2016 U.S. Capitol Christmas Tree

ただいま、です。

実はこの週末、アイダホ州「Caldwell」と言う町に、約5週間滞在しているチャリ夫くんを訪ねて、はるばるお出かけをしていました。チャリ夫くんが、なぜその町に滞在しているのかは、またお話しさせていただくとしてー・・。今回の旅のハイライトをまず、ご紹介したいと思います。
それはー・・




(えっ?ボクに会いに来てくれたことなんじゃあ・・←チャリ夫くん)ま、それもありますがー

毎年12月になると、首都ワシントンD.Cでライトアップされる「国のクリスマスツリー」。
1964年から数年に掛けて、国会議事堂の庭に植えた木がダメになってしまったことをきっかけに、1970年より、アメリカ全土にあるどこかの国営森林公園が選抜され、そこから伐採された木が、栄えある「国のクリスマスツリー」として、毎年運ばれることになったのです。

そして、今年はなんとー・・!!
ここ「湖のある温泉地」の国営森林公園「Payette National Forest」が、選ばれました!

アイダホ州の国営森林公園は、2003年にも選ばれているんですが(Boise Nationl Forest)
こちらは、ここよりもっと東南へ下った小さな町から。でもね、今年はー・・すぐそこの

Little Ski Hill ・・から、なんですよーっ!!

車で約20分程度の走ったところにある、その名の通り「小さなスキー場」。
そこから、高さ約25mのモミの木を切り出して、トラックに乗せ、アイダホ州を軽~く1周パレードした後、アメリカを横断して、ワシントンD.Cへと向かいます。

なんですがー・・009.gif

そんなことま~ったく知らないKAO達2人は、ここから車で約2時間30分離れた町「Caldwell」で、ジミ~にTVニュースを眺めつつ、

「・・・なんで私達、こんな時にここにいるの??」

と、ボーゼンとしてしました。
いや、もうそこから、巻き返しですよ!クリスマスツリーの追っかけです 笑)
情報では「日曜日-州都Boise(4:00-6:00)」とありましたが、その頃はできれば家路についていたい時間帯。となると、残る場所は州都Boiseのひとつ手前の町

Horseshoe Bend

ここで、待ち受けることにしました。こう言ったイベントは、小さな町の方が狙い目です。
人も少ないし、駐車するのも簡単だし・・。「Horseshoe Bend」なんて、Boiseから車で約30分程度で、人口約700人だし、さらに、帰り道の途中にあるので、超穴場です。
なので、1人と1匹で、ウキウキとやって来たのですがー・・。

a0310405_07115864.jpg
「ふふ・・ツリーよ、来いっ!」


予定の時間になっても、クリスマスツリーを乗せたトラックは現れず、どうしたのかなー・・??
と思っていたら、この先の渓谷でひどい交通事故があり高速が閉鎖、再開のメドが立たないとか!そう言えばさっき、パトカー4台に白バイが、ものすごい速さで走り抜けて行ったー・・あれか!

とは言え、高速閉鎖じゃあ、KAO達も家へ帰れないしー・・。
しょうがないので、クリスマスツリーを待ちつつ、高速の再開も待っていたのですが、2時間半経過したところで、さすがに心配になって来ました。もし高速が再開しなかったら、迂回ルートはここより約3時間かかる裏道しかないんです。できれば、日が暮れる前には、家に着きたいんだけどー・・。同じように待機している森林管理員の人達にも聞いてみたのですが、特に新しい情報もなく、この町で一番確実な情報がありそうなガソリンスタンドに行ってみたら、なんとそこで、お隣さんを発見!どうしましょうかー・・な~んて、話しているちょうどその時に、駐車場に森林管理局の車が入って来たので、新しい情報ありますかー・・と聞きに行ったら、それがなんと

たった今、クリスマスツリーを引率して「湖のある温泉地」からやって来た管理員さんでした!

高速もゆっくりだけど、片道通行で再開している様子。いや、それより、やーーっと、クリスマスツリーに会える!うわあああ~~!もう、お隣さんにもあいさつそこそこで、イベント会場になっている高校へ戻ってみてみたらー・・

a0310405_08354003.jpg
クリスマスツリーを乗せたトラックが到着してました!!(感無量な子犬様)

a0310405_03532311.jpg
「FROM TREE TO SHINING TREE」(ただの木から、輝く木へ)

このトラックのデザインも毎年違うんですよ~。

a0310405_03484601.jpg
そうして、やーーーっと見れた、クリスマスツリー!!(感涙)

a0310405_09444950.jpg
トラックには、寄せ書きができるようになってましたので、ちゃーんと名前を書いておきました。

a0310405_03533310.jpg
こちらは同伴の「巨大なアイダホポテト・トラック」

a0310405_03530983.jpg
むぅ~・・待ったかいがありましたでしゅ・・。(※対象比較 子犬様)


どこから連絡がいったのか、町中の人達が「クリスマスツリー」を見に戻って来てました!
最初の情報だと、事故の状況によっては「Horseshoe Bend」は飛ばして、そのまま州都Boiseへ行くかもしれない・・と言われていたのですが、よかったあ~!止まってくれて・・。

「クリスマスツリー」が、見たい・・と言うみんなの願いがひとつになった瞬間でした。
そして、会う人会う人、だれかれ構わず口々に「よかったねー、やっと見れたねー。」
みんな笑顔。犬も笑顔。

本当に、これほど待って、これほど嬉しかったクリスマスツリーは、ありません。


-------

おまけ。
a0310405_03482474.jpg

こちらは、国営森林公園のマスコット、ブラックベアのスモーキー。
自身もブルーヒーラーを飼っていると言うレンジャーのお兄さんと並んで、ご満悦の子犬様なんですが、スモーキーが子犬様の高さに合わせて座ろうとした途端ー・・

a0310405_03483512.jpg
「ひぃぃ!喰われるっ?!」


・・と、一瞬パニックになりました 笑)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-11-08 12:34 | 2016年-日記(アイダホ) | Comments(2)

Commented by コルネ at 2016-11-08 15:10 x
おおーっ!見たんですね、あのツリー!うらやまし~。
Payette National Forestからって聞いてたので、もしかしたら、自分たちのキャンプ近くの山からかもしれないーって思ってたけど、何と、Hwy55沿いのあの場所からでしたねー。切り倒す(切り持ち上げる?)のをテレビで観てました。見物人が千人位来てるって言ってたので、もしかしたら、KAOさんもいるかもーって思って、画面を探しました(笑)。
が、全然、そんなことご存知じゃなかったんですね。けど、ヨカッタですね!Horseshoe Bendで待ち伏せの甲斐がありましたね。しっかり、サインもしてるし(笑)。
今日も、ボイシーでイベントがあったらしく、お昼のニュースはそれのみ!でした。(明日が投票日だというのに・・・)
あの事故、引率の州警察の車に対向車線を越えたピックアップが、突っ込んで来たらしいです。警察官もピックアップの運転手もけがをしたけど、命に別状はないようです。
Commented by hulahula2 at 2016-11-10 04:00
> コルネさん

この町って告知が下手で、人づてで広がるネットワーク以外に得る情報がないと言う・・。木の切りだしも見たかったなあ~。コルネさんは、あの辺りで(?)キャンプしてるんですか?そうそう、昨日はWeiser で、今日はNew Meadowでしたよ!まだまだ、見れるチャンスはありそうです。

そうそう、実は引率のレンジャーさん、お隣さんのお隣さんで、引率予定ではなかったのに、事故の為に急遽呼び出されたって言ってました。でも「ツリーは無事でね~・・」と、ホッとしたように言われてたのが印象的でした。まあ、人もツリーも大事にならなくてよかったです・・。