Gooseberry Mesa

そんなKAO達がアリゾナ州を後にして、次に向かったのはお隣りユタ州。最初の目的地は、


ここ最近になって、非常に人気が出ている場所なんですが、なぜかと言うと、Mesa(岩石丘)の表面である「Slickrock」と呼ばれるつるつるした岩肌を、マウンテンバイクで走れることが最大の人気のひとつ。アメリカの国立公園は、ほとんどがマウンテンバイクの乗り入れを禁止しているため(まあーねえー?)

「あ~~っっ、、つるっつるの岩肌の上を思いっきり走ってみた~~~いっっ017.gif

・・・と言うマウンテンバイカー達にはたまらない夢の場所のようです。しかも、

FREE Camping!!

車が入るところであれば、どこにキャンプをしてもOK。キャンプファイヤー用の焚き木だって集めちゃえます。(キャンプ場にもよりますが、たいてい「No Gathering(焚き木、集めんなよッ!)」って、サインがあったりします。)
なので、ここはひとつ、思いっきり満喫させていただくことに・・・

a0310405_12504481.jpg

石で作ったかまど(?)と、ベンチ。向こうは、集めた焚き木の山


a0310405_12511531.jpg

正面には、なんとエジプトへ行った「Mr. Peabody」が・・!(似てない?)


a0310405_12523326.jpg

そして今回、大活躍の自転車。通称「Fat Tire(ファットタイヤ)」


これはですねー、本来なら雪の上を走るのに適した大きなタイヤが付いた自転車なのですが、チャリ夫くんはこれを砂漠の砂の上で乗ってましたね。すると、タイヤが砂に取られないでまっすぐ走りやすいそうです。・・・で、KAOも初挑戦。

うおおぉぉぉ~~!これは、すごい!!

ひと漕ぎで、グォングォングォン・・・と、砂と石の道の上をすごい勢いで進んで行くじゃあないですか!普通の自転車だったら、小さめの石でも乗っただけで「カクッ」ってなるのに、これは大き目の岩や段差だって、ものともせずに乗り越えて行く。
この破壊力は、まるでガンタンク?!さらに、この自転車に乗ってると、みんなが驚きのまなざしで振り返って行く。ふふふふふーー。(優越感?)チャリ夫くんも同じ気持ちのようで

「これに乗ってるとみんなが写真を取ったり、試乗させてくれ言うんだ026.gif」(←得意気)
「ふ~ん。じゃあ、1時間10ドルでどう?」

「・・・・・あきんどだね、キミ。」(そうでっかー?)


a0310405_13101959.jpg

そうして夜には、Mesaの上に「盆のような」満月が上がる。

a0310405_13104643.jpg

ゼッタイ、おススメ!「Gooseberry Mesa」

[PR]

by hulahula2 | 2014-06-22 13:12 | 2014年-引越し(北上編)