アイダホ・犬事情-その①-

さて、巷にショーゲキを与えた(?)チャリ夫くんの校庭・テント生活 笑)
実はこの学校が、産業地区の中にあることと、約5週間と言う中途半端な期間だけ、ずっと泊まれる場所がなく、学校に相談したところ、快く校庭の隅を貸していただいたと言うワケなんですね。
いやでも、これって意外によくあることだと思ったんですケドー・・。
ハワイとニュージーランドでマッサージの勉強をしていた時、キャンプ場から通っていた生徒さんがいましたし、学校側も教室の片隅で寝泊まりすることを許可してましたから「学ぶ」と言うことに対して、ものすごくオープンなんだなあと思ってました。まあ、生徒さんが段々と少なくなっているご時世なので、そうなのかな・・とも思いますがー・・。

・・とは言え、はるばる「Caldwell」までやって来たのに、2人と1匹で「校庭・テント生活」もなんですしー・・・と、この週末は州都Boiseに泊まりましたけどね。
(ちゃんとした、アパートですよー!)

そのアパートの近くに、ステキな公園があったので、早速2人と1匹でお散歩に行ってみました。

a0310405_08500115.jpg
落ち葉の絨毯。州都Boiseは、まだまだ秋。

a0310405_08332762.jpg
銀杏の実を見つけました!
地面に落ちて来たら、採りにに行きたいなあ~。

a0310405_08551614.jpg
「Get A Grip!」
(犬の落としモノを拾うための袋をどうぞ!)


こちらの公園は、犬のお散歩には欠かせない「ビニール袋」をみんなが寄付できるよう、こんな箱が置いてありました!これは、いいアイディアですよね。箱さえあれば、ビニール袋にお金はいらないですし、飼い主のマナー向上にも役立ちます。

朝早い公園には誰もおらず、子犬様も久しぶりに、フリスビーを楽しんでいた時のことー・・。

a0310405_12292309.jpg
「ウーーーーーンッッ・・と、遠くまで投げてくだしゃい!」


ふと気が付くと、公園の向こう側とこちら側に車が止まりー・・男性が2人それぞれ車から降りて辺りを見渡しながら、ジワリジワリ・・と、こちらに近づいて来るではありませんか?
しかもそれが、公園に似つかわしくないサラリーマン姿・・・

「なんか、、、おかしくない?」
「・・・うん。こういう時は、できるだけフツーを装うんだ。」

と小声で話していたところ、ちょうどKAO達を挟むようにして止まり、声を掛けて来たんです。

「公園で犬を遊ばせるルールは、知っているか?」

実は、この2人の男性は「Animal Control Officer(通称:Dog Police)」と呼ばれる
「動物取締監査官」だったんです。私達が犬のリードを外してフリスビーで遊んでいるのを、誰かが見たんでしょうね。通報がどこかから来て、やって来たような風情でした。
ここに住んでいるのかとか、ルールは知っているのかとか、2人に囲み尋問されて、まるで犯罪者のような扱いでしたよ!手にしたボードには、犬の名前とか年齢とか品種とか書き込まれていて、ブラックリストのようなものまで作られてました。まあ、確かに、公園の入り口にはー・・

a0310405_13153554.jpg
「Pick UP and Leash」
(フンの始末とリードにつなぐこと)


・・ってサインがあったんですが、誰もいないのをいいことに「無視」・・・
いえ、「あ~、公園に備付けのリードを持て・・ってことなのかと思ったよー。」(←テキトー)まあ、確かに、そういった公園もあるのですが。しかし私達は、Boiseに住んでいない・・と言うこともあり、割とあっさり見逃していただいたんですが、監査官によっては、見つけ次第

罰金75ドル・・・が犬一匹ごとに、即、科せられるみたいです。

このあまりにも攻撃的なやり方に、数年前、飼い主たちからの不満が続出したようで、やり方を変えたのかもしれませんが、それにしてもですよー、だ~れもいない公園で、リードを付けていないからって誰に迷惑を掛けるんでしょう??どこかで、公園を見張っていた人が、妙な正義感で通報したんでしょうが、そんなことして誰が得するんでしょう??取り締まるべきは、マナーの悪い飼い主であって、ちゃんと訓練をして秩序を守って遊んでいる飼い主や犬達ではないはずです。

都会に出るたびに「世知辛いな~・・・」と、思わずにはいられないです。
「湖のある温泉地に行くと、人も犬も笑っている。」とよく言われるんですが、こんな場所が減ってくのではなくて、どんどん増えて行って欲しいんですけどねー・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-11-20 06:22 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(2)

Commented by aka at 2016-11-21 05:04 x
うわー、それは嫌な思いをされましたね、、、。
その気持ち、すごく分かります。
私も街の郊外に住んでいたころ、公園でアカと遊んでいたら、ゆっくりとパトカーが近づいてきて、なんとなく嫌な予感がしたので、横道にそれてドロンしたことがあります。凄く嫌な汗をかきました。何も悪いことはしてないと思っていても、あの高圧的な雰囲気に飲まれてしまいました。。

後から聞くと、その公園内は、登下校の時間はフリーにしないほうがいいということでした。保護者がクレームをつけて以来、警察がパトロールするようになったとかで、フリーにしている犬全てに注意し回っているようでした。
でも、規則とかではないので、「ルールさえ守っていれば、堂々としてればいいのよ。私たち飼い主も一致団結しましょう!」と、散歩仲間から言われたんですが、やっぱり警察と討論するのなんて嫌ですよね。その時間帯は避けるようにしました。

残念だけど、こちらでもそういうところがどんどん増えていっている気がします。
Commented by hulahula2 at 2016-11-22 08:43
> akaさん

私達は、まだいい方だと思うんですよ。強い口調で責められた訳でもなく、罰金もなかったので。でも、あんまりいい気はしませんよね~。

ですよねー。悪いことしてるわけではないのに、罪悪感が残りますよねえ~。
まあ、犬が苦手なお子さんがいるのなら、しょうがないでしょうけど、犬を拒絶するのではなく、理解して欲しいなあとも思います。拒絶したところで、何も生まれませんものねー。特にドイツは、犬を飼うのにライセンスがいるんですよね?こちらより、しっかりしてますよ!

なので、ルールを守って遊んでいれば、そのうち子供も保護者も安全だと気づくんじゃないでしょうか?

・・そうであって欲しいと思います。