Toketee Falls Trail

本来だったらここで、1時頃までには目的地へたどり着く予定だったチャリ夫くんとそのお友達。しかし、このトレイルの荒ぶり様に、予定通り辿り着けるかどうか、一抹の不安を抱きつつも、取り敢えず次なる目的地へと向かった1人と1匹。

・・・のはずだったんですがー・・009.gif
予想通り、やはり「遅れる」との連絡が入りー・・。
じゃあ、せっかくなので別のトレイルも歩いてみようか・・と出かけたのが


こちらは打って変わって「Toketee-優雅な」滝が見れるトレイルとのことなので、期待に胸を膨らませつつ、出発した1人と1匹。距離にしてたったの0.5マイル(約805m)ですので「あっ」と言う間の道のりです。この距離で滝を見に行く雰囲気がニュージーランド南島の「Ohau Stream and waterfalls」を思い出させー・・。
(※参照 ふらふら日記「Ohau Stream and waterfalls」)かわいい子供オットセイはいないだろうけど、なんだか胸が弾んでくる道のりです。

a0310405_06291002.jpg
道中に見えるこの「ハート形」の滝つぼのせいか、なんだかカップルが多い??

a0310405_06300099.jpg
さらに、金毘羅さんに上がるような階段の連続・・!

a0310405_06313230.jpg
そうして、すぐ真下に現れる、落差約36mの滝の絶景です!


ものの20分程度の道のりでこんな絶景が見られるなんて、ものすごぉーーくお得感あふれるトレイルです!この時期、見渡す限りの新緑に囲まれ、まさにこれぞオレゴンのトレイル・・と言った王道感に溢れるトレイルでした。

さらにですね、滝だけではないんです。このトレイルの演出を彩る、もう一つの顔、それがー・・

a0310405_06365030.jpg
「なんでしゅか?あれはー・・」


なんでしょうねえ・・・では、もっと近づいてみましょう。

a0310405_06420259.jpg
実はこれ、木でできた水力発電用のパイプなんです・・・!

a0310405_06421859.jpg

1949年完成のこの木のパイプが、約3.7kmに渡って「Toketee Lake」まで伸びているんです。ところどころ隙間から、シュワーーッと噴水のように水が上がっている姿を見ると、なんだかもう、崩壊寸前のようにも見えますが、まだまだ現役です。

そんな「Toketee Waterfall Trail」で、まったりゆったり時間を過ごした1人と1匹。

a0310405_06502864.jpg
お行儀の悪い子犬様、なぜかテーブルの上でくつろいでます・・。


そうして、最終目的地の「Toketee湖」に到着した1人と1匹の前に、ボロボロに疲れ果て、約2時間30分遅れでなんとか到着した、チャリ夫くんとお友達の姿がー・・。
途中で引き返そうと何度も思ったけど、これまで来た道のりも大変だったので、どうせ大変なら先に進もうー・・と思い、2人して突き進んだそうです。マウンテンバイクなのか、自転車を担いだハイキングなのか、よくわかりませんが、まあ、無事でなにより。

でも、そうです。ここから、今度は約9時間かけて、お家に帰らなければならないのです・・008.gif

いや、このドライブはほんとーーーにきつかった!真夜中を過ぎた頃から、がぜん眠たくなり、睡魔と闘いながらなんとか無事に着いた午前2時。翌日は、普通に仕事に出かけたんですが、不思議と疲れはあんまりなかったですね。楽しいことをした後だからでしょうか??

しかし、その2日後くらいに、がくっ。。と来ましたけどね。
ネバダ州まで帰らなければならなかったお友達も、さぞかし疲れたことだろうなあ~・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2016-06-07 07:34 | 2016年-旅日記(オレゴン編) | Comments(4)

Commented by コルネ at 2016-06-07 14:37 x
じゃ、また、真夜中頃に家の近くを通られたんですね。眠気覚ましに、道路わきで踊ってあげればよかったですねー。(またしても迷惑?)
夜、鹿とか出てくるから、運転も気を使いましたねー。けど、眠かったんですよね・・?そら、眠いわな。

KAOさん、トレイルとはいえ、森の中をお一人で(でいじーちゃんはいるけど)歩くのって、怖くないですか? ほら、熊とかオオカミとか・・・。
私は、こう見えても一人で森を歩くのは、今でも怖いですねぇ。夫と歩くときも、遅れないように必死ですもん。
Commented by aka at 2016-06-08 04:15 x
どれもこれも素晴らしい眺めばかりです!
滝なんて何年見てないだろう。。(北ドイツは平地なので、山がありません。あっっっ、レース用の自転車に持って来いですよ^^)

やっぱりアメリカ大陸は大きいなぁ。こちらでトレッキングとか言っても、1時間もすれば終わってしまいますもん。
それに9時間って、、いやはやお疲れさまです。。私、車の運転は2時間が限度かなぁ。

きっと、デイジーは守ってくれないけど、逃げられる距離で気づいてくれると思いますよ~。
Commented by hulahula2 at 2016-06-10 11:22
> コルネさん

はい・・・あの橋を渡った頃が、最大限に披露してましたね。大きな町なので、遅くまでお店が開いていることを期待していたのですが、ガソリンスタンドもモーテルも全部閉まってて、そりゃあ大変でした。あー、コルネさんちに駆けこめたら・・(いや、それはそれで、とても迷惑ですね。)などと思いつつ、走り抜けた夜中の0時。

私は、だいたいソロ・ハイク派なので、1人は全然平気です。まあ、今のところ無事に帰って来れてるから、そう思ってるだけなんでしょうが・・。どちらかと言うと、トレイルヘッドに行くまでの道を1人で運転する方が、怖いですねー・・。特にこの辺り、道が悪いんで・・。
Commented by hulahula2 at 2016-06-10 11:25
> akaさん

ありがとうございます~!北ドイツって平地なんですか!そうすると長いハイキングとか、サイクリングは楽しそうですね~。でも、1時間はちょっと短いかなあ~・・。もっと長いハイキングコースとかあって欲しいですねー。

ドイツって、端から端まで車でどれくらいなんでしょうね??
割と大きな国のイメージがあるんですが・・。