海外ドラマ「Game of Thrones」

突然ですが、実はKAO達の家にはTVがありません・・。

アメリカンフットボール試合のある日曜なんて、たまにご近所さんちへTVを見させてもらいに行ってるくらいです。こんなまるで、昭和ビンボー家族のような2人なんですが、その代わりほぼ毎日のように、新旧含めた映画・ドラマを見ています。

・・と言うのも、ここアイダホ州「湖のある温泉地」には・・


映画館がない・・・009.gif
(TV放送もケーブル以外は、入りません・・。)

まあ、TVはともかく、映画はKAO的にはそれほど打撃は受けなかったんですが、アリゾナにいた時には、週一で映画館に通っていたチャリ夫くんにとって、まさに青天の霹靂、信じられないほどの悪夢だったようです・・。

そこで諦めるのか・・と思いきや、そこはアメリカの豊臣秀吉(?)

「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
a0310405_07333198.jpg

・・で、作っちゃいましたねー。自宅に、巨大なスクリーン。


そうしてさらに、思いついたのが、

「そうだ!ここに、みんなを呼んで・・

-「Game of Thrones」の夕べ-

・・・・を、しようーーっっ!!」

「Game of Thrones」とは、小説「A Song of Ice and Fire(氷と炎の歌)」を、アメリカのケーブルテレビHBOがドラマ化したものなんですが、本屋へ行ってもこのコーナーだけには立ち読みならぬ、床に座って読み続ける人達を見かけるくらいの人気シリーズです。ドラマの方は2011年4月から放映され、昨年4月でシーズン4まで来ました。また10月には新シーズン5の撮影が始まったようですので、今年4月の放映が待たれるところです。物語自体は「High Fantasy(ハイファンタジー)」・・つまり架空の世界で繰り広げられる空想ドラマにあたります。


KAO的に、出来のいいファンタジーとは、

●地図が作れるほどの完璧な世界観があること
●独自の言語があること
●数世代に渡って語り告がれる伝説があること

などが、ポイントなんですが「Game of Thrones」は、これら全てを網羅しているのに加え、登場人物の多さと、複数の物語が同時に進行していく、ものっすごい複雑なドラマに仕上がってます。

そのため「Game of Thrones Wiki」と呼ばれる攻略サイトまで出来ているくらいです。


物語は7つの王国から始まるのですが、シーズンが進むにつれ、次第にその世界は広がりつつあります。そうして、常に物語の根底を流れるのが

Winter is coming(冬がやって来る・・)」

・・なんですがー・・。
KAOがその昔住んでいたカナダの冬も長かったため、「夏のうちに稼いどけよっ!」って意味で、
「Winter is coming soon!(冬はすぐにやって来るぞっ!)」と、会う人ごとに合言葉のように繰り返してきましたが、そんなこっちゃではないです!(いや、当たり前?)

彼らの冬はさらに長いです。それはまるで氷河期のように数年間続き、また数年間はやって来ません。そこに長い冬の後に生まれた、冬を知らない子供達が登場してくるワケです。KAO的にも、カナダの冬は本当に長くてつらかった思い出があるので「本当の冬を知らずに、冬を語るなよ~~。」と言う年寄りの言葉は、結構ツボでした。(いや、まさにそのとおり。)そうして物語に冬が訪れ、魔物達(巨人White Walkers と呼ばれるゾンビのような生き物など)が、徘徊し始めるのです。

それと平行して、7つの王国の首都「King's Landing(王の上陸地)」にある、この物語のシンボルとも言える「Iron Throne(鉄の玉座)」に君臨する王が、狩りで命を落とすところから、多くの人達がドロドロとした権力の闇に、次第に巻き込まれ、翻弄されて行く様子が繰り広げられていきます。

ドラマはものすご~くリアルで、俳優さん達の演技力もさることながら、目をそむけたくなるような「残虐で非道なシーン」とか「リアルな性描写」などがてんこ盛りで、とにかく、うわあ~、そこまでお茶の間に流しちゃうんだぁー・・と、いつもハラハラしながら見てました。(ちなみに「Iron Throne(鉄の玉座)」の奪回を企む「Viserys Targaryen」を演じる俳優さんが、どう見ても金髪の堺雅人さんだよなあーっ・・って、思って見てましたが、まだ誰からも同意が得られてません。)


このドラマ、KAOに言わせてみたら

正義はどこだっ?!この世界に、希望はないのかっ?!

これに、つきます。そのどんより感は、まるで「韓国ドラマ」を、ホウフツとさせます。心無いイジメやすれ違いの恋、さらに脈絡のない死と悲劇の繰り返し・・・残業して疲れて辿り着いた真夜中の部屋で見たいドラマではないです・・。(心が折れてしまいます。翌朝、出社出来ません・・007.gif


まあ、そんなドラマなワケなんですがーー・・・。
これをですねー、隔週みんなで集まって見ようじゃあないか・・と。そうして、冬が終わる頃にはみんなで「Game of Thrones」の話で盛り上がろうぢゃあないかっ・・・って、チャリ夫くん的野望があったんワケなんですがーーー。

取り合えず、開かれました。
最初の「Game of Thrones Night-Game of Thronesの夕べ-」。
集まった人達のほとんどがこのドラマを見たことがなく、中にはどんな内容かも知らないまま、来てくれた人もいました。

・・で、見終って・・・。

「いやあ~、この歳になったら(還暦です。)ハッピーエンドしか受け付けなくてねえー。」(うんうん)

「ボク、一番好きなTV番組が【Family Guy(アニメです!)】なんでーー。」
(そら、きついわ)

それでもチャリ夫くん頑張って、

「それを乗り越えて、見続けたら、本当におもしろくなってくるんだ!」
(確かに、見始めたら続きが気になってしょうがなくなります!)

・・と力説してみたものの、あんまりノリノリの反応が得られず・・。
不安なまま迎えた、その2週間後。・・・2回目の「Game of Thrones Night」が開かれるはずであろう、その夜・・。


「今日は別の映画を見ることにしたよー。みんな【Game of Thrones】は、もういいんだってーー。(がっくり)」


・・それは・・・まあ、残念ね。(いや、ある意味・・やっぱり??)


[PR]

by hulahula2 | 2015-01-28 09:24 | 映画・ドラマ日記 | Comments(2)

Commented by ねい at 2015-01-28 19:00 x
ごくろうさま∪・ω・∪
Commented by KAO at 2015-02-01 02:40 x
うん。ありがとうー!