旅の寄り道ーおじいさんの農園ー

この3日間の旅の途中に立ち寄ったのは、なにも「Stanley(スタンレー)」だけではありません。
実は、同じエルコに住むチャリ夫くんのおじいさんとおばあさんにも会って来たんです。

チャリ夫くんの母方のお父さんなんですが、お2人に会うのはちょうど1年ぶり。去年のハロウィーン以来です。なのに、訪問する約2時間前に電話をして「今から行くよ~!」って伝えただけで、たいしたお土産も持たずに、ふら~っと現れて・・・。チャリ夫くん、いくら親族とは言え、テキトー過ぎるっ・・・と、なんだか、こちらの方がドキドキしたんですが、そんな心配をヨソに、イソイソとお茶を出してくれて、畑を案内してくれたり、飼っている羊や鶏と7羽もいる孔雀なんかも、いちいち見せてくれて・・。

さらに、帰り際には「あれも持って帰りなさい、これも持って帰りなさい。」・・・って、広いお庭でできた、たくさんのお野菜まで、お土産にいただいて・・・。なるほど、日本だろうが、アメリカだろうが、田舎のおじいさんとおばあさんって、おんなじみたいです 笑)

そんな、おじいさんとおばあさんの自慢のお野菜はーー

a0310405_13343139.jpg

上から「人参の種」「ディル」巨大な「カボチャ」と「ズッキーニ」に「トマト」です!


a0310405_13380705.jpg
さらに「アスパラガスの種」!!


これは、来年、うちの庭に植えられそうです。

さて、こうしていただいたお野菜、少しづつ楽しんでいただこう~・・と思っていたのですが、あんなに青かったトマトが「あっ」と言う間に、赤く熟れてしまって・・これは、早く料理してしまわねばーー・・と、作ったのが、

Roasted Tomato & Garlic Pasta Sause(ローストしたトマトとニンニクのパスタソース)


作り方は、カンタン060.gif
a0310405_13435589.jpg
四つ切りにしたトマトの芯と種を除き、皮を下にし、つぶしたニンニクと一緒に、約135℃の温度で約10分程度、トマトの皮が、少し茶色っぽくなるまで、グリルします。

フードプロフェッサーがあるお家では、この時に、クシ切りにした玉ねぎも併せてグリルしたらいいと思います。
・・・でも、うちにはないのでーーー

a0310405_13523062.jpg

みじん切りにした玉ねぎとバジル・オレガノ・タイムを炒めます。そうして、皮を除いたトマトを入れて煮込みます。あとは、塩・胡椒で味を調えて出来上がり。滑らかなソースが好みの方は、ここでフードプロフェッサーを使ってみたらいいと思います。

これは、基本ベースですので、これに食べたい食材を混ぜて作れば、毎回変わった材料で食べられる、トマトソースのパスタが楽しめます。(紫玉ねぎを使って、ちょっとしたピリ辛感を出すのもいいですねー。)

a0310405_13560659.jpg
本日は、ひき肉とナスのパスタです。


保存食用に作ったはずだったんですが、作った端からすぐに食べてしまいました!
トマトが腐ってしまうーーっ、せっかくたくさんいただいたのにーーって、心配は何もいらなかったですね 笑)

来年は、アスパラガスに加えて、トマトも作ってみたいなあ。夢は、膨らみます。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2015-11-03 14:29 | お料理日記 | Comments(2)

ハックルベリーからの贈り物

そんなハックルベリーですが、このシーズン中ずーっと取り続けていたので、料理をするのが追い付かず・・。
でもそこは、モレルキノコとは違い、冷凍保存ができる為、すぐに食べる必要もなく、とにかくシーズン中は採って採って採りまくって、片っ端から冷凍庫に放り込んでました 笑)

a0310405_10072892.jpg
フローズン・ハックルベリー(このままでも、フツーにおいしいです!)


そうして、シーズンも終盤に近づいて、やっとお料理を楽しむ時間も出来たワケですがー・・。
最初のうちは、お菓子やパンに使うのが、一般的だ考えていたので「デザート・オンパレード」の日々でした。

a0310405_10092260.jpg

ハックルベリー入りシナモンロール(失敗作!アイシングをかけてません!)


a0310405_10095521.jpg
チーズケーキ・ハックルベリーソースかけ

a0310405_11411652.jpg
ハックルベリージャム
Boiseの帰り道に、採ったピーチのジャムと一緒に


・・・などなどなど!

でも、これじゃあないんですよーっ!今年のハックルベリーいちおしメニューは・・・!
こ~んな、甘~いお菓子やパンではないんです!実は、これーー・・

a0310405_13412743.jpg

ハックルベリーBBQソース!


材料は、こちら。(例によって、基本形)
a0310405_13413404.jpg
まあ、普通のBBQソースの材料と、作り方になるんですが、炒めた「タマネギ・ガーリック・バター」に、その他の材料を加えて、コトコトと約20~30分ほど煮詰めれば出来上がりですがー・・。
さらに、これに「2カップのハックルベリー」を加えて、煮詰めていくと・・「ハックルベリーBBQソース」に、大変身するってワケなんです・・!

これを、ですねー・・、夏と言えばおなじみのー・・

a0310405_11453577.jpg
巨大なビーフ・リブに、合わせて食べたり・・

(ま・い・ど、おなじみ夏です~、ギュウです~、リブです~、ときめいちゃいます~053.gif060.gif

a0310405_11461576.jpg
ハンバーガーのソースとして、上にかけて食べたりー・・
(さらに、マッシュルームとベーコン、チーズのせです。)


ハックルベリーの酸味とピリリと甘辛のソースが、本当にやみつきになります!

こ~んなに作っても、まだまだ冷凍庫の中には、たくさんのハックルベリーが待機しているんです 笑)
今年もハックルベリーからの贈り物・・堪能させていただいてま~す!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2015-08-31 14:29 | お料理日記 | Comments(0)

乾燥ハーブと緑のカーテン

こんな風に「秘密のハーブ園」が出来上がったら、やっぱり作ってみたいハーブ料理。
すくすく育ってくれてはいるのですが、まだまだ収穫率が上がるまでには、相当な時間が掛かるんだろうなあ・・と、思っていたら、なんとお隣さんからうれしいお話をいただきました。。

実は、ジャガイモ畑のど真ん中に、約20年もほったらかしにしているのに、年々大きくなっているオレガノ畑があるそうなんです。それを

「鹿に食べられる前に、たくさん取っていったらいいよ。」と言われ、行ってみるとーーー

a0310405_05411544.jpg
確かに、ありました!オレガノ畑・・!

・・見事に先っぽを、ぜ~んぶ鹿に食べられて・・ 笑)


これは全部、鹿に食べつくされる前に、ぜひいただいて「ドライ・ハーブ」にしてみよう・・!
こうしていただいてきたものを、早速、窓辺にぶら下げてみることに。ハーブの乾燥方法は、アイダホ大先輩のコルネさんから、以前コメント欄で教えていただいたとおりに、洗って束にしてキッチンの上にぶら下げるだけ。
この土地ならではの乾燥した空気が2~3日もすれば、いい感じにハーブを乾燥してくれます。
簡単なのもさることながら、ぶら下げたハーブはまるでー・・


a0310405_05434031.jpg
緑のカーテン!

(こちらは、スーパーで手軽に買える、シラントローの束)


香りもさながら、見ているだけで、さわやかな気持ちになれます・・058.gif

a0310405_05494878.jpg
こうして、出来上がった葉の部分だけを、保存します。


この乾燥した葉を収穫する作業なんですが、パラパラと崩していく際に、新鮮なハーブとは違う少し強めの、なんとも言えない香りがふわ~と立ち上がって、本当にうれしい瞬間です。

本日は、この乾燥したハーブとフレッシュなローズマリーを使って「フォッカッチャ」を作ります。

a0310405_05543419.jpg

KAO家ご両親より送られて来た、シチリア土産「塩漬けのケッパー」と「シチリアの粗塩」が、大活躍!


この小さな袋に詰めらた「シチリアの粗塩」を見て

「シチリアだろー?マフィアだろー?この白いのは、本当になんだろうなっっ???」
・・・チャリ夫くん・・それは、ドラマの見過ぎです・・009.gif


トッピングは「Kalamata Olive」と「ドライ・オレガノ・フレッシュローズマリー」・・それと、本日は特別に「ドライ・シラントロー」も混ぜてみました。

それを、ご近所さんからいただいた「自家製レタス」の「牛肉のサラダ」といただきます。

a0310405_06012160.jpg
それを、前回ご紹介した「ハラペーニョ・ピクルス」と、ドレッシングで頂きます。



ところで、夏にはさっぱりと美味しい、このサラダなんですがー・・・。
こちらでは「Bunny Food(ウサギのエサ)」と呼ばれ、あんまりーー・・喜んで食べてもらえない料理です 笑) でも、スーパーのお野菜とは違って、お家で育てた野菜は、ちゃ~んと味がするのか「Meat Lover(肉好き)」なチャリ夫くんもこ~ゆ~時は、あんまり文句は言わないですねー?(いや、それとも諦めたのか・・013.gif


a0310405_06085604.jpg
こちらは、夏カレー


赤・黄のピーマンと自家製ハラペーニョの種を取って焼いたものを乗せて。
ご飯には「シラントロー・ソース」とバター・カレー粉を少し混ぜて、味を付けてます。
そうして、こちらも「福神漬け」ならぬ「ハラペーニョ・ピクルス」が大活躍です!

夏は、色んなお野菜がたくさん手に入るので、本当にうれしいですねー。
「秘密のハーブ園」も、どんどん大きくなって欲しいなあ~・・。夢ばかりが大きくなってますー・・



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

暑さを乗り切る夏グルメ!&おすすめ夏レシピ
[PR]

by hulahula2 | 2015-07-28 07:02 | お料理日記 | Comments(2)

Homemade Pickled Jalapeno

そんな、我が家の「大きな森の小さな菜園」で収穫した(←ウソ)ハラペーニョを使って、本日は「ピクルス」を作ってみたいと思います。

KAOが初めて、この「ハラペーニョ・ピクルス」に出会ったのは、旅先で訪れたネバダ州の小さな町でした。
ものすご~い行列ができている小さなメキシコ料理のお店があったんですが、そこで注文したタコスの横に、この「ハラペーニョ・ピクルス」が、1個添えてあったんです。それが、本当においしくて・・・!!

・・・目からウロコでしたねー。
これまで、ピクルスと言えば「マクドナルドのアレ」が原点だったKAOの味覚と苦手意識を、一挙に吹き飛ばしてくれました!で、これはもう、是非作らねばーー・・と、家に戻ってから作ってみたところ、見事にはまってしまってー・・。今では、冷蔵庫に必ず入っている、我が家の一品になってます 笑)

さて、この材料なんですがーー

a0310405_01545683.jpg


例によって、基本形です。


【材料】
●ハラペーニョ・・・・・・約250g(中くらいのサイズ)
●にんにく・・・・・・・・4片(潰したもの)
●酢・・・・・・・・・・・1カップ
●水・・・・・・・・・・・1カップ
●砂糖・・・・・・・・・・大さじ2~3
●粗塩・・・・・・・・・・大さじ2


ハラペーニョは、輪切りにするか、縦2つに切っておきます。どちらでもいいんですが、輪切りにした方が、後で色々と使いやすいので、うちではいつも輪切りにしています。そうして、水につけて余分な種を取り除きます。

a0310405_02182005.jpg

この種が辛さの素なので、必要以上には洗い流さないようにしてください。
(辛さを抑えたい場合は、別ですが。)


敏感な人は素手で触るとピリピリしますので(目をこすったりとか、絶対ダメです!)手袋をした方が、いいと思います。

それから、お鍋に「にんにく・水・酢・砂糖・塩」を入れて、煮立てていきます。ここで入れる「お酢」なんですが、基本的に何でもいいです。うちでは、ほのかに甘い「リンゴ酢」をよく使ってます。

ま、簡単に言えばこれで終了なんですがーーー。これだけだと、ものすごーーーく、面白くない味のピクルスが出来上がります。なのでここから、お好みのハーブを足して、味を加えていきます。

●ディル・シード・・・・・・小さじ1/2
●セロリ・シード・・・・・・小さじ1/4
●コリアンダー・・・・・・・小さじ1/4
●ローレルの葉・・・・・・・1枚

ポイントは「ディル・シード」です!!
これを入れるとぐっと、ピクルスらしい味になります。ディルの味がもっとした方が好きな場合は、小さじ1杯くらいまで入れてみてください。甘いピクルスがお好きな方は、大さじ1杯のお砂糖を加えてみてください。

さらに、ピリッと辛いのがお好みな方は

●クミン・・・・・・・・・・小さじ1/4

もう少しマイルドな味がお好きな方は

●オレガノ・・・・・・・小さじ1/4
●フェンネル・・・・・・小さじ1/4

・・などを加えてもいいと思います。フェンネルは入れた瞬間、ものすごーいクセのある味がするんですが、ピクルスが馴染んでくるとマイルドな味わいに代わっていきます。

それから、必ず味見をしてください!このベースが、最終的なピクルスの味を左右しますので、できるだけ自分の好みに近いものを作ってみてください。ベースの味が決まったところで、用意しておいたハラペーニョをすべて入れて、火を止めてすぐにお鍋を下ろします。

a0310405_07465040.jpg

そのまま、10分~15分も置いておくと、余熱でハラペーニョの色が変わってきます。
この、ハラペーニョを入れた後、すぐに火から下ろすー・・ことによって、シャキシャキ感のあるピクルスを楽しむことができるワケなんです。なので、柔らかいピクルスがお好きな方は、そのまましばらく煮込んでも大丈夫です。

a0310405_07503746.jpg

「自家製ハラペーニョ・ピクルス」の完成です!



辛党の方は、ビールのおつまみとして、そのままポリポリと食べてもいいんですが、普通にサンドイッチやバーガーに挟んだり、タルタルソースに刻んで入れたりしてもおいしいです。

a0310405_07551714.jpg

さらに、ピクルスだけではなく、こうやってサラダ・ドレッシングとして野菜にかけて食べたりもします。

これが、暑い夏には、さっぱりとしておいしいです。


こうやって夏中「自家製ハラペーニョ・ピクルス」が、食べれたらいいなあ~・・と思い、栽培を始めたのですが、まあ当然ながら、収穫数が追いつきません!数が足りません!夢は大きいのですが、菜園はすぐには、大きくなってくれないようです・・ 涙)

・・とは言え、スーパーでハラペーニョを1ポンド買ったって、たったの1ドル程度ですからねー。
ご近所さんを見習って、来年からは高い野菜を育てることにしよう・・・。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

暑さを乗り切る夏グルメ!&おすすめ夏レシピ


[PR]

by hulahula2 | 2015-07-20 08:39 | お料理日記 | Comments(0)

Homemade Chimichurri Sauce

さて本日は、たっぷりの「シアントロー」を使って「Chimichurri Sauce」を作りま~す!

「 Chimichurri Sauce」とは、アルゼンチン料理で、主にグリルしたお肉の上に乗せて食べるペースト状のソースのことを言うようなんですが、本場アルゼンチン料理なんて食べたことのないKAOが、なぜこのソースを作ろうと思いたったかと言いますとー・・。

とにかく、安いんですよねー「シアントロー」が。

普通の日でも、1束1ドルはしないんですが、2束68~88ドルになった日には、まず買いますね。
でも、こんなにたくさんー・・何に使おう・・と思った時、このソースに出会ったんです。

ところで、この「シアントロー」・・苦手な人もたくさんいるとは思いますが、これほどたくさんの名前で呼ばれているハーブって他にないんじゃないでしょうか??「香菜」「パクチー」「シャンツァイ」「コリアンダー」「チャイニーズパセリ」などなど・・。アメリカでは「Cilantro(シアントロー)」と呼ばれるのが一般的です。

では、早速料理に取り掛かりたいと思いますが、その前にあらかじめ言っておきます。

「本場アルゼンチンの味」では、ないです。(えっ?)

なぜならですねー、うち、フードプロセッサーないんですよねー。つまり、ペースト状にならないんです!
なので、すっごく頑張って細かく刻んでも、きれいなペーストにはならないです 涙)
そこを、心の中で「いやあ~、”こしあん”より”つぶあん”の方がおいしいしー・・」とか言って、だましだまし作ってます 笑)

さて、そんな「Chimichurri Sauce」の材料ですがー・・

a0310405_13231934.jpg
こちらは、基本形


【材料】
●シアントロー・・・・・・1と1/2カップ
●イタリアン・パセリ・・・1/2カップ
●にんにく・・・・・・・・4片
●ホワイト・バルサミコ・・1/4カップ
●オリーブ・オイル・・・・1/4カップ
●粗塩・・・・・・・・・・・小さじ1/2
●クミン・・・・・・・・・小さじ1/2
●レッド・ペッパー・・・・小さじ1/2


「シアントロー」をたくさん使いたいので、この分量にしてますが、元々「Chimichurri Sauce」には、シアントローが入ってないものもありますので、そのへんは自分の好みの分量と味に変えていいと思います。
また「Chimichurri Sauce」には、基本「ビネガー(酢)」が、入りますが、これも自分の好みのお酢を使っていいと思います。(ちなみにこれまで、”Apple Cider”と” White Wine Vinegar”は、試して見ました。)
あと「レッド・ペッパー」も、フレッシュなものがなければ、乾燥したチリペッパーを使っても構わないと思います。

で、これを本来だったら、全てフードプロセッサーに入れて混ぜるだけなんですがー・・うちには、ないのでー

a0310405_13380132.jpg

とにかく、ひたすら、細かく刻みます!
さらに、気持ち「2速ブレードカッター」で細かくしていきます。


a0310405_13394613.jpg

そうして、出来たものが、こちら。


これを、どのように使うかといいますとー、お肉の上に乗せるだけにとどまらず、パスタに混ぜたり、ポテトに混ぜたり、スクランブル・エッグに混ぜてみたり、使い方自由自在です。特に、うちでは・・・


a0310405_13483894.jpg
バターを少し加えて、炊き立てのご飯に、混ぜます!


一挙に「アルゼンチン」ではなくなりましたね?
実はこれ、真っ白いご飯だけを、あまり好まないチャリ夫くんのために、考案したものだったんですが、今ではKAOの方がはまってます 笑) あと、一品何にしよーー・・と言う時の「オタスケ・ソース」です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

手作りライフ&ナチュラルライフを楽しもう!
[PR]

by hulahula2 | 2015-06-17 14:10 | お料理日記 | Comments(4)

Some More...? S'MORES!

・・とは言え、何もせずに丸1日中、ただ火を見守るのもナンですのでー・・。
ここは、ひとつ「キャンプ・ファイヤー」の雰囲気を出して、例のアレを作ってみましょう!
そうー・・みんな大好きーー・・

S'MORE!!

「ビーフ・ジャーキーとビール068.gif」・・が、大人のお楽しみだとしたら、こちらはアメリカの子供達のお楽しみ。火のあるところに「S'MORE」アリ(?)・・・「S'MORE」を知らずに育ったアメリカ人なんて、いないんじゃないでしょうか??だって、子供の頃「S'MORE」を食べた子供達が、大人になる訳ですから、間違いなく世代を越えて受け継がれている味でしょうネー 笑)

そんな「S'MORE」の材料は、いたってシンプル・・

●マシュマロ
●チョコレート
●グラハム・クラッカー

夏が来て、本格的に外でBBQを楽しむ季節になりましたし、スーパーに行けば、必ず「S'MORE」のコーナーが出来ています。

a0310405_07253280.jpg

中には、便利な「S'MORESセット」(上段)なるものも、売られています。

このセット・・なんですがー・・。
上記の材料プラスに「悪魔の槍」が、付いてます 笑)
まずは、この「悪魔の槍」に、マシュマロをブスッと突き刺して、焼いていくんですがー・・

a0310405_08151083.jpg
「悪魔の槍」?

実は、BBQ専用「Hot Dog Stick(ホットドックのソーセージを焼くスティック)」です。


・・ポイントは、火に近づけないことです!
炎が治まった後、火の出ていないところで、焦がさないように、じっくりと焼いていきます。
温度が高いと、表面だけが焦げて中は硬いまま残ってしまいます。そうして、マシュマロがジュワ~・・と膨らんできたところで、火から離し「グラハム・クラッカー」と「チョコレート」に挟んで・・

a0310405_08240395.jpg

一挙に、引き抜きます!


この段階で、マシュマロの中がまだ硬いと「悪魔の槍」に、中味が残っちゃうんですね。

a0310405_08271059.jpg
完成~~~072.gif


ところで、この「S'MORE」。
いくら甘い物好きで、おいしいからって「3つ以上」は、食べてはいけません・・!
なぜなら「3つ以上」食べるとー・・・。


a0310405_08303225.jpg

「龍になるんでしゅか?」
(ぼうや~、よいこだ~ねんねしな~・・060.gif


・・・ものすご~~い「胸焼け」・・が、襲ってきます!

なんたって、糖分かなり多めの高カロリー・・
「マシュマロ(甘い)」「チョコレート(甘い)」「グラハム・クラッカー(甘い)」3連発ですから!

「アメリカの子供だって、3つは食べないよ~002.gif」(チャリ夫くん)

なるほどー・・。
いっぺんに3つ以上は食べてはいけないー・・ってのも、間違いなく世代を越えて、受け継がれていってる教訓なんでしょうねえ~・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2015-06-09 14:40 | お料理日記 | Comments(2)

Happy Easter!

先週金曜日の「Good Friday」から始まる「Easter Weekend (イースター・復活祭)」。
なんと、ここ「湖のある温泉地」は・・

a0310405_06022007.jpg

雪のイースターになりました。

a0310405_06085668.jpg
青空にポカッと浮かんだ雲が、なんだかWiFiのマークみたい 笑)


一夜明けたら、久しぶりに辺り一面が真っ白な雪の世界になっていました。
イースターホリデーが始まると、ほとんどのお店は閉まってしまう為、町はガラ~ン・・としています。
さらに、こんなお天気じゃあ・・どこにも行くことができません。なのでこんな日は、イースターにちなんだ何かを作ってみようかな・・と思いついた人生初の(無謀な)挑戦が、こちらー・・

a0310405_04342319.jpg
Hot Cross Buns


ニュージーランドでは、よく見かけたこの「ホットクロスバン」ですが、アメリカではあまり見かけないような気がします。チャリ夫くん曰く、

「ウサギとか、卵のチョコレートとかの方が人気かなあ~。歌は知ってるけどー・・。」
(HOT CROSS BUNS! ONE A PENNY~060.gif・・ってヤツですね。)

なるほどー、ある意味、お菓子会社の商業戦略にマンマと引っかかってますねー?
(日本のバレンタインみたいな。)

そう思ったら、なんだか久しぶりに食べてみたくなりました。本当はレーズンなんかが入るんですが、家になかったので今回は「なしっ」・・ですっ。(・・って、ちゃんと作ってよ~!)
ついでに言えば、クロスマークのアイシングにうっかり砂糖を入れてしまい、焼いてる段階で溶けちゃって、ちゃんと描けませんでした~・・(まあまあ、初めてなんで・・042.gif )

a0310405_06481019.jpg

それから、イースターにはお馴染み
「Robbin Egg(コマドリの卵)」のお菓子を使ったチョコレートの巣

・・と、
a0310405_06541798.jpg

子犬様のお楽しみ「犬のおやつ」を
今回は「骨型」と併せて「Easter Bunny(ウサギ)」も作って見ました!


・・なのに、この方、そんなものには、見向きもせずに
今日も朝から絶好調に・・


\ひゃっほ~いっ!イースター・スノーシャワーでしゅ~!/
a0310405_12022164.jpg

車に積もった雪を、掃い落とす先から、飛び上がって食べていきます。


・・・まあ、いいですけどねえ~。自然の味には勝てませんしー。
(なんたって、アイダホの雪は究極のメニューの一品らしいですからー・・037.gif

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2015-04-07 12:28 | お料理日記 | Comments(2)

ミラクル・ボックス

夏時間がやって来て、夕方が長くなって来ると、もうひとつのお楽しみ、冬の間は、外の暗さと気温の低さから、ほぼ封印されていた「アレ」が、始動する季節がやって来たのです・・!!
そうっ!みんなが待ち焦がれた「アレ」とは・・・・・

a0310405_06540850.jpg

Traeger-BBQ Grills & Smokers-
(トリガー)

普通のBBQグリルとして肉も焼ければ、冷たいチーズの燻製も作れる為、うちでは敬意も込めて
ミラクル・ボックス(奇跡の箱)」・・・と、呼んでいます 笑)
(まあ、トリガーに入れればなんでもおいしくなる・・との、ずさんな意味も含まれていますが。)

そうして今年も、この「Traeger(トリガー)」様が、大活躍するアウトドア料理の季節が、やって来つつあるのです・・!!本日は、そんな本格的な季節の到来を目の前にして、大の肉好きのチャリ夫くん、待ちきれなかったんでしょうねえ~ 笑)栄えある肉の中でも、王者の中の王者・・

a0310405_07495930.jpg

Beef Ribs(牛のリブ)様を、料理することにしました!

通常、スーパーのお肉屋さんやレストランなんかで食べられる「リブ」とは、豚のリブのことを差します。
なので、牛のリブを料理する場合は、お肉屋さんに特別に頼んで、食べる量だけ切り分けてもらいます。
そうして、買って来た「牛のリブ」を、スパイスにつけて(こちらでは、RUBと呼んで、BBQに欠かせない調味料のひとつです。味は各種色々あります。)ラップに包んで、丸一日寝かせておきます。
その後、この「ミラクル・ボックス」に入れて、6時間程スモークしていきます。

a0310405_07523294.jpg
もくもくと上がる煙に包まれるリブ

冬の間は、外の気温が低いので、なかなかスモークの温度が上がらなかったのですが、こう暖かくなると約10分もすれば、すぐにもくもくと煙が上がって来ます。そうして約6時間後、グリルの温度を約107℃位まで上げて、お肉の温度が約82℃-93℃程度になるまで焼いていきます。そうしてーーー、出来上がったものが、こちらっ!

a0310405_07552504.jpg
じゃあ~~ん、こんがり~~!!牛肉のリブの完成で~す!

a0310405_08142588.jpg
自家製のBBQソースにつけて、切り分けま~す。


基本的に「リブ」を料理する場合は、「ドライリブ」と「ウェットリブ」との2種類に分かれます。
レストランでオーダーすると必ずと言っていいくらい「ドライにしますか?ウェットにしますか?」と聞かれるのですが、ドライの場合だと、つけおきしたスパイス(RUB)のみで食べます。ウェットの場合は、これにBBQソースがついてきます。日本だと「甘く煮て作るリブ」が、主流だと思うのですが、アメリカで食べるリブのほとんどは、このようにグリルして作られます。但し、レストランによっては「煮て作るリブ」を出すお店もあるので、リブ愛好者は、レストランを選ぶ際に、こう言った作り方の過程を、最重要視しているようですね。

それでは、1億3千万のMeat Loverのみなさまへ・・・

a0310405_07564107.jpg
ど~~んと、1本でお腹一杯になるこのサイズ・・!

牛肉のリブです053.gif



本日は、ト・ク・ベ・ツ・・子犬様も、ごちそうの牛の骨にありつきま~~す。


a0310405_09370794.jpg

「・・・・・もぐ。」



子犬様も無言になる、このおいしさ・・003.gif
これから訪れる本格的なアウトドアシーズンが、ますます待ち遠しくなって来ましたね~。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2015-03-13 10:41 | お料理日記 | Comments(2)

犬のおやつ「Apple Honey Cake」

さて、3月に3日は「ひな祭り」。女の子の日ですね。うちにも、1匹、今年初めて「ひな祭り」を迎える女の子がいます。
なので本日は、10日間イイコしてお留守番していてくれたお礼とお祝いも兼ねて、久しぶりの「Dog Treats(犬のおやつ)」を、作ることにしました!

「犬のおやつ」作りのポイントは、前にも書いたように、

1.低カロリー
2.自然食品
3.消化に良い

・・などが、好ましいのですが、さらに虫歯予防のことも考えると

4.甘さ控えめ

なのも、重要なポイントになって来ますねー。そこで本日の「犬のおやつ」は、甘さ控えめ、ノン・シュガー


Apple Honey Cake

a0310405_11274137.jpg
【材料】
●全粒小麦粉・・・・・・1と1/4カップ
●オート麦(燕麦)・・・1カップ
●ベーキングパウダー・・大さじ1
●シナモンパウダー・・・小さじ1

●はちみつ・・・・・・・1/2カップ
●ラード・・・・・・・・1/4カップ ※溶かしたものです。
●卵・・・・・・・・・・2個
●サワークリーム・・・・1/2カップ
●スキムミルク・・・・・1/2カップ ※今回「Coffee mate」使いました。

●おろしたリンゴ・・・・1カップ 

材料を選びは、全体的に見て「動物性のもの」か「植物性のもの」かに、分かれると思います。例えば、うちではベーコンを調理した時に出る油を、取っておいて「ラード」として使ってます。しかし、より純度の高いものであれば、キャノーラオイルなどの100%ピュアなベジタブルオイルが、一般的には好ましいかもしれません。

あと、乳製品を食べるとお腹をこわす犬の場合、乳製品は控えめにするか、「植物性」のココナッツミルクなどを使ったらいいかもしれませんね。

また、うちの子犬様は、少し柔らかめのお菓子が好きなので「おろしたリンゴ」を使ったのですが、もう少しオトナの犬であれば、歯ごたえのある「みじん切りのリンゴ」なんかの方がいいかもしれません。
ま、それぞれの犬の好みと体質によりますけどね~。リンゴだけに留まらず、色んな野菜やフルーツを入れて作ってみてもいいと思います。


【作り方】
1.大きいボウルに、あらかじめ「全粒小麦粉」「オート麦(燕麦)」「ベーキングパウダー」「シナモンパウダー」を、入れておきます。

2.中くらいのボウルに「はちみつ」「ラード」を入れてよく混ぜ、「卵」を割り入れます。

3.さらに「サワークリーム」「スキムミルク」を加えて、なめらかになるまでよく混ぜます。

a0310405_11423518.jpg

4.なめらかになった「タネ」を、大きいボウルに入れて、さらに混ぜます。
5.なじんだところで「おろしたリンゴ」を入れて、さっくりと混ぜます。
6.型に流し込んで、約190℃のオーブンで約30~40分ほど焼きます。


今回は、後で小さく切り分けられるように、四角いケーキ型に入れて焼きました。

a0310405_12171380.jpg
出来上がり、こんな感じです。


さぁ~てっ!お楽しみの試食会で~~~す!!・・・と、思ったら・・


「あっ!!」
a0310405_11573842.jpg

「がぶ~~~っ(でしゅっ)!!」


・・・こらっ!いつの間に、そんなお行儀の悪い子犬様になったんですかーっ!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2015-03-04 12:19 | お料理日記 | Comments(0)

Home made Dog Treats

さて本日は、子犬様が3度のお食事より大好きな(?)、そしてトレーニングには絶対欠かせない「Dog Treats(犬のおやつ)」を、作ってみることにしました。

これまでは、犬のトレーナーさんのおススメもあって


を、主に気に入って上げてたのですが、こちらはちょっと普通のおやつよりもお値段がお高く・・・。なので、毎回買うのが段々きびしくなりー・・。
それなら、いっそ、自分で作ってみようかーーと思い立ったワケです。

「犬のおやつ作り」のポイントは・・・

1.低カロリー
2.自然なもの
3.消化に良いもの

・・でしょうか??
食事とは別に与えるものなので、できるだけカロリーの低いものがいいようです。
それから、個々の犬の好みとか、アレルギーだとかを、考えて作るのも大事なことですよネ。

今日の「犬のおやつ」は、定番中の定番・・


ピーナッツバタービスケット
-・・とでも、いいましょうか?-


この「ピーナッツバター」=「犬の好物」・・・って組み合わせ、アメリカでは誰でも知ってる常識中の常識(?)らしいんですがーー。(「くまのプーさん」と「ハチミツ」みたいな感じでしょうかね??)

・・・実際のところ・・・・犬にとっては、どうなんでしょうね??
まあ、それは、作ってからのお楽しみです060.gif


【材料】
・全粒小麦粉・・・・・・2カップ
・オート麦(燕麦)・・・1/2カップ
・ベーキングパウダー・・小さじ1

・鶏がらスープ(塩分控えめ)・・・1カップ   
・ピーナッツバター(クリーム状)・・・1カップ ※室温に戻します。
(できるだけ、100%ピーナッツだけで作られたものを選んでください。)


【作り方】
1.大きなボウルに「全粒小麦粉」「オーツ麦(燕麦)」「ベーキングパウダー」を、入れて混ぜます。


a0310405_02014853.jpg

フツ~のご家庭の台所に、あるものばかりです。



2.中くらいのボウルに「ピーナッツバター」「鶏がらスープ」を入れて、混ぜます。

a0310405_02134014.jpg

ピーナッツバターが、モッタリしているので手で混ぜるのは、ちょっと大変です。
なので、フードプロセッサーなどを使ったら、もっとカンタンでしょうね。


3.よく混ざった2を、1の大きなボウルに移して、捏ねます。
4.約1cm位の厚さに伸ばして、クッキー型などで、形を作ります。
5.約190度に温めたオーブンで、約20分程焼きます。

a0310405_02191627.jpg

骨型クッキーに、仕上げま~す。



こちらは、おやつ作りに、興味津々の子犬様。
a0310405_02504633.jpg

「何を作ってるのでしゅか?」


「デイジーのおやつですよ~。」



\クンクン・・。/
a0310405_02521591.jpg

「・・ちょっと、味見してみますか?」


焼く前のクッキー生地を、ちょっとつまみ食い。なんとか、大丈夫そうです・・006.gif

そうして、20分後・・・


a0310405_03094895.jpg

はいっ、出来上がり~っ!



早速、1人と1匹で試食会で~す! ・・お味は、どうでしょうか・・?


a0310405_09525314.jpg

「うん、、まあまあ・・でしゅね~!(もぐもぐ)」



味は・・・と言うと、そうですねえ~。
なんとなく「鹿せんべい」の味と食感に、似ていますー。
(↑「鹿せんべいの味」を知る、広島県民。)

それにしても、一切の甘みと余分なものを断ち切ったスーパー健康食品。
濃厚なクリームやふんだんに砂糖が使われた、あま~~いお菓子をフツ~に食べている私達の食生活に比べたら、なんて質素なんでしょう・・。こんなおやつを待って、おすわりをしている子犬様を見ていると、なんだか不憫な気もします・・涙)

さらに「視覚」よりも「聴覚」と「嗅覚」が発達している子犬様に、

なぜ、骨の型である必要があるのかっ・・・?!

・・・と思いつつも、作ってしまったKAOなんですがー・・。
まあ、そのメリットと言えば、大の甘党のチャリ夫くんが、間違えて食べないことくらいでしょうかーー013.gif



あ、あれ?どうしました?デイジー?



a0310405_09450266.jpg

「もっと、ありましぇんか?」



・・・結構、気に入ってますね? 笑)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村



[PR]

by hulahula2 | 2015-01-23 09:58 | お料理日記 | Comments(0)