ファイヤー!

こんな風に伐採した木を、燃やしていく作業に必要な「Burn Permit(燃焼許可)」なんですがー・・

●約7.6mの範囲には、何もないこと
●シャベル・ホースを、常に傍に置いておくこと
●日没までとする
●「家庭ごみ」は燃やさない

これらの条件が守れれば、許可そのものは、すぐに出ます。期間は10日間ですが、その後は何回でも延長することができますし、なんたって無料です!それに、すべて自分達の庭で行なうことができるため、本当にラク・・・・な、はずだったんですがー・・・まあー、この燃やし続ける作業も結構大変でしてー・・。

実は、KAO達が住んでいる場所は、この谷でも一番寒い所で、森から吹く冷たい風が一番最初に届くところなんです。さらに日照条件もあまりよくなくー・・

a0310405_02552765.jpg

ほとんどの木は、このように菌類などに侵され、朽ちて倒れてしまいます。
今回は、こう言った木を優先的に倒していったのですが、それとは別に、切っていった健康な木もあります。
それがー・・


\王様の耳は、ロバの耳・・王様の耳は、ロバの耳・・/
a0310405_02464275.jpg
・・サワサワサワ・・・

a0310405_02513449.jpg
「トゲーッ!トゲーッ!」

平和な庭の「侵略者」です!

とにかく、ヤツラは庭のあちこちに、蔓延っていて、この「トゲトゲの木」なんかは、枝分かれして大きくなる為、1本切って、はいっ終わりっ・・・て、ワケにいかないんです。さらに、切っている最中も、運んでいる時も、このトゲトゲが刺さって痛いのなんのって・・。

また、こんな、しょーもない木ほど生命力が強く・・・。


\ちきしょーーっ!来年の春にまた、甦ってやるーーっ!/
a0310405_03033217.jpg
「ふふふ・・泣けーっ、わめけーっ、叫べーっ031.gif」(←チャリ夫くん)



これを、丸1日中・・午後9時半の日没まで、続けるんです。一旦、火を点けるとその場を長く離れることができない為、椅子を持って来て、常に火を眺めながらの作業です。食事もできるだけ、外で取るようにします。

焚き火を眺めながら「自家製ビーフジャーキー」をかじれば、正真正銘の”カントリーガール”ーー・・
(いや、決して、こうなりたかったワケでは。)


a0310405_03064073.jpg
(それなら、そのジャーキーをこちらにくだしゃい。)


また、日中の気温約28度の中で、火を炊き続けるのは、本当に熱くてーー・・。

a0310405_03111401.jpg
「むぅ~、デイジーがジャーキーになってしまいそうでしゅ~。」
(ごくごくごく・・)


ホースから水を飲むのも、すっかり上手になりました。
この方は、すっかり「カントリーガール犬」に、なっているようですね~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ
にほんブログ村

[PR]

by hulahula2 | 2015-06-08 09:09 | ガーデニング日記 | Comments(2)

Commented by コルネ at 2015-06-09 12:41 x
いやー、前回の記事にもコメントしようと思ってましたが・・・。
大変ですねー。と言うより他に言いようが無い大変さですね。

17エーカーを管理するって、素人が・・・、無理!!って言いたくなりますね。
KAOさんとこに比べたら、ウチの庭の整備って、赤子のような物でした。やってる最中は、「開拓時代はこんなだったんだろう・・」と思ってましたが、いやいやいや、参りました。

ウチも木こりをしますがね、木を切り倒すってホントに大変。で、生木を燃やすって、燃えないでしょ。
Commented by hulahula2 at 2015-06-09 14:46
> コルネさん

ほんとに、シロウトが、こんな土地管理していいのだろうかと 笑)
いや、取り敢えずやりだしたものの、終わりが見えないとはこのことかと、思いましたよー。
この先、どうなるのやら・・。コルネさんちの素敵なお庭になるのは、まだまだ先のような気がします(まさか、10年計画?)

生木は、確かに燃えにくいんですが、火の温度が上がると結構燃えてくれますよ。
でも、どうしてもダメな時は、ガソリン少し掛けますけどねー。
地球の温暖化が、心配ですー 涙)