アニキの帰還

さて、そんなこんなで、私が子犬様につきっきりだった頃。タイへ旅立ったお義兄様が、約1ヶ月ぶりに帰って来ることになりました。出かける際に「当分は戻って来ない。」と言っていたのに・・・まさか、引っ越しのお手伝い??(いや、それなら大歓迎!)ー・・とか、色々思ってたんですけど、それより何より、ここで「家庭内戦争」が勃発することになってしまいました。

なぜなら、お義兄様は「タイで暮らす=家を出て行った」ことになっている為、この時、お義兄様のお部屋を使っていたのは、私とデイジー。お部屋の荷物も大方片付けて、家賃も私達が代りに払うことで合意してたんです。なので、この「アニキの帰還」を聞きつけたチャリ夫くんから

「絶対、部屋を譲るな!帰って来るんだったら、今度はアニキが居間で寝る番なんだ!!」

・・と、しつこいくらい念を押され。
まあ、私もこの「家庭内戦争」に首を突っ込むのはメンドーだから、誰がどこで寝るか確認もしないまま、ついに「アニキの帰還日」を迎えたワケなんです。ところが、いざ仕事から帰って来て見ると、なんとお義母様から、いきなり

「息子を自分のベッドで寝かせてあげたいから、アナタのベッドで一緒に寝てもいい?」

・・・と言われたんですよーーーーッ!いや、これにはさすがにー・・

a0310405_12594826.jpg
一瞬で、凍り付くデイジー
(え?なぜ雪が?ここは確か、砂漠の町。そう、雪ソムリエと呼ばれたのも遠い過去・・)

確かにね、長旅で、さらに病気を抱えたお義兄様を居間に寝かすのは、申し訳ないですよ。でもねー、それなら「お義母さんが、居間に寝ればいいじゃあないですか?」でも、自分は居間に寝られないから、私のベッドで一緒に寝る・・・って、なんなんですかーっ?しかし、ここで「それじゃあ、私が居間で寝ます」・・と言ったら、それはそれで相手の思うツボ。しかも、私は翌日も仕事。居間で寝る気はさらさらありません。しかも、この提案を出された時間が、そろそろお義母様が就寝される時間をとっくに過ぎた、夕方7時頃。私も仕事から帰ったばかりで、疲れてましたし、これ以上揉める力もなくー・・

「はい、どうぞ。寝てください。」・・と、言いましたね。

ベッドはキングサイズなので大きいっちゃ大きいんですけど、まあ、その分、お義母様も大きいワケで・・苦笑)夜遅くなって、そろそろ寝ようかと静かに扉を開けてみると、暗闇の中に大きな巨体がグーグーいびきをかいて寝てる姿を見て、怯えて部屋に入ろうとしないデイジー 笑)

a0310405_04370399.jpg
「知ってましゅ。アレは、名前を言っちゃいけないあのヒトなんでしゅ・・。」
(なので、絶対ここから入りましぇん。)


で、今回、アニキが帰って来た理由は、なんと前の奥さんとの間で揉めている「離婚調停」について、裁判所から呼び出しがあったからなんだそうです。そんなこと知らないもんだから、いつお手伝いしてくれるのかな・・と期待しつつ迎えた「離婚調停」の翌日。なんと

「調停終わったから、明日の早朝の飛行機で、タイに戻るよ。」と言われ、これまた

はあ?

・・と、凍り付いてしまいました。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2017-07-09 04:57 | 2017年-日記(アリゾナ) | Comments(2)

Commented by dreamyeyes at 2017-07-10 08:00
デイジーちゃんの「名前を言ってはいけないあの人・・・」のところで大爆笑、繰り返し読んでも大爆笑!!
アニキさんも人騒がせなお人ですね、ちゃんと説明してくれれば動揺することなかったのに。
kaoさんの心も凍りついたり、暑さで溶けたり大変ですね。
温和な日常がず~っと続きますよ~に♪

Commented by hulahula2 at 2017-07-13 13:23
> dreamyeyesさん

こんにちは、Taffyさん!
はい、デイジーの心の叫びを声にしたらこうなりました 笑)なんたって、お部屋に入ろうとしませんでしたから、よっぽど怖かったんでしょうねえ~??

もうほんと、振り回されっぱなしの毎日ですよ~!早く温和な日が来て欲しいです。