再びの「Daily Daisy Magazine」

こうして、夏の終わりを告げる「Labor's day」が過ぎた途端、突然ひっそりとした、ここ「湖のある温泉地」。
なので、2人して例年より少し早く、南へと降りることに決めました。
昨年9月にチャリ夫くんだけが参加した「Inter Bike展」が、今年もまたラスベガスで行われる為、参加ついでにフェニックスまで降りちゃえーーと、無謀にも考えたワケなんです。

しかし、まだまだ暑いアリゾナと、眠らない街ラスベガスに子犬様を連れて行くことは、少しためらわれーー。
ご近所さんにお願いして、約10日間ほど、お泊りをさせてもらうことに決めました。
この夏、KAOが働いている間、頑張ってお留守番をしてくれた子犬様に、またまた、長いお留守番をさせるのは、本当に心苦しかったんですが、デイジーのことを考えるとこの選択が一番いいと思われ、泣く泣く決断しました。そんなKAO達の気持ちを察してか、ご近所さんから毎日のように(本当に毎日なんです!)送られてくる

「Daily Daisy Magazine(日刊デイジーマガジン)056.gif

これが旅先での1番の楽しみと言っても過言でないくらい、2人して毎日毎日、心待ちにしてました。でもねーー

a0310405_12580265.jpg

初日「お腹はいっぱい。でも、胸はいっぱいにならない。」

a0310405_13042375.jpg

「楽しいお散歩。でも、岩の上から、2人の姿を探すことは忘れない。」


・・とかさー、送られてくる写真に、いちいち妙なタイトルつけられると~・・・(苦笑)


a0310405_13355134.jpg

「トマトの収穫のお手伝い。自分を褒めてあげたい。」

a0310405_13481371.png

「これからデイジーのことは ”閃光” と呼んでくだしゃい!」


・・・・なぁ~んて言う、素敵なのも、もちろんあるんですよ!

こんな風に、いかにもご近所さんらし~い写真と文章で、毎日送られてくる「日刊デイジーマガジン」。
今回の旅の中で、間違いなく、1番のハイライトでしたね 笑)

そんな旅のお話は、また駆け足でさせていただくとしてーー、まずは、若様とくつろぐ子犬様の姿からー・・

a0310405_13594202.jpg

「なぁ~んの冒険もない、午後」

(若様が寝てるの、デイジーのベッドなんですケドね・・ムリヤリ入ってる・・009.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2015-09-26 14:20 | 2015年-秋・旅日記(ネバダ) | Comments(0)