FRUITA

こんな感じで、ふらふらと旅を続けて来たKAO達でしたが、ここに来て「ハタッ072.gif」とタイヘンなことに気づいたのでした。お仕事の関係上、5月始めまでには、ここアイダホ州「湖のある温泉地」に到着していなければならないのに、4月も最後の週を目の前にして、

まだ、ユタ州から出ていない・・・009.gif

ええーーーっ、まさかっ!!??
そこで急ぎユタ州を脱出し、巻き返しを図るため向かった先は、お隣コロラド州。
コロラド州と言えば、昨年、医療目的以外のマリファナが合法化されたことで知られている。
なので「一体、どんなトコなんだっ?!」って、少しドキドキしながら到着しました。
・・とは言え、合法にした側にも理由があるようで、

「どうせ、影でコソコソされるんなら、いっそ前面に出して税金を取ってしまえ~っっ031.gif

・・・と。なので、税金50%のようです。すごいですね。
扱いは、お酒のようにライセンスがなければ売ることもできないし、もちろん買う側もIDカードの提示が必要です。さらに、合法だからと言っても、公共の場で吸うことは禁止されているようです。まあ、それもなんとなく一理あるような内容の法律ではあるのですが、そもそも果たしてどれだけの人が守ってるのかなーーっと思ったりもします。だって、合法になる前から吸ってたんですよ?その程度のモラルかと思われますがーー・・。

日本でもタバコの値段が上がった時、一瞬動揺が走ったものの、結局は値上がったところで吸う人は買うし・・みたいなところに落ち着いたように思われます。なのでこの法律、買わせたいのか、止めさせたいのか、よくわかりません。

ちなみに、KAOが過去に住んでいたカナダ・ニュージーランドのタバコは、1箱約1,000円以上する上に、いわゆる日本タバコの

「あなたの健康を損なうおそれがありますので吸いすぎに注意しましょう026.gif

・・・なーんて、モッテまわった言い方ではなく、ものすっごい真っ黒になった肺や口の中の写真などが、ドバアーーーーンッッと、パッケージの前面に載っていたりしました。
・・なのでまあ、この法律は、やや微妙な感じですね。

それはさておき、そんなコロラド州で訪れたのは、州境の町「Fruita(フルータ)にある、



Fruitaの町から車で約30分も走れば着く気軽さと、キャンプ場も一晩10ドルと格安の為、日帰り・週末旅行など地元の人達にとても人気のあるキャンプ場です。
KAO達が着いた日も、キャンプ場は満員御礼040.gif!!
・・にもかかわらず、仕事を終えた人達が夕方から真夜中過ぎ、さらには早朝と引きも押さずに続々とやって来るにぎやかな場所でした。

しかも続々と上がって来るのは、「マウンテンバイク」や「モーターバイク」を車に載せた人達ばかり・・。ハイキングしている人なんて誰もいないじゃん!!うわああー、ちっちゃな子供まで・・!!これは・・・またですかーー?あれですかーー?

完全なる、敗北感~~~~・・

やはり「マルチトレイル」なんて、ゼッタイにムリがある・・。
あー、もうなんだか投げやりな気分で出発したトレイル、のっけからこんな感じ↓↓↓

a0310405_08413010.jpg


Chutes&Ladders -約2.7km-


その名の通り、パラシュートやはしごが必要になりそうなアップダウンの激しい道のり。
「下り専用」「上り専用」のトレイルに分けられているにも関わらず、もう無法地帯です。それからそこを抜けるとしばらくは、なだらかなだだっぴろい丘の上を歩いて行きます。


a0310405_08483774.jpg

らんらんらららら~、らんらんら~~060.gif060.gif
(思わず気分は「風の谷のナウシカ」056.gif


しかし、らんらんららら~060.gif・・だった気分はここまで!
実はKAO、思いがけず道に迷ってしまったのだった・・。当初、ここから迂回して別のトレイルへ合流し、キャンプ場まで戻る予定だったのが、なぜか道は行けども行けどもまっすぐで・・・サボテンの原っぱを谷へ谷へと降りて行くのだった・・。


a0310405_08582838.jpg


紫芋のようなサボテンの群れ


谷が終わると次の尾根へ、尾根を登ると次の谷へ・・・。お家がどんどん遠くなるぅ~~・・。



a0310405_09032257.jpg


心の支えは、トカゲのみ・・??


トレイルが、迂回しないではないかッ!
人影もない山の中で、半ばパニックに落ちかけたところ、前から走ってくるマウンテンバイクがKAOの目に入って来た。ーーあれを、止めねば・・!!

「たのもーーーっ!たのもーーっ!!(おねげぇしますだぁ~~)」

必死の思いで止めたマウンテンバイカーに、道を尋ねると、

「キミは公園の大きなループを歩いているよ。キャンプ場に戻るには1日掛かりだね。」

・・・そうなのだ。今回、ここのトレイルの地図を手に入れることができなかったために、キャンプ場の地図をカメラに収めて出かけたのだが、冬場に閉鎖されるトレイルがすでにオープンされていたことと、迂回しなければならなかったトレイルが4WD乗り入れ可能になっていた為、車道のように見えたのだ!・・・あ~、、恐るべし、マルチトレイル・・。

そこから元来た道を必死になって戻り始めたものの、最初の「らんらんららら~・・060.gif」な気持ちはとっくに吹っ飛び、ただただとお~~くまで見渡すことができるだだ~っぴろいトレイルをひたすら戻るのって、、、本当につらかった。
行けども行けども、地平線は近づかず・・・。あー、今来た道がこんなに長く感じるハイキングって初めてだーーー・・。(フツー、戻る道って結構早く感じるのに・・)

そんな絶望的な思いで帰路を急ぐKAOを遠くから呼ぶ声が・・!

「KAO~~~!」

通りすがりのマウンテンバイカーに頼んだメッセージが、キャンプ場で待つチャリ夫くんの耳に届き、迎えに来てくれたのだ。よかったあああああ。。。007.gif

結局この日歩いたのは、往復約15km。なのに、達成感ゼロ!!
あーー、もうコロラドはいいよー。早く次の州へ急ごうーーーーっ!



\おお~い!大丈夫かぁーーーーっ?/
a0310405_13325053.jpg

「砂漠のオアシス」とはまさにこのこと。。(ほんとに、最後には水も切れていた007.gif


[PR]

by hulahula2 | 2014-07-23 14:05 | 2014年-引越し(北上編) | Comments(2)

Commented by ねい at 2014-07-27 21:50 x
…( ̄△ ̄)ちっとも「金色の野に降り立つ」じゃないよ。その状況はどちらかと言えば「星の王子様」じゃないか!ま~…試しに遭難してみるのもテだったな( -_-)
Commented by hulahula2 at 2014-07-28 04:52
そうだなー、砂漠だもんなーー。でも、気持ちはウキウキとその者、青き衣をまとい、金色の野に降り立ってたんだ!!