Navajo Bridge

さて、そんなこんなで高速89号線をさらに北へ北へと走って行くと、河にぶつかる。かの有名なグランドキャニオンを横切って、カリフォルニアまで流れる全長2,334 km、アメリカ国内5位の長さを誇る「コロラド川」だ。そして、その川を越えて掛かるのが

Navajo Bridge(ナバホ橋)--全長254m・277m--

「あ、そろそろ橋だから、寄って行こうよ♪」って、かる~く言われて到着してみたら

これっ!

a0310405_3493625.jpg


しかも、歩道専用と車専用の2橋からできてる。
(なんか、シャア専用赤い橋・・みたいな 笑)そこからの眺めるこれまた

a0310405_3521226.jpg

絶~~~景っっ!


もともとコロラド川の名前の由来は、赤い川の流れからだったらしいんだけど、近年巨大なダムがあちこちにできて、川の色が緑に変色したらしい。それでも、Marble canyonの赤い崖とコロラド川の緑色のコントラストが美しい。

橋のたもとには、この地域で一番大きなネイティブアメリカン「ナバホ族」の女性達が自分達で作ったアクセサリーの露店を出していた。その中でも、KAOの目を引いたのは、80歳以上であろうおばあさんが広げているアクセサリー。細かい作業とデザイン、明らかにお土産物以上の作りをしている。そこで、

「これ、おばあさんが作ったんですか?」

と、聞いてみたら、隣の露店のオバちゃんがすかさず、

「このおばあちゃんねえー、英語話せんのよーー。」(←広島弁?)

これには、KAOがびっくりしてしまった。英語を話さずに暮らしている人達が、このアメリカ大陸にまだいるのかと。他のにぎやかな露店のオバちゃん達に比べ、おばあさんは自分の作品を並べて、じっと黙って座っているだけ・・。


「ナバホの誇り、なのかもな。」

---

さて、このナバホ族の人達が、身に着けているもので有名なのが、

Ghost Beads(ゴーストビーズ)

と、呼ばれるアクセサリーだ。
これは、ジュニパーの実が乾わいた後に取れる種から作るのだが、この木は砂漠の中でも年中青く、またその強い香りから魔よけの木とされている。(もちろん、アロマセラピーでも良く知られているよね。)砂漠を旅する、そして輪廻転生を信じるナバホ族の間で、長くお守りとされてきた。

今回KAO、実は密かに旅の間に幾つかのジュニパーの種を集めてみたのだが・・。

種、カッタイねえーーーーーーーっっ!!当たり前のこととは言え、穴ひとつ空けることさえできず、未だにそのまま持ったまま・・・。(放置とも言う?)身にはつけてないけど、まーー、それはそれで、お守りにはなるのかなあ~??

a0310405_4341657.jpg

おばあさんが作った美しい細工の貝とターコイズのピアス。そして、ジュニパーベリーの種

[PR]

by hulahula2 | 2014-06-19 04:22 | 2014年日記-(SB-北上編) | Comments(2)

Commented by はむはむ。 at 2014-06-20 09:52 x
おお~! ブログ再開。待っておったぞ(何故に殿様?)
アリゾナの風景は他の北米地域とやっぱり違うね~。
見ごたえあるな。
以下続刊、楽しみにしております。
Commented by hulahula2 at 2014-06-20 12:10
よきにはからえ?
気づいていただいて、ありがとうございます。殿様 笑) 
そうですね~、「牛・草・馬・山・・」の景色に少々食傷気味の私達には、この景色は結構ごちそうでした 笑)
次は、アリゾナ集合しましょうか??!!