ジビエ料理

さて先日、チャリ夫くんが家に帰ってくるなり、KAOにカバンを渡してこう言った。

「同僚のSさんがくれたものが、中にあるから出してみて。僕って言うより、主にキミ宛てのモノだろうから。」

???なんだろうーー??
そう思いつつ、カバンの中の袋を開けてみると・・・


うわわわああああ~~~っっっ!!! こ、これはっ???!!!


「えっ?ウズラだよーーー?道端をよく歩いてるじゃん?」

いや、、そーじゃなくっ!
だいたい、これはただのトリの死骸・・それもいっぱい・・ーーーっ!!

「狩りに行って来たんだってーー。」

・・・そう言えば、同僚のSさんはミステリーハンター・・(いや、違う)・・
・・狩人(あずさ2号?いや、それも違う)・・いいや、狩りを生業にする人であった・・。

「で・・これを、どうしろと・・?」

若干引き気味のKAOに、その時返したチャリ夫くんの答えが秀逸だった。

「どーする?地面に穴掘ってお墓作ってあげる?それとも、料理して食べてあげる??」

・・・そ・・そう言われたら・・・


ええーええーー、食べますともっ!!食べて供養しますともっ!!!(←ヤケ)


そんなワケで、人生初めてウズラを裁き、そして料理することになりました・・。


a0310405_07155111.jpg


袋を開けてこれだったら、誰でもびっくりするわっ。


a0310405_07240158.jpg


生前に庭を歩くお姿・・・・。


a0310405_07250262.jpg


(最後の?)家族写真・・・涙)



ここから先の手順は、ちょっと映像にしにくいので、すっ飛ばして完成品だけをご覧ください。

a0310405_07264060.jpg


完成品
(できれば、こうなったモノをいただきたかった・・。)



さてーー。この狩猟で捕ってもよい生き物たちのことを、こちらでは「Game(ゲーム)」と呼びます。狩猟や釣りは、こちらの人達にとって「ゲーム」なんですね。なので「Game Hunting」「Game Fishing」・・などと呼び、道端にはよく「Game Crossing(野生動物通過)」の標識を見かけます。また、鳥の場合は、一括して「Game Bird」と呼ばれます。

この「狩猟料理」、日本では「ジビエ料理」と呼ばれているようですが、この「ジビエ」とは、フランス語で「ゲーム」の意味らしいので、元々はヨーロッパから来た呼び名かもしれません。でもフランス語だとなんだか、オシャレでかっこいい響きになるような気がしませんかー?

そうして、これからもしかしたら、死んだばかりのウズラをさばくことになるかもしれないそこのアナタの為に(!)、本日はト・ク・ベ・ツ、KAO講師によるウズラのさばき方をカンタンにお教えしちゃいます!(いやあー、タメになるなあ~・・)

1.まずは、胸の毛を少しむしって皮の部分だけに、ハサミかナイフで切り込みを入れます。
後は、スルスルスル~~と毛皮のコートを脱ぐ感じ??

2.首を落として、翼を落として、足と尻尾を落とします。(逆でも構いません。)

3.胸を開いて内臓を取り出します。

4.背骨を開いて、2枚におろします。

ポイントは、内臓をきれいに取り除くことですかねー。特に肺は小さく、肋骨にぴったりくっついているので、残しがちです。こちらの人達は、胸肉だけを食べるみたいなんですが、KAOはせっかくなので、丸ままの状態におろしてみました。(鳥供養ですから)ただ、2枚におろした方が、調理はしやすいですね。

さばいている最中は、結構「無」でしたねー 笑)
でも、銃で撃たれた後のような血の塊や、内臓がはみ出たり、犬が噛んだであろう歯型などを見ると、お店で売られているお肉って本当にきれいで食用なんだなあ~~・・としみじみ思わずにはいられませんでした。

あと、匂いがきつい!!
やっぱり野生だから、食べてるものが違うんでしょうねー。肉に匂いがあります。なのでこの方、普段は台所にあるものに一切興味を持たないのに、この時だけは・・


a0310405_08004669.jpg

「何か、イキモノ(?)の匂いがしましゅ・・・」
・・クン・クン・・



見つけたようです 笑)さすが、野生ですねー。

そうして、今回は素材の味を活かすべく、「塩・胡椒」だけで、グリルしてみました。


a0310405_08170596.jpg

・・・ホント、こうなったモノだけをいただきたかった・・。


「わーーっ!やればできるんだね~~!ウズラ以外に、キジやシャコもあるって言ってたから、今度またもらってこようかーー?」



いーーやっ!!ゼッタイにやめてくださいっっっ!!(もらうんなら、調理済みのモノを!)



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by hulahula2 | 2014-12-04 10:01 | アイダホ野生座談会 | Comments(4)

Commented by ねい at 2014-12-04 22:22 x
ムリ(・_・、)…いや、魚と同じか!?
オーデン家のうずらもこんなんなったのかなぁ…
Commented by hulahula2 at 2014-12-05 13:20
ほんと、さばく感じは魚とあんまり変わらないと思ったよーー。たださ、骨格とか肉の付き方とかは、動物だからねー、やっぱ人間に近い分、こう・・リアルだよね。

あ、オーデン家のうずらは、裏山に帰って行ったよ。
Commented by ねい at 2014-12-06 00:40 x
裏山に捨てられて、さ…どこかのジビエ料理になったよ(´・_・`)
Commented by KAO at 2014-12-08 04:33 x
煮てさ、焼いてさ、食ってさ~♪