L.Lへの旅

9月に、カルガリーへ行きま~す!・・と伝えた時、やはり聞かれたのが

「L・Lへ、行きたい?」・・・でした。

なんだかんだで、L.Lを去ったのは、2009年5月。ちょうど、豚ウィルスが流行っていた頃。
(※参照 ふらふら日記「2009年日記-L.L編」「2010年日記-日本」
3年住んだとは言え、ここにある90%はつらい思い出ばかり・・涙)
(えっ?100%じゃないんだー??)←はむはむ。さん。

いや~っ・・確かに、100%と言っても、過言ではないッ!
・・でもね、ロッキーに住んだ人は、必ずロッキーに帰って来ると言うー・・。それほどにまで、素晴らしかった!これまで住んだどんな所も、ここに取って代われる所はないでしょう。なので、どんなに辛くとも、湖が美しいと思える心があれば、まだ心は病んでないな・・と(笑)

そんな出発の朝のバンフの気温は、なんと1℃!
寒空のL.Lへの道のりは、7年半ぶりで、なんだかドキドキー・・。

a0310405_10090495.jpg
Canmoreの「Three sisters(3姉妹)」が、見えて来てー・・

右側から

(Big Sister-標高2,936m・Middle Sister-標高2,769m・Little Sister-標高2,694m)

a0310405_10210188.jpg
Banffの町を過ぎる頃から見えて来る「Mt.Rundle(標高2,948m)」

a0310405_10571214.jpg
さらに、前方に「Castel Moutain(標高2,766m)」が、現れてー・・

そうして、ついに・・・

a0310405_10470760.jpg
Lake Louise!!


感無量です・・ 007.gif
向こう30年は、訪れることはないだろうと勝手に思っていた「レイクルイーズ」。
この日は、少し曇っていて、頂上付近に雲が掛かっていたんですが、それでもやっぱり、変わらず美しい。3年間、毎日眺めていたこの湖。L.Lを去ってからも、ずーーっと心の中にあったのですが、ホンモノは心の中の思い出より、大きくて堂々としていました。

a0310405_11164939.jpg
こちらも、驚くほど変わらない「Fairmont Chateau Lake Louise」


そうして、ドキドキの元・職場訪問。
果たして、あのオヤジ(インド人社長)は、いるのかー・・?
と、思いつつロビーに入ると、なんと口を開けてKAOの方を指さしている、白髪頭のオヤジがっ!
さらに、こちらも白髪頭になった、元同僚の台湾人の女性もー・・。

「わー、変わらないですねー!(←おせじ)」・・と言うKAOに、
「変わらない?同じと言うことか?ふっ、当たり前だろう。」
・・・・オヤジ節も、変わらず炸裂ー・・苦笑)


a0310405_11173536.jpg
2004年にオープンした「Temple Wing」のステンドグラス。
向こうに見えるのは「Mt.Fairveiw(標高2,744m)」


よく「昔ここで働いていたのよー。」と言う70代・80代のスイス人やドイツ人の旅行客に会いましたが、彼らが口を揃えて言うのは、

「どうしても、この景色がもう1度見たくて、この年になって戻って来たー。」

そして「何にも、変わらないねー・・。」

帰省する度に、驚きの変化を遂げている日本に比べ、全く変わらない場所がここにある・・。

そう、多分・・この先、何年たっても、ここはきっと変わらないー・・。
いや、変わらないでいて、欲しいなあ~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

[PR]

by hulahula2 | 2016-09-29 12:32 | 2016年-秋・旅日記 | Comments(0)