映画「Burn After Reading」

さて実は、ハワイに出発するギリギリ直前まで、なんと

Movie Night

が、行われまして 笑)
チャリ夫くんが働くお店のオーナー夫婦が、しばらく帰って来ないKAO達の為に、お食事会&映画鑑賞会を併せて催してくれたのですが・・出発前のお片づけや荷造りなどで忙しい中、ありがたいような・・むにゃむにゃ(いや、ありがたいで~す!)

実は、このご夫婦のお家には、なんと我が家よりさらに大きなスクリーンが設置されている映画部屋があるんです!
今回、そんな彼らが選んだ映画とは・・・

a0310405_07415888.jpg
-(邦題:バーン・アフター・リーディング)2008年作品-


・・・またまた「Coen Brothers(コーエン兄弟)」の作品で~す 笑)
さすが、チャリ夫くんと同世代と見られるこのご夫婦。この映画をチョイスして来る辺り、笑いのセンスも似ているんでしょうか?それとも、やはりこの笑いで育った30代以上のアメリカ人としては、当たり前の選択と言ったところなんでしょうかー?

さて、そんな映画は・・・と言いますと、当然ながら全編通してブラックユーモアの連続です 笑)
しかしこの映画、実は「Coen Brothers作品」の中でも、最大のヒット作とも言われています。なんたって・・・

George Clooney(ジョージ・クルーニ)
Brad Pitt(ブラッド・ピット)

この2大豪華俳優が競演(いや、怪演か?)しているんですから!
恐らく、このキャスティングだけで見に行った人、いっぱいいたと思われます 笑)

いやーーーー・・内容はーーー・・・ありませんねっ!(またまた、言い切りましたか。)
以前ご紹介した「The Big Lebowski(邦題:ビックリボウスキ)」が、ハチャメチャな誘拐劇だとしたら、こちらはナンセンスなスパイコメディと言ったところでしょうか?
「Burn After Reading (読んだら燃やすように・・)」のタイトルからして、スパイっぽいストーリーであることを匂わせているんでしょうが、あまりのバカバカしさに、この映画そのものを見終わった後、燃やしてしまいたいくらいです 笑)

にも関わらず、この映画をおもしろくしているのは、とにかく俳優さんの演技力・・これにつきますね。
特に、この度「第87回アカデミー賞」で「助演男優賞」を獲得した

J.K Simmons(J.K シモンズ)

彼は、この映画の隠し味的存在ですねー。おもしろい。
※ちなみに、この度「主演女優賞」を獲得した「Julianne Moore(ジュリアン・ムーア)は「The Big Lebowski」で、奇才溢れるアーティストを怪演しています 笑)

まあ、とにかくですねー、このアメリカの俳優さん達の活躍範囲の広さと言いますか、演技の幅・奥行き、そして表現力の深さには、本当に目を見張ります。だって、この時点で、すでにトップクラスの俳優さんであろうジョージ・クルー二やブラット・ピットがこの映画へ出演(!)これだけ取っても恐れ入ります。そうして、そんな彼らの演技力の高さと素晴らしさは、本編のストーリとは別に(笑)是非、見てもらいたいところですねー。

もしも、これらの俳優さん達が、各役柄をフツーに演じていたら、これはものすご~く退屈な映画になっていたと思います。
しかしそうならなかったのは、彼らがその役柄を倍以上にも膨らませ、見事に演じきっているからではないでしょうかー。
そうして、それが、脚本の枠を越えて、映画を想像以上におもしろく、そして魅力的に作り上げているんでしょうね。

ちなみに、ジョージ・クルー二は、これまで彼らの作品には過去2回ほど出ており、これは彼の「おばか、3部作」に当たるそうです 笑)なので、もしもこの映画がスキーッ・・と思われた方は、

O Brother, Where Art Thou?(邦題:オーブラザー 2000年作品)
Intolerable Cruelty(邦題:ディボースショウ 2003年作品)

・・も併せて、ご覧になってみては、いかがでしょうか?

但し、見終わった後に、なんて映画だーッ、時間を返せーーッ・・て思われた方は・・・


・・ごめんなさいッ040.gif(汗)



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]

by hulahula2 | 2015-02-27 14:35 | 映画・ドラマ日記 | Comments(0)