れた所にある「粗大ごみ収集場」まで、トラックとトレーラーに積んで運んで行っては、捨てていたんですがーー・・。

a0310405_12062733.jpg

運んだ木材の重さによって、お金を支払わなければならない上に、車に積んで運んで、さらに降ろすーー。
この作業の繰り返しに費やす労力と時間がハンパではなく・・・3回往復したところで、ついに疲れ果ててしまいましたー・・。そこで今度は、消防署から燃焼許可をもらい、庭で木材を燃やす方法に切り替えたんですがー

a0310405_12184905.jpg

広い庭のあちこちで、すでに倒れていたり、新たに伐採した木々を、一ヶ所に集め、さらに燃やせるサイズくらいに切っていく作業も、結構大変でしてーー

a0310405_12282357.jpg
「お手伝いしましゅでしゅ!」(がじがじがじ)

「う・う~ん・・ありがと。」(燃やしたいんだけどな~・・。)

a0310405_12303557.jpg
「むぅ~、いい枝がたくさんあって、迷いましゅね~。」
(えっ?お手伝いしてくれてるんじゃなかったんですか?)


こうして、ほぼ毎日のように繰り返されるこの作業。(いや、現在も進行中です!)
ご近所さんの話では、やはりここに引越して来た最初の2年半くらいは、こんな作業がずーーっと続き、精神的に本当にまいったそうですーー(終わらナ~イ、終わらナ~イ・・060.gif


それでも、朽ちて倒れた木とか、伸び放題の草を刈るだけでも「あ~、人が住んでいるんだなあ~」・・って感じの庭にはなってきたようで・・。


a0310405_04075090.jpg
引越してきた頃の庭(昨年秋)

a0310405_04101523.jpg
入り口から眺めたところ

a0310405_12390609.jpg
現在の庭(5月~現在進行中)


・・えっ?そんなに、変わってないってーー013.gif??(いや、そう言ってしまうのは、あんまり・・)
まだまだ、現在進行形ですからネー・・。開拓の夜明けは、まだまだ先になりそうですーー。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2015-06-07 04:15 | ガーデニング日記 | Comments(0)